1

 ■エントリーno.1 こっそり工房さん

 作品名:イタリア空軍MITSUBISHI T.96bis
 キット:ハセガワ72九六陸攻
 コメント:すんでのところで、アメリカとの開戦を回避できた日本は、旧式の軍需品を他国へ売りつけて外貨獲得に乗り出した。九六陸攻はエンジンを3発にすることにより性能向上に成功し、イタリアへ売却された。ちなみに、91式航空魚雷は輸出が禁止されたため、イタリア自国製の魚雷を搭載した。

 つまらない作り話にお付き合い頂きすみません。旧陸軍がカタログデータを鵜呑みにして、イタリアから輸入したフィアットBR20(イ式重爆)の意趣返しをせめて架空話でしたかっただけです。
 カントZ1007風デザインとイタリア空軍風3色迷彩で製作し、勝手にT.96bisと名づけました。0.2ミリのエアブラシを購入したので、その練習も含め、この迷彩にチャレンジしました。

2

 以下青い文字は、きららのコメント
 秋ですね、野山が自然の迷彩色に染まります。飛行機模型もシックに大人の迷彩で・・・と思ってたら、イキナリ架空機ですか!! しかも手が込んでる!!

 九六陸攻が完全にイタリアっぽくなってます。なんかお洒落ですよ。
 真面目な顔して冗談言うのがいちばんおもしろいんですが、まさにそんな感じ。

 私は製作途中も拝見してましたが、架空ストーリー作って架空機作るのは楽しそうだなあって思いました。いらんツッコミですが、機首が若干違和感あるような・・・まあイタリアぽいのかな?


3

 架空機だけじゃなくてノーマルな九六陸攻も作ってられるんですよ。そこが大人の模型製作です。二機並べると楽しさ倍増!!

 このイタリア機の迷彩って吹くのが大変そう。よく思い切って挑戦されたと思います。
 ついこういう面倒くさそうなのは避けてしまいますもん。0.2ミリは私も数年前に導入しましたが、慣れれば細かい迷彩もいけそうです(コツがあるみたいですが・汗)。

 きっちり美しく仕上げてられてます。それでなくても、窓枠も多いし大変でしょう。
 そのわりに、迷彩がちょっと素人っぽいのがご愛敬。初めての0.2ミリという初々しさ。幾つになっても新しいことに挑戦するのがいいことだと思います。この調子で頑張ってほしいです。


はつたか1

 ■エントリーno.2 はつたかさん

 タイトル・良いですわねニッポンの秋「紅葉迷彩」
 使用キット・ハセガワ1/72、AH−1S
 コメント・森林迷彩や洋上迷彩があるなら紅葉迷彩があっても不思議ではないんでないかい?ということで、陸自のAH−1Sで遊んでみました。
 青森県八戸駐屯地の第二対戦車ヘリコプター隊所属にしましたので、奥入瀬渓谷や十和田湖の紅葉をバックに飛ばしてみたいものです。でも、或る種の毒ガエルか毒ヘビみたいで気持ち悪いですかね?まあ、コブラだからいいでしょ?

はつたか2

 エエですねーニッポンの秋。コブラ見ながらビール、いや熱燗がいいかなぁ~・・・って何ですかこの迷彩!?

 冬季迷彩ってのは聞いたことがありますが、紅葉迷彩ってのは聞いたことがない。でもこういうのあったらウケそうですね。楽しいです。

 いらぬツッコミですが、少し鮮やかすぎ? まあ架空だから個人の好みですけれども。
 見たところ、松葉色の部分を赤茶色?にしただけなんでしょうか。ベージュと黒はそのままかと思います。


はつたか3

 ハセガワのコブラは私も作りましたけれど、コブラ以外の何物でもないって感じで、よいキットだと思います。
 カッチョいいです。

 八戸駐屯地のは、私の作った目達原仕様とは装備があちこち違って面白いです。これもヘリの醍醐味。


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

 拙ブログ読者様限定「つれづれコンペ2018」
 2018年9~11月に完成した作品の写真を撮って応募ください。ただしジャンルは飛行機のみ。

 テーマは「迷彩の秋」です。
 写真は前から、後ろから、あとは好きな角度で計三枚、お名前と、作品名、キット名、コメントを添えて、kilala_1962@yahoo.co.jp まで、お願いします。

 拙ブログ読者様の作品を見せてほしいなと思ってコンペ始めました。あなたも、見てるだけじゃなくて、参加しませんか!? 私が傍若無人なコメントつけますが、そこは我慢してください(汗 そして最後に一等賞を選ばせてもらいます。

 「あなたの色に染まりたい(by 飛行機プラモ)」