15

 じゃじゃじゃーーーん!!
 ついに剥がしましたよ。

 はー、なかなか剥がす勇気が出なかった(どんだけビビっとるんかい)
 自分の工作が自分で怖い。

 なかなかいい出来じゃありませんか。カッチョいいわ正義の味方・沿岸警備隊。こういうの初体験なのに、ちゃんと入って・・・もとい、ちゃんと塗装できてる。
 しかし、想像するに、男性は初めての体験のとき、さぞかし苦労して入れるんだろうなあ。ここだけの話、大変だったでしょ? 苦労するよねえ。

 もちろん私の初体験は、あちこちはみ出してますが、まあこれくらいは許せる範囲内。許容範囲が広いんですよ私。

16

 このへんがやっぱりはみ出してた。ま、なんとかなるさ。

 ところでよく雨降りましたね。私、実は父の用事で別府に行ったんだけど、どうにか久大本線は動いていて助かった。
 もしかするとここを読んでいる人の中にも、自宅に泥が入ってきたとか、車が水に浸かったとかあるかもしれませんね。にもかかわらず、拙ブログを読んでくれてありがとうございます。
 或いはもし自分の知り合いに何かあったら、必ず訪ねていってほしい。

 私、六年前の水害のとき、同じ職場の同僚が被災した。すごく迷ったけど結局手伝いに行かなかったんだよね。でもすぐに駆け付けた同僚もいて、とにかく顔見ただけでうれしくて涙が出たんよ、と後で本人から聞いた。その後悔があったから、実は去年近所の模型屋が水に浸かったときはほんの少しだけれどお手伝いに行った。かえって気を遣わせたくらいだったけど。でももう二度と後悔はしたくなかったから。
 被災した人は電話やメールだと必ず「大丈夫」って言うから、押しかけていくしかないの。
 ジャージに軍手を忘れずに。雑巾ももっていってあげると良い。ペットボトルの飲み物とか差し入れだっていいだろうし。

 できることをやる、っていうのを基本にしたい。いつのときも・・・それは理想だけどなかなかできませんが、しかしどんなに小さくてもやる。
 どうしてもこういう大きな災害があると、一日中ニュース見たりして気分がドッと疲れるけど、そんなの何時間見てても何もならないんだよね。それよりは・・・うーむ。行動あるのみ。

 というわけで、マスキングを剥がした(それ違うやろ
 やっちまった画像をお送りして笑っていただこうと思ってたのに、意外とうまくできてて、あら失礼。ホホホ。