ガミラス1

 ■エントリーno.5 ガミラスさん
 
 キット名 エアフィックス1/72ビクターB MkⅡ
 作品名 キット名と同じ。
 コメント
 何故だか製作を始めると横槍が入って製作が中断されるキット、それがこのエアフィックスのビクターでありました。
 酷いときは製作再開当日にお仕事が入って泣く泣く中断に追い込まれましたし、それが四回も続いたのですから自分にとっては呪われたキットとして製作再開を躊躇し続けてきたのであります。
ですが、このビクターは大好きな飛行機の一つ。
 このまま朽ちていくのも不憫と思いましてお盆明けに奮起し、呪いが発動する前に完成に持ち込むべく雑な手抜きモデリングにて何とか強引に完成に持ち込みました。
 胴体下面にマウントされているブルースチールミサイルがチャームポイントです。
 それと、胴体後方の補助インテイク開放部品が一つ行方不明になってしまいましたので左舷側のインテイクは収納状態としております。このインテイクは駐機状態だと左右二つとも開放される様ですが、前に駐機状態なのに右舷側のみ開放、左舷側は収納されていた写真を目にした記憶がありますので(記憶違いかもしれませんが)これで良しとした次第です。
 何れにせよ部品が見つかり次第、左舷側にも取り付けますので今回はこの姿でのアップ、ご容赦を。

ガミラス2

 以下青い文字はきららコメント
 もう成仏させた人はいないかな・・・と諦めかけていたところに、お二人が滑り込みで応募されました。ありがたやありがたや。

 大好きなキットに限って、なぜか不思議な横やりが入って中断を余儀なくされる・・・どこかで聞いた話じゃありませんか。この世のならいであります。部品紛失も放置に拍車をかける。。。
 見事呪いを断ち切る悪霊退散モデリングで仕上げた、というところでしょうか。

 謙遜されてるけど綺麗に仕上げてられます。


ガミラス3

 ブルースチールミサイル? なんか名前がお洒落ですね。空対空ミサイルだそうです。

 写真でわかりにくいんですが、全体にウォッシングされてるようにみえます。


ガミラス4
 それなりの大きさあるでしょうし、整形するのも大変だったのでは。模型部屋にこんなのが転がってたら気になりますよねぇ・・・このまま放置はしのびない。

 というわけで一機、完成~南無阿弥陀仏。


ボイレ2

 ■エントリーno.6 ボイレさん

 キット名:ハセガワ 旧1/72 P-51Dムスタング
 作品名: レベル風ムスタング
 コメント; 今年、3回目の成人式を迎えるに当たり、赤い色を使った機体を作ろうとと思い、前から作りたかった、後ろに映っているレベル箱絵のP−51Dを作りました。このキット、確か高校性の頃に作り始めたと思いますが、完璧を求めすぎて中途放棄になりました。最近は100%を求めないようにと考えています。

 ところでこの箱絵に憧れてレベルのキットを買ったものの、自分の国の有名機がこんなにも似ていなのかと思ったものでした。
 今回ハセガワのキットを作るにあたり、マーキングにとてもてこ釣り、結局国籍マーク以外、手書きとなりました。特に胴体のコードレターは、文字が細くマスキングテープの切り出しに失敗し、デカールの切り貼りも、張る段階でバラバラになり、最終的にマスキングテープで枠を作って、筆塗りすることになりました。

 垂直尾翼のマークは馬なんですが見えるでしょうか。あまりじっくり見ないでくださいね。これフェイク塗装なんですが、机の上の良いオブジェになりそうです。
 目が悪くなってきて、細かい作業がつらくなってきましたが、きららさんはまだでしょう?

ボイレ1

 ムスタングは、原色のきれいな塗装がいかにもアメリカンで魅力的ですよね。

 三回目の成人式という節目に作られて、そういうのもいいなと思います。モデラー冥利?
 しかも昔作ったキットの塗装で、というのがいいですね。こういうのが模型のほんとの楽しみかも。昔やりたくてできなかったことを、今実現する。それは他人から見たら些細なことでも、自分にとっては大きな意味があると思います。私も模型を作っててそれをよく感じます。自分は自分でいいんだよと。

 私はものすごく目は悪くて、近眼の乱視の老眼で、近くも遠くも見えません。さらに目を酷使する趣味が好きなせいもあるかも。老眼鏡は予備に二個作ってます(しょっちゅう探すので)。それがだんだん合わなくなってきて、さらにハズキルーペを上からかけるという、なんかすごいことになってます。でもめげないよ!!


ボイレ3

 なるほどーその箱絵ですか。

 国籍マークは黄ばんでますよね? ふと思ったんですが、この黄ばみにあわせて、いっそ箱絵みたいな「色褪せた」というか、太陽があたってオレンジ色みたいになってるような感じに塗装しても面白いかと思いました。もちろん、ボイレさんはあくまで「赤い」機体を作りたかったと思うので、それはいらぬ世話なんですが。
 馬ってもしかしてフェラーリ?  よく知らないのであてずっぽうですが、すみません。
 知ってる人には楽しいマーキングなのでしょうね。


ボイレ4
  この箱絵好き!!

 こういう昔のキットって、何万、何十万個って売れたんだろうなあ。今から思うとケタ違い、夢みたいです。そんな、プラモのいい時代があったなんて。
 ただ、そういうキットを今はおじさん達が作ってるというのも、なんだか楽しいことですよね。私の息子(20代)に聞くと、昔のロックやニューミュージック・歌謡曲など、今はネットでなんでも聞くことができるので、けっこう聴いてるらしいんですよね。

 同じように、新発売かどうかはあまり関係なく、模型も格好いいものは永遠不滅に支持されて作られ続けていくんじゃないか。そんな夢を見ています。

 夏の終わりの完成、お疲れ様でした。見事成仏した作品を見せていただいて今回も楽しかったです。


----------------------------------------------------------------------------------------------
■つれづれコンペ2018とは・・・・当ブログの読者様限定コンペです。いちげんさんお断り(笑
 このブログを読んでいる人ってどんな人たちなんだろう、どんな作品作ってるんだろう、それを見たいな、と思って始めました。
 日本の美しい四季に合わせて一年を四つの期間に区切り、それぞれのテーマに沿った作品を募集します。

 夏(終了しました)  成仏の夏
 秋(9~11月)    迷彩の秋
 冬(12~2月)    凸モールドの冬
 春(3~5月)     挑戦の春

 それぞれの期間に完成した飛行機プラモ作品なら、なんでも構いません。テーマはご自由に解釈してください。
 写真は三枚(前、後ろ、もう一枚は自由に)、お名前、キット名、作品名、コメントをつけて、
 kilala_1962@yahoo.co.jpまでお願いします。

 私が好き勝手なコメントしますので、ビビりながら待っていてください。期間終了後に、一等賞を選びます。(一定期間公開したら、記事は削除させていただきます)
 ぜひ、新しい方の投稿をお待ちしてます。この機会に作品を完成させてみませんか?