夕焼け

 梅雨の合間の美しい夕暮れ。

 こんな空を見ながらビールやワインを飲むと格別。動画? DVD? いえ本物の空です。
 刻一刻と色が変わっていくので、退屈しない。雲のカタチもどんどん変わっていく。
 もうこれ以上きれいにはならないだろうと思っていたら、どんどんピンク色になっていき、やがて、ある時間を過ぎるとまるで力尽きたように、フッと暗くなっていくのが何とも言えず寂しい。

 酔っぱらってるので、天山を落っことさないように気を付けて写真撮った。ドキドキ。

ファントム無頼

 あれこれ考えていたら、ふっと、32の零戦のコクピットだけでも作ろうかなあなんて思いはじめ、ハセガワの旧版を見ていたら、そうだ「ファントム無頼」に零戦を題材にした話があったよなあ、と思って引っ張り出した。

 コミック11巻の第五話「愛機と・・・蛍と・・・零戦と・・・」零戦とファントムが空中戦をやる場面が出てくる話。そこに昭和20年の百里基地の話が絡んでくる。
 何度読んでも涙があふれてくる。とくにこのシーン、大好き。

 「焼け落ちる機体から剥がれて飛ぶジュラルミンの破片・・・・闇のなかにさながら蛍火のように・・・」「オレたちは蛍のようだ・・・光って・・・飛んで・・・命短し・・・」

 そうだ、春日中尉の零戦を作ろう!! それにはハセガワの旧版がピッタリじゃないですか。
 などと一人でどんどん妄想して盛り上がったけど、これ以上作りかけ増やしてもなあ。ただ、32コンペは以前からやってみたい気がしている。去年地元の展示会でおしゃべりしてたとき、「タミヤやハセガワの32零戦、いっぱい持ってるけどよ~全然作ってねーよ」っていう話になったんです。ならば、みんなで「せーの!!」で作ったらどうかなと。みんなで作れば怖くない。・・・・と思ったんだけどね。つれづれコンペは三か月周期なので32作るにはちょっと短いかなと思うし、また何か違う名前でコンペするしかないか。

本4
 「第三のチンパンジー」(ジャレド・ダイアモンド著/草思社文庫)

 すごく面白かった。一気読み。
 ショックですよ。チンパンジーと私らホモ・サピエンスは98.4%のDNAを共有しているんだそうです。チンパンジーにとっては、ゴリラより私らホモ・サピエンスのほうが近い種であるらしく・・・えええええ!!! そうなんですか。チンパンジーですか。

 子供の頃から「人類の進化」に興味があった。ネアンデルタール人とかクロマニヨン人とかアウステラロピテクスだとか。だって面白いでしょ? 人間ははじめっから現在の人間ではなかったんです。当たり前だと思ってたことが当たり前ではない、これくらい面白いことはない。
 なぜ進化したのか。昔、いったい何があったのか。なぜ言葉が生まれたのか、なぜ、なぜ・・・なぜ人間だけはお互いに殺しあうようになったのか(野生動物もしないわけじゃないけど、人間みたいな戦争だの虐殺はしない)、そんな謎が少しずつ解き明かされていくとしたら(この本ではさまざまな仮説が語られている)。

 ところで、この本、間違って二冊買ってしまったので、ほしい方あったら連絡ください。こないだの本と合わせて二冊差し上げます。