つれづれプラモ製作記

自称飛行機モデラー・きららのプラモ製作とプラモの活動記録

出来ちゃったプラモ

34


 完成したはずの零戦三二型の塗装を剥がすためにシンナーを含ませた筆で撫でてたんです、そしたら筆ったら我慢できなくて何かいやらしい汁が垂れて・・・。

 ああもう!! 何やってんの!! っていうかエンドレス!! いらんことして壊すわ!!

 大刀洗のピトー管はなぜか根元が赤かったので。気になって眠れなくなってきたので塗装しなおしてたんですが、やらなきゃよかった。で、余計眠れなくなる。

 ちなみに写真はないけど、裏側のモールド見たら「ああ~やっぱりハセガワの飛行機は美しいな」と再確認した。

33


 あまりうまく撮れてませんが、機銃の先端には穴を開けたよ、という証拠写真。
 先端に穴を開けるときは、何かでアタリをつけてりゃいいってわかってるんだけど。画鋲とか待ち針とか。
 でも面倒でそれをせずにいつも穴の位置が偏ってる。今回はまあうまくいったほうかな。
 あと、こうしてみると、今度は脚カバーの厚みが気になるね。ううむ。

 三二型は「間違ってできちゃった子」かもしれないなんて書いたけど、よく考えると私らもそうなんだよね。
 今日は外で出そうと思ってたのに間違って中で出しちゃったとか。コンドームが破れてたとか。

 考えたらそんなハプニングで生まれた人が、偉そうな顔してそこらへん歩いてたりするんだから、人間て可笑しくも悲しい生き物です。
 だから私は「子供を作る」という言い回しが嫌い。子供は作るもんじゃなくて神様のイタズラでできちゃうもの。あまり活躍しなかった飛行機や、何かの都合でできちゃったような機体に親しみを感じるのも、DNAレベルで共感してるのかもしれないね。 

これでも完成(ハセガワ1/72大刀洗コンボ製作記)

32


 暑い暑い夏はバイク乗りのようにあっというまに去ってゆき、あとにはパッとしない完成品と私が取り残されていた。

 今まで作った72の零戦のほうがきれいにできた気がする。ごめんね>三二型。ひと夏の過ちとして忘れてくれよ。

 ハセガワ1/72大刀洗平和記念館コンボ。大刀洗には復元された三二型と、海中から引き揚げられた九七戦が置いてあり、どちらも世界で唯一のものである。

30


 零戦三二型。脚出し指示棒を忘れてた(汗 それにアンテナ柱がグリーンじゃなくて茶色だった(汗
 脚にはブレーキパイプ這わせたけど、結局左右を間違えてしまった。

 ほかにもいろいろうまくいってないところを数え上げればきりがない。作れば作るほどだんだん下手になっていってる気がする。
 もしかして三二型は主翼の銃身が前に突き出していないかもしれないけど、大刀洗の復元機はこうなっていたので銃身を突き出してみた。男らしくていいね。
 マーキングはすべてデカールだけど、ウォークウェイは塗装・・・赤の色調が違ってるけど、まあ気にしない。でも細いマスキングもやればできるもんだな・・・というわけでこれを次の作品(ドーファン)につなげていく所存。

 黒でスミ入れしたけど、やはりスミ入れはしたほうがいいね!! カッチョよくなったよ。
 キャノピーはファインモールドの零戦のパーツの余り。ちゃんと合いました。

31


 九七戦。実はもともとハセガワのキットではなくマニアという会社が倒産したときにハセガワが引き取った金型だそうです。凹凸入り混じった時代のモールド。でもこういうの嫌いじゃないな。

 アンテナ線は実際は分岐してるけど一本のみ張った。渓流釣り用の黒いテグス0.09ミリ。
 尾翼のマーキングはもちろん大刀洗飛行場のもの。これだけはデカールで、あとの日の丸などはマスキングして塗装。機首の赤い部分がいいアクセントになってるよね。塗装の七難隠してる?
 キャノピーの枠は筆塗りしたんだけど、あまりにもヨレヨレ。

 最近、塗装のグラデーションにすっかり魅了されてます。楽しくってしょうがない。私の場合はたいてい上から何度も塗り重ねていく方法。下地の色を残して・・・というのは苦手。

土産
 大刀洗平和記念館ではお土産物としてこんな感じに置いてあった(2015年現在)

 旅行先で模型屋を見つけたり、プラモデルを見つけたりするとすごくうれしくありませんか?
 あのときのうれしさって・・・なんだろう。
 昔の知り合いに会ったような、うれしさと恥ずかしさの混じったような。ああーハセガワ頑張ってるな、というか。まぁこういうキットは作らずに記念としてとっておく人も多いかもしれないけど、モデラーとしてはやはり作ってみたかった。
 三二型は歴史の中で「間違って出来ちゃった子」のようなものだろうか、生産数もちょびっとらしいけど、何のご縁か福岡県に置いてあるというのは九州人としてうれしいね。 

いつかは骨になる

車窓1 数日間、母の四十九日のため帰省しておりました。毎日来てくれていた方々には申し訳ない。すみません。

 四十九日で父の実家に泊まり、久々に懐かしい昔話をしたりご馳走になったり、楽しいこともあったけれど、次の日からは納骨堂と墓地の見学の日々で精神的にぐったりした。

 悲しいとか寂しいとかいうんでなくて、ぐったり。
 納骨堂ってすごいですね。ロッカーみたいなモノがずらっと並んで、あの中にたくさんの骨が入ってるのだろうなと思うと、複雑な気分になった。
 椎名誠がいつか書いていたけれど、日本の墓って「お骨」をそのまま入れるから、いつまでたっても骨は風化せず、その骨をそのまま守っていくのが日本人の先祖への正しい姿勢であるかのように多くの人は思っているけれど、それは本当に正しいことなのか。もちろん、そうしたい人はそうすればいいだけですが、私も椎名さんと同じようにいつまでも骨が残っているのは違和感を感じる。人は無から来て無へと還ってゆくのではないか・・・?

 そもそも普段宗教心もなくお寺にお参りにも行かないような人間が、死んだときだけお寺にお願いするというのも何かムシのいい話で寺を利用してるだけの気がする。無宗教ならお経なんかいらないから、どこかに散骨でもすればいいんじゃないか・・・? いろいろと考えてしまった。

 まあそんなことを考えながら妹と二人であちこち見学したり、今後のことを話したりしていたら、ぐったり疲れてしまったのね。
 不思議なもので身内というのは話して楽しい反面、血のつながりという重い何かが基本に横たわっていて、接していると妙に重苦しい。私の叔父叔母などを含め、もう私の知っている人はずいぶん死んでしまったんだなあとも改めて感じた。すべてはどんどん過去へと流れていっている・・・・。


車窓2 先日、帰省した息子が
 「子供のできた先輩が、休みの日にポケモンGOをやりに出かけようとしたら、「ポケモンと赤ちゃんとどっちが大事!?」って奥さんに言われたって。意味わからんわ」

 という話をして、二人で笑ったんだけど、その話を妹にしたら彼女まったく笑わないどころか非常に不愉快そうな顔になり「その男、いまだにポケモンGOしてるとかありえんわ。だいたい赤ちゃんとどっちが大事って言われたらどういう意味かわかるでしょうが? そいつどんだけアホなの?」
 というので慌ててしまった。

 さらに妹は「男ってのはほんと稚拙でバカだね」などと男性一般へ矛先が向かってくるので、妙に腹がたって変な言い争いになってしまう。っていうか、そもそも私はなんで男共が悪く言われると腹が立つのか自分でもよくわかんないんだけど。
 笑い話のつもりで話したら、むしろ怒りをかってしまったという・・・笑いのツボは人によって本当にさまざまだね。こういうのを地雷というのだろうか。

 というわけで、本日、ようやく任務終了と同時に大分駅のポポンデッタに駆け込み、新幹線やD51の載っている中古鉄道雑誌を数冊入手。そのわずかな時間だけは、納骨堂も墓も香典返しも妹との価値観の違いも面倒なことはすべて忘れることができた。
 次はやっぱD51作ろうかなあ・・・・。

つれづれコンペ・2017空冷の夏 一等賞!!

ボイレ1


 今回のつれづれコンペの一等賞は、ボイレさんの「レベル1/72 ステアマン ケイデット」に決定です。
 黄色い可憐な飛行機が夏の疲れを吹き飛ばしてくれました。
 張り線への果敢な挑戦もお疲れ様でした。

 正直言うと、どの作品もそれぞれ良さがあるし、選ぶのは難しいんですが、「へえー、こういうの作ったのね」と驚かせてもらったというのが、決め手でしょうか。女はサプライズに弱いんです(こればっかり。

 さて今回も、皆さまにいい作品見せてもらいました。ありがとうございました。
 エンジンむき出し、いかにも涼しそうな作品で涼んでいただけましたか?
 暑いうえに個人的にはいろいろと大変なことも多かった夏ですが、喉元過ぎれば暑さ(?)忘れるとはこのことでしょうか、朝晩が涼しくなってうれしい今日この頃。さて、そろそろ行動開始する時期か。

 9~11月のお題は「ノーズアート」です、よかったら参加してくださいね。
 新しい方の参戦もお待ちしています。

アンテナ線(ハセガワ1/72大刀洗コンボ製作記)

28

 えっまだ作ってたの!? とか言われそうで怖いけど作っていたよ。じわじわと。

 ここ数日涼しいかと思ったら昨日からまた蒸し暑い。このぶり返す暑さがまた、身体にこたえる。すごくきつい。

 脚の角度直したらタイヤの角度がおかしいことに気が付いて、タイヤだけ取ろうとして脚が外れ、接着しなおしていたらアンテナ柱が取れ、アンテナ柱を何とか接着したと思ったら垂直尾翼に指紋がついるのを発見し・・・というタッチアップの無限ループ。地獄のように作業が終わらない。もともと下手くそな零戦は哀れなくらい汚れていき、モチベーションはあっというまに薄まっていくのを止めることもできない。
 そこをあきらめず、何とか乗り越えて頑張るとき、「ああもっと早く作ってしまえばよかった、でもいろいろ大変だったしな」などと言い訳と後悔が頭の中を駆け巡る。

 でも、やってるうちにいつか長いトンネルは終わり、どうにかこうにか、汚いながらもアンテナ線を張るところまで終了。ふぅー。

 ほんと、放置してるとどんどん壊れてどんどん汚くなっていくという、いい見本だね。
 そういう意味で参考にしてください。

29

 だが、こちらがまだ残っていた(汗
 しかも分岐してるやん!! 陸軍機は分岐してるのが多いのかな? 飛燕や鐘馗もそうだったなあ。

 まったくもう。
 でも塗装が面白いので、楽しいよね。
 5秒間考えたけど、分岐してる線は見えないってことで(いや見えてます、一本だけ張ることにした。そもそも分岐してる部分はキャノピーの中に入ってるように見えるし(汗

ワイン2 実は先週、突然息子が帰省した。前の晩に「明日帰るけど、大丈夫?」って、大丈夫と言うしかないやん(笑 一年に一度のことだから。

 なんちゃってJMCのエントリー締め切りと重なり、なんだかなー忙しいことは必ず重なる。
 たった三日間の帰省で、嵐のように息子が去っていったあとがまた、寂しくてしょうがない。

 「イシコリドメ」という都城のワイン。イシコリドメなんて神様みたいな名前だなあ・・・そういえば宮崎県だし、もしやと思ってネットで調べてみるとやはりそうでした。
 なんと、金属加工の神様らしいぞ!!(しかも女の神様ですよ) おおー!! 
 1/700の手すりを接着する前にこれを飲んでおくべきだった。

 都城のワインは、ふくよかで、まるで母のような心温まる味わい。なんだか元気が出てきた。 
最新コメント
人気ブログランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ