つれづれプラモ製作記

自称飛行機モデラー・きららのプラモ製作とプラモの活動記録

からくも難を逃れる?(模型屋にて)

38

 H2Rはカーボン素材の部分を塗装試行中。

 よく聞く方法で、脱いだばかりのストッキングをかぶせる方法。え? 違う? 確かそう聞いたんだけどなあ。

 もちろん新しいのを買ってきたりしませんよ。少し古くなったやつを切りました。
 先に金色と銀色をまぜた色を塗装しておいて、ストッキングをかぶせてそれから黒を吹いたんだけど、なんか雰囲気違うのでやり直してみよう。ネットで調べたら、金色とか書いてたので金色で塗装したけどキラキラしすぎですね。真ん中あたりのやつはわりとうまくいってるけど、これは拭き方とストッキングの押さえ方にもコツがあるみたい。少しわかった気がするのでもう一度トライ。

シマシマ

 実車。シマシマっぽく見えるでしょ? 金色なのか? わからんなあ。ちなみに、この横に突き出してるやつ、「ウイング」っていうんだよ。フフフ。だからH2Rっていうのはちゃんと翼がある乗り物なんです。飛行機なんですよ。

 近所の模型屋に、このカーボン部分の色など聞きに出かけた。というのは表向きの理由で、今回の水害の話をしたかったのだ。災害があると、自分ちには何の被害がなくても、何ともいえないストレスを感じるものです。これは経験した人にしかわからないだろうな。

 三年前と八年前、近所の模型屋は浸水した。特に三年前はひどかった。太ももくらいまで水が来て、商品がほとんど水に浸かった。私のライフライン・模型屋がそのまま廃業したりしたらどうしようかと心配したけれど、見事に復活したのでありがたかった。もう私は一生この模型屋についていくことに・・・汗

 私「雨よく降りましたねぇ」
 模型屋「いやぁ~今回の花月川はあと2メートル余裕がありました(危険水位まで2メートル?) でもまだ今から降るかもしれんですよ」
 私「そういえば知り合いの人の家が全壊したらしいよ」
 模型屋「えぇっそうでしたか、それは大変でしたね・・・でも・・・いっそ壊れるなら全壊のほうが・・・あきらめがつくかもしれん・・・(うつむく」
 そんなもんかもしれない。実際に家が水に浸かった人じゃないとわからない話。

 模型屋「あのときは、うちのクルマもシートのあたりまで泥水に浸かったんだけど、乾くまでしばらく放置しといたら、またエンジンかかったんですよ。つい慌ててエンジンかけてみたりするけど、濡れてるときにエンジンかけたら絶対にダメ。乾くまで待てば案外大丈夫」

 ふうーん。そうなんですか。先日の「ママレモン事件」以来、模型屋の言うことはすべて眉唾に聞こえる私だった。まあ私はクルマを持っていないのでそういう目には合わずにすむけど。

塗料購入

 そんな話をしてるといつのまにか五時のサイレンが鳴ったので慌ててうちに帰った(一時間以上しゃべっていた)。するとヨドバシに頼んでおいた塗料が到着・・・・って模型屋で買わんのかい!!

 いやーそれがですね、こういう特殊なやつは近所の模型屋さんには入らないの・・・わざわざこれ一個取り寄せてもらうのも気が引けるし、ほかにも置いてないキムワイプとかといっしょに頼んでみたら、なんと三日で届くんだねえ。早いなあ。みんな通販に買うのわかる気がする。送料も無料だし。このジュラルミンシルバーはすごくいいって、最近モデラー仲間から聞いたので買ってみた。

 でもこれからも基本的に模型屋で買うよ、私は。痛みを分かち合うことができるのは、リアルの模型屋だけだから。

バイクらしくなる(タミヤ1/12カワサキH2R製作記)

36

 特に手こずってるわけじゃないけど、やはり初めてのアイテムを作るのは時間がかかる。
 一昨日、ようやくバイクらしくなってきたので、万歳三唱。この日を待っていたよ。

 どこに接続するのか不安だったコードは、ブレーキパイプと、ハンドルのところにつくことがわかり、めでたく接続された。
 あとは、カウルと座席かな。それでだいたいおしまい。でもカウルの塗装が大変なんですよ。半分くらいはカーボン製品だから。微妙なシマシマ模様があるやつ。自分でうまくできないときはハセガワのフィニッシュを買うつもりだけど、まずは自分で塗装してみる。

37

 このパーツ、最初何なのかピンと来なかった。
 でもインスト見てようやくわかった、ハンドルなんだね。けっこう塗分けが面倒くさい。

5

 ここを見てる人には全く興味がないと思うので、たまにアップしていきますが、HGのザクII。なんかちょっと黄色すぎたかなぁ。

 昨日から雨もしつこく降るし気分がくさくさしてきたので、ぶわ~っと吹いて吹いて吹きまくり。こういうときガンプラはどんな色にしてもいいので、気分がいい。
 昨日は昼前からずっと嫌な雨が続き、三年前の大雨を思い出させる悪い予感がした。そして今日の未明には暴風雨のような音で目が覚める。いよいよ悪い予感で胸がドキドキする。ひっきりなしにサイレンも鳴っている。ラインを見ると地元の模型クラブ会員の投稿が・・・恐ろしい筑後川(三隈川)の様子。ぞっとした。

 とりあえず今日は、うちや模型屋さんは花月川がおとなしくしてくれてたせいで、難を逃れたけれど、いつどうなるかは誰にもわからない。そしてお約束?久大線はまたもや線路下の土が流出・・・あああ~復旧にどれだけ時間かかるんだろう・・・またもやジュンク堂大分店が遠ざかる。

 朝、息子から安否の電話がかかってきたのだけがうれしかった。上司がかけろ、というからかけた、と言っていた(三年前もそうだったなあ) 良い上司がいてよかった。
 ほかにもご心配してくれた方々ありがとう。それにつけても自然のちからの前では、人間は無力だね。お互いを気遣ったり、何かささいなことでも助け合ったりすることがいつもいちばん大切だとしみじみ思う。ほんの数日前メールで安否を尋ねた熊本のモデラーから、今日はお見舞いメールが来た。

なんちゃってJMC始めました(告知)

link_jmclogo

 第八回なんちゃってJMC始めました。

 今年もなんちゃってJMCの季節がやってまいりました。軽い思い付きで始めたものをここまで何年もやってきたとは自分でも信じられません。でもなぜか参加してくれる方々がいるので、簡単にはやめられません(笑 こうなったら行くとこまで行ってやろうという気分です。

 毎年新しい参加者があったり、ときにはアクシデントも味のうち。今年は静岡ホビーショー中止で第七回作品のお披露目ができなくなりました。人生何があるかわからない、来年なんJをやるという保証はいたしません、今年が最初で最後かもしれない、ひとときの夢を楽しんでいただければと思います。そしてハセガワ製品でちょいと遊んでみようという、軽い気持ちもオッケーです。腕試しにいかがですか?

 でもやっぱり根底には、ハセガワを愛し、JMCの復活も願いながら、ぜひこの戦いに挑んでください。

 エントリーは八月末までです。お待ちしています。詳しくはこちら→ なんちゃってJMC公式ページ

===2020年展示会告知===
■熊本トムキャッツ(飛行機)
8/29,30 熊本工芸会館

■北九州銀翼会(飛行機)
10/24,25 北九州市立商工貿易会館

■天領プラものづくり大会(オールジャンル)
11/28,29 アオーゼ日田

※今年は、例の感染症の状況によっては開催できなくなる恐れがあります。開催を確認してから行ってくださいね。開催を祈るばかりです。

ラジエーター(タミヤ1/12カワサキH2R製作記)

34

 今夜もH2Rとシッポリ楽しんでおります。
 H2R「この雨だ、大きな声を出したって外に聞こえやしねぇぜ」

 とか言いながら・・・(ちなみに今日は雨降ってませんが・汗)

 ラジエーターを塗装して取り付けた。当然というか、やはり一番冷えそうな前のほうに取り付けるんだねー。

 これを知ってから、そのへんでバイクを見かけたとき見てみると、やっぱりこういうのがついてる!! おおー。全体とのバランスでみると、けっこう巨大だよね。冷やすということは大事なことなんだろう。
 あ、ちなみに前回書いた排気管とマフラーの間についていた金具は、排気管とマフラーを(取れないように)つなぐ金具だそうです。スプリングがついてたね。もちろん私はそんなもの作ろうとも思いませんが(汗

35

 ラジエーターから黒いパイプのようなものが右に向かって伸びてるのがおわかりでしょうか。湾曲して、シリンダーのほうにつながってます。ウォーターポンプというパーツ。

 ラジエーターの水を循環させるんだろうね。
 えっなんでティッシュを敷いてるのかって? 排気管が擦れて色が取れないようにと思って。変なとこは拭いてませんよ。

飛燕のラジエーター

 飛燕のラジエーター(2016年11月撮影)

飛燕のラジエーター2

 機体と比較しても、巨大だね。

 じつは最近少し不安なのは、H2R作ってて全く飽きないことなんだよね。普通は別のものに手を出したくなるのに。飛行機もヘリもちっとも作りたくならない。もしかして・・・これは・・・女性って年を取ると女性ホルモンが減って逆に男性ホルモンが増えるらしい。つまり、男みたいにひとつのことに集中してしまうようになってきたんだろうか。ひとつのことに集中すると別のものに目もくれなくなる。いいことなのかもしれないけど、女じゃなくなったら困るよ!! どうなるの私!! 女に戻れなくなったらどうすんの~!?

金管楽器のように(タミヤ1/12カワサキH2R製作記)

32

 なんとか排気管の塗装終わり!! いやー、取り付けた瞬間には感動したよぅ~。もちろんタミヤさんだから、ピッタリ、魔法のようにハマります。

 クリアさが全然ないけど、初めてのわりに頑張ったでしょ? 自分的には満足です。クリアさを増すためには下地をもっとつるつるにする必要があるしホコリなどがつかないようにする必要があるのだろう。
 ガイアのシルバーの上にクレオスのクリアオレンジやクリアブルー、クリアブルー+レッドなどを吹いただけ。あ、もしかしてこの上からクリアかけたらクリアになるのか? わかんねーや。

排気管のヤケ

 実車。

 綺麗でしょ~ウットリしちゃうよね。ゴールドに輝いてる。これ見たとき、ホルンやチューバなどの金管楽器を連想した。楽器としても、いい音がしそう。

 さらに、途中に何かよくわからん金具がついてるよね。達人の方はぜひこういうのも再現してみてください。

33

 マフラー部分の工作。

 内側に色が違う部分があるの。プラペーパーにマフラーより濃い色を塗装して、あとで張り付けた。なんかハミ出てる? それがねぇ・・・・

マフラー

 ほーら、見てごらんなさい。実車もこんなふうに下手な工作みたいになってるでしょ←おい!!

 明らかに、内側にもうひとつ筒が入ってるような構造。これはもう、実車見たからには絶対作らんといかんと思って頑張った。ま、私の工作はかなりイマイチだけど。

MSG

 何はともあれ、前半のヤマを越えた。ここができるかどうか、なんせ初めてだから全く自信がなかった。中折れになる可能性も高かった。でもなんとか乗り越えた。

 キラキラ塗装にはキラキラ輝くフレーズのマイケル・シェンカー。マイケルはドイツ人なんですよ。初期のスコーピオンズ→UFO→MSG ですね多分(UFO時代が好きだった)。華麗な音なんだけど、やはり随所に日本人の心に響く泣けるフレーズがあってさすが同盟国。最後の「ドクタードクター」では、スコーピオンズの旧友クラウス・マイネが飛び入りしてて、うれしい驚き。
最新コメント
人気ブログランキング
忍者admax
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
  • ライブドアブログ