1

 ステキなコクピット。ハセガワ1/72 Su-33フランカーD

 目がクラクラするような青緑色。確か、色の素のブルーに普通のクレオスの黄色を混ぜたような気がする←覚えとけよ

 ネットでも少し調べたけど、活字の資料は持ってないし、いい加減です。
 シートベルトは、ファインモールドからナノアビエーションシリーズで出てるようですね。その画像を見てでっち上げた。なんせ72なので、「なんとなくシートベルトのようなものがついてるな」的なもので、私はいいやと思ってる。

 計器盤も彫刻してあるし、脚の間の脱出するときに引っ張るレバー(赤いモノ)もちゃんとついてるし、私の好きな雰囲気。もしかして久保山さんの設計だったらうれしいなあ。

2


 普通の人は尻もち防止にオモリを入れると思うけど、私は少し重さをほしいのでオモリを入れる。持ったときにほんのわずかでも重さがあるのが好きだから。

3

 そして、さっさと上下を接着した。あーあ、こんなに雑でいいのかな。でもSAコンは締め切りがあるし、急がないと間に合わない。作ると言った以上、頑張らないと。締め切りって超嫌いなんだけどね。せかされるのが嫌いなの。

 大戦機などは必ず胴体と主翼は別々だけど、これは全部が一緒になっていて、どこからが胴体でどこからが翼なのかが判然としない。カタチ的には気色悪い。でも工程的には簡単でいい。
 というか、もうそれなら全翼機でいいのではないか。わざわざ主翼から前に飛び出した部分に操縦席があるのはなぜだろう。視界確保? レーダーなどの電子機器を積むのに具合がいい? やはりこのカタチのほうがスピードが出る? たぶんいろいろな理由があるのだろう。

 架空塗装にしようと張り切っていたけど、マーキングのこと考えてなかった(汗
 やっぱこのままの塗装にするしかないか(弱気

5

 ハセガワ1/72タイガーは、だいたい出来上がった。

 よく見ると、砲身の合わせ目がちゃんと消えてないやん!! あちゃー。男の・・・もとい、戦車の一番大事なところなのに。
 糸でつないだ履帯もつないだときに短くなりすぎたせいか、ひっばられたような状態になっていて、とてもじゃないけど鋼鉄でできたモノには見えない。それにしても焼き止めがうまくできなかったのが悲しい。

 これ以外にも、エアフィックスの九七艦攻も作っていまして、作業部屋は大変なことになってます。パーツなくさないように気をつけなくちゃ。あと、製作記があっちこっち飛んでしまうけど、あしからず。