つれづれプラモ製作記

自称飛行機モデラー・きららのプラモ製作とプラモの活動記録

書いた先から忘れる(1/72トランペッタードーファン製作中)

12

 1/72レベル タイガーUHTのほうは、キャノピーのマスキングで止まってます(ヤバい。この状態で放置になった例は枚挙にいとまがない)

 楽しいほうからやっちゃえばいいじゃん!? っていう方針で、ドーファンの塗装をしている。
 でもよくみると、こんなところにハゲ・・・いや剥がれ発見。
 パテが剥がれたんだね。こんなの修正しようとか思ったら、この周り全部塗装を落としてパテを盛って整形して、また白から塗装しないといけない。そんな面倒なことやってられるかい!! と思うので、ここは見ないことにする。

13

 赤いところがだいたい赤くなった。でもこれを剥がすとあちこち沁みだしてたりするんだろうな。
 気が重い。
 フリーハンド迷彩の軍用機が恋しいよぅ←すでに弱気

穴2

 ちなみに、タイガーUHTのローター後ろ部分にあった穴はこれじゃないですかね?
 穴というか、スリットというか。空気を逃がすやつ(福岡消防航空隊のドーファン、いやーこうやってみてもやはり実機はカッチョいいなあ、でもけっこう大きなスキマが開いてるのとかにご注目)。

 いつかこのスリットについて全く同じことを書いた気がする(汗
 過去に書いたものを読み直すのは嫌なので読み直してないけど、同じことを書いたと思う・・・写真見ると、ローター基部が見えてます。スカスカで、空気が流れる部分ということがわかる。

 ところでユーロコプターとエアロスパシアルが同じ会社らしい。エアロスパシアル→ユーロコプター→エアバス だね、多分。

 どうりで、タイガーとドーファンのカタチが似てるはずだ。ハハハ。何も考えずにスタートしたけど、案外いいセンスしてるやん私。

穴は何のために(レベル1/72タイガーUHT製作記)

11

 いつのまにかタイガーの製作記になっちゃってますが、こちらも着実に前進しているよ。
 マスキングして塗装したあと乾かさないといけないでしょ? それでつい別のものを作りたくなって箱を開けて・・・の繰り返し。

 トランペッター1/48 SA365Nsドーファン2、アイスランド沿岸警備隊仕様・・・は、白、青と塗装して、次は赤いところを塗装するために、マスキングしたところ。面倒くさいけど、やってみたら48のせいか意外と簡単だった。大きいもん。普段72触ってると48はものすごく巨大に感じる。

 あ、フェネストロンのところをマスキングするの忘れてた(この独特なテイルローターをフェネストロンと言います)

12

 で、上側の赤を吹いたところ。赤はクレオスのハーマンレッド。GXっていう少し大きなビンのシリーズね。隠ぺい力が高い、とか書いてるので買ってみた。本当はもう少し濁った赤にしたかったけど、こういう「正義の味方」は鮮やかな色だもんね、しかも救助するときに目立つようにピカピカに磨いてあるんだよ(この機体じゃないけど、レスキューヘリ見たことあるから言うけど)

 はみ出てませんように。祈る気持ちで吹いていく。あとは野となれ山となれ・・・もうどうしようもない。

10

 こちらは、裏側に盛ったパテをなんとか整形して(あまり綺麗じゃないけど、まあ、裏側だからこれでいいのだ)、これからキャノピーを接着しようかな、というところ。キャノピーはハセガワのセラミックコンパウンドとポリマーで磨く。

 キャノピーは本当は最後に接着したいんだけど、これは後席の上に胴体とまたがって接着するパーツがあり、どうしても先にキャノピーを接着する必要がある。ああ~いやな予感。クリヤを吹かなければ大丈夫かなあ。過去の失敗はたぶんクリヤがマスキングテープの隙間から入ったことによって引き起こされたという気がするんだよね。だから、キャノピーまわりはクリヤは吹かないことにしよう。

コーヒー
 ちなみに、昨日書いた穴ですが、読者からメールいだきまして・・・「ローターからの吹きおろし空気を逃がすためと、空気を通してトランスミッションを冷却するためのスリット」だそうです。同じ会社で設計されたドーファンにもあるはず、と指摘されましたが・・・キット見たら、あちゃ、このふさがってるところかい!? ここ穴を開ければよかったのか。そしたら「いやーヘリのことよくわかってますねぇ」なんて腕組みした飛行機モデラーにほめてもらえたのになあ、惜しいことをした。

 タイガーUHT「だからな、穴は全部意味があるんだよ。ネットで集めた写真とかもっとよく見ないとな」
 きらら「うーん、知らなかったよ~」
 タイガーUHT「経験値もっと高いと思ってたが・・・じゃあ、穴の見せっこしような。お前のも・・・」
 きらら「もう。バカっ」

 やれやれ仕方ない、とりあえずコーヒーでも・・・って作業場でコーヒーばかり飲んでる(汗
 なんせエアコンも入ったし、最高に居心地がいい。タイガーとアパッチも並べたいなあ、などと、またあらぬ妄想が頭をよぎる。

 実は、なんで急にヘリを頑張ってるかというと、8月半ばに熊本で展示会があるんだよね。そのときにヘリを持っていきたいなと目論んでるんです。

楽にしてあげる(レベル1/72タイガーUHT製作記)

穴

 レベルの1/72ユーロコプター タイガーUHT製作の続き。

 左右を合わせて合わせ目を消しているところ。
 たい焼きみたいに全体に合わせ目ができます。飛行機モノの宿命。

 写真の赤い丸のところ・・・ふさぐパーツを探したけど、見当たらない。えっ、ここ穴開いたまま!? いいの!? こんなテキトーっぽい機体で空飛べるの? 大丈夫!? 

 たまにヘリは変な穴が開いてたりするんだよね。ふふふ。

9

 でもこのままだとあんまりなので、プラバンやプラペーパーで合わせ目だけは塞いだ。下手くそ? 
 いいのいいの、一応ふさいだんだから。

 ちなみに、手前の上向きに穴が開いてるところは、排気管。
 ところで、この穴より機体の前部分のカタチとか、尾翼のカタチとか、なんかドーファンに似てるような気がする(背景に写ってる写真が、アイスランド沿岸警備隊のドーファンの写真)。他人の空似か、それとも・・・。

7

 尾翼・・というか垂直安定板に隙間が空いてたので、さすがにここはプラペーパーで埋めることにしよう。

 きらら「楽チンの話の続きだけど」
 タイがーUHT「いや続きはもうええわ」
 きらら「すごいこと発見したんだよ。実は昔からフリチンってどういう意味かと考えてたんだけどね、あれは、フリーチン〇のことだと思うんですよ、私は」
 タイガーUHT「・・・・・」
 きらら「フリー→自由→気楽な、で、楽なチン〇って言葉ができたのではないか。つまり、楽チンというのも、窮屈なところに押し込まれているチン〇を楽に開放した状態、というところから、簡易な、という意味になったんじゃないかと思うわけです」
 タイガーUHT「・・・・・もしかして、今日はそれをずっと考えてたわけか?」
 きらら「うん」
 タイガーUHT「じゃあ、俺のも少し楽にしてもらおうか」
 きらら「いやーん」

 とか考えながらパテを盛っていたら、少し盛りすぎた(汗

楽ちんとは!?(レベル1/72タイガーUHT製作記)

11

 いきなり衝撃画像ですが、こんなの私にとっては、まあ、日常茶飯事、これくらいでは慌てない。むしろモチベーション上がるね←無理あるなあ

 だいたい、こんな表面に凸凹のモールドのある場所にマスキングしてはみ出さないわけがない、とは思ったんだけどね。こういうときはすごくよく密着するやつを使わないと。

 このタッチアップは最後にすることにして、ほかのタッチアップをして、その後赤を塗装しよう。明日からまた雨みたいだから塗装できない。やっとやる気になったのに。

4

 ぎゃー、自分の目ではちゃんと貼れてたはずなのに、フィニッシュがはみ出しまくりだね。でも老眼だから、ま、離れてみたらこれでもオッケーなんですよ。
 それより、座席の後ろに伸ばしランナーでちょっと配線らしきものを作ってみた。色はランナーのままのグリーン。なにがしかゴチャゴチャ感があるとヘリらしくなる気がする。

 ちなみに、このグレーは自分で作ったけどなかなかドイツっぽくていい感じのグレーでしょ。Bf109の機内色的?

5

 それにしても、シートベルトをきれいに彫刻してあるのはリアルで楽チンだった。

 タイガーUHT「楽チンってなんや!! 女がチンはねぇだろうが、聞いてるほうが恥ずかしい」
 きらら「あら失礼。そう言えば、「楽ちん」の「ちん」って何だろう。新明解にも載ってないよ」
 タイガーUHT「だいたい、なんでもカタカナで書くと嫌らしいんだよ。「あの場所」っていえば、「思い出のあの場所」になるけど、「アノ場所」だと「お前の嫌らしいアノ場所」になるしな」
 きらら「やっぱさ、楽チンってのは楽なチン〇・・・」
 タイガーUHT「いい加減チンから離れろや」

 飛行機モデルの最初の難関、左右を接着し、洗濯ばさみプレイ。なんか痛そう・・・。 

コクピットまでは楽しい(レベル1/72 EC665タイガーUHT製作記)

3

 ああーほんと涼しい日があるかと思うと急に蒸し暑くなるから、かなわんわー、と思いながらいつものように模型部屋に座って合わせ目を消しながらふと気が付いた。そういえば、こないだエアコンつけたんじゃなかったっけ。
 いやー、なんかエアコンもったいなくてまだあまり使っていない。貧乏性だね。ガンガン冷房きかせて、完成品を量産せねば。と思うけど、エアコンつけると今度は快適すぎて、「じゃコーヒーでも」とコーヒーを淹れ、「あ、あの本読んでなかったな」と本を取り出し・・・どんどん時間が過ぎていく。まあ趣味の部屋ってそれもまた楽しみかな。 

 EC665(PAH-2)タイガーUHTのコクピットを塗り分けて、スミ入れ。シートベルトも彫刻されてるので何もしていない(汗 座席横に人間を守るように張り出しているものは装甲です。なんたって戦闘攻撃ヘリですからね。
 ディスプレイ部分にはハセガワの偏光フィニッシュを貼った。ほんとはグリーンまたは黒のほうが正しいかもしれないけど、単にこのフィニッシュが綺麗だから貼りたかっただけ←おい!!

 今まで作った攻撃ヘリはすべて前席ガナーで後席操縦士だったけど、これは逆。どっちがいいんだろう。意外とどっちでもよかったりして(汗 素人の考えでは前に操縦士というほうがわかりやすいけどね。

 平行して面倒な武装パーツも整形してるところ。でも、ロケット弾にしようか、トライガット(TRIGAT)、それともHOTにしようか、と迷ってばかりでなかなか進まない。

資料
 ヘリコプターの資料。どちらも読んでるだけで面白いよ。ヘリの蘊蓄がいろいろ書いてあるのでうれしくなる。フフフ、みんなこんなこと知らんやろ・・・などと優越感に浸る。

 このキット、UHTとHAPを選べるようになっている。ちなみにUHTというのはドイツ陸軍向けの多用途攻撃型、HAPはフランス陸軍の近接航空支援型。UHTはローター上に丸いモノがついていて、これは索敵センサーとかFLIRだそうな。HAPは同じ機能を持つものが後席の上にタンコブみたいな形でついている。そして機首に30ミリ機関砲を装備、いかにも攻撃ヘリらしい雰囲気。
 どちらにするか少々迷ったんだけど、やはりタイガーだったらドイツでしょ!?というわけで、ドイツ仕様を選んだ。あ、ほかにもテイルブームのアンテナ線もヘリならではの「模型映え」する部分かなあ(私は好きです)。
 機首に機関砲を標準装備するか、スタブウイングに選択式で装備できるか、どちらをとるかは運用方法によるんでしょうね。

 などと考えていたら、やっぱHAPも作りたくなってきた。ああ~キット二個買わないとダメだね。
最新コメント
人気ブログランキング
忍者admax
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ