つれづれプラモ製作記

自称飛行機モデラー・きららのプラモ製作とプラモの活動記録

たたかいの日々

本 「蘇る翼F-2B」(小峯隆生著柿谷哲也撮影/並木書房)

 大分のジュンク堂に行ってD51の本などを探してきた。とりあえず一冊よさそうなのを買ってみた。
 あと、飛行機の本も少し購入。この本は買ってすぐ読み始め、読み始めると面白くて止まらなくなって二日で読んでしまった。特に前半、2011年の津波のときの様子は手に汗握る。興味深いです。

 「操縦者はベストを求めないんです。ベターでもすぐできることを選びます」
 などという、ハッとさせられるような言葉がいっぱい。

 それにしても、再確認したのは私はパイロットより整備兵のほうに興味があるってこと。だってパイロットって単に操縦してるだけでしょ。整備する人がいないと飛行機は飛ばないんでしょ?

 なんで私がパイロットにさほど興味がないかというと、たぶん自分が飛行機を操縦してみたいとは全く思わないからだろう。そういう憧れは私にはありません。
 むしろ、機体の勉強して整備する人になったら楽しかっただろうなあと思うことはある。

 いろいろ忙しかったこの数日の〆に大分駅ビルの映画館で噂の「ダンケルク」も見てきた。
 映画じたいは、まあまあ面白かったかなというくらいだけど、スピットファイヤが飛びまくるので飛行機好きには楽しい。

 ただ、ドイツ軍(Bf109Eとハインケル)があまりにもやられてばかりで腹立たしい。
 スピットとメッサーはもっと互角に戦ってほしかった。
 悪役・スツーカはカッチョよかったけど。

 飛行機ってやっぱりいいなあ。ヒーローなんだよね。

F.1C行きます(ハセガワ&エレール 1/72ミラージュ製作記)

箱 ミラージュ作ってます。なぜかミラージュが以前から作ってみたかった。こういう好みっていうのは、自分でもなぜ好きなのかわからない。

 いつから作り始めたっけ? よく覚えてない。とにかくいろいろ並行して作ってるもんだから。

 このふたつの1/72キット。もちろん古い箱がエレール、新しいのはハセガワ。
 ミラージュはデルタ翼のミラージュ2000とかがイメージ強いと思うけど、これはF.1Cと言って普通の翼の形である。こっちのほうが精悍な感じで好き。

エレール1

 こちらはエレール。
 機首が分割されているのは、複座のF.1Bとのコンバーチブルのため。

 胴体もさっさと接着してしまった。合いはまあまあ。もちろんもっと丁寧に作る人もいるだろうけど、私は適当で構わない。模型って適当に作ればわりと簡単に完成するもんなんだよね←おい!!

エレール2

 とはいえ、こんな隙間が開いたりする。ここはさすがに埋めようかな。

ニッパ

 実は最近別府の実家でも製作している。やはり別府に用事が多くしよっちゅう行き来している。

 これはこちらで作るために買ってみたニッパ。いつも使ってるハセガワのと違って握りが大きすぎて持て余す。何でもそうだけど太けりゃいいってもんじゃないね。けっ、何がニパ子だよ・・・でもまあ、切れ味はいいです。

 母が亡くなって三ヶ月近くになる。まだまだやることがいろいろあるし、気持ちもなかなか上向きにならないけれど、少しは作ろうという気持ちになっている。
 

展示会告知

中津展示会
 ■中津模型クラブマークII 第12回展示会

 日時:10月14,15日 10時から18時まで
 場所:小幡記念図書館研修室 (大分県中津市片端町)
 ※無料駐車場あり
 ※15日のみ、プラモデル体験会開催(小学生対象、無料)

 オールジャンルの展示会。持ち込み大歓迎とのことです。


--------------------------------------------------------------------------------------
とばないかい
 ■第39回翔バナイカイ作品展
 日時:10月14日11~18時
        15日10~17時
 場所:サロンモンテメール(JR芦屋駅ビル6F)

 お問い合わせは http://tobanai.zashiki.com/ まで 

-----------------------------------------------------------------------------------------

 ■激作展について

 一度、10月21,22日とご案内していた激作展ですが、衆議院開催による選挙のため会場を使えないことになり、来年の1月13,14日に延期となりました。
 まさか安倍政権から横やりが入るとは!! 準備されていた会の方々には大変なご苦労かと思います。
 ぜひここをご覧の方々も1月に訪問してください。年明けに改めて告知します。
------------------------------------------------------------------------------------------ 
北九州
 ■第34回北九州銀翼会展示会
 日時:10月28日(土)11:00~18:00
       29日(日)10:00~16:00
 場所:北九州市立商工貿易会館(シティープラザ)1Fエントラスホール
     (福岡県北九州市小倉北区古船場1-35)
     小倉駅からモノレールで2番目の駅(旦過)下車、左側のビル
 テーマ「F-4ファントムII」

 お問い合せ先:ホビーボックス小倉店(井田・西原)tel.(093)922-0240


 今年は行ける!! うれしいな。恒例のホビーボックスがらくた市もあるのかな? 楽しみですね。
 毛利さんをはじめ、達人たちの72の作品を堪能しよう。

---------------------------------------------------------------------------------------
 展示会は楽しいですよ。そのときだけの色んな出会いがあります。
 ネットもいいものですが、実際に作品を見るのはさらに良いものです。皆様もぜひ(少し無理してでも)どうぞ。
 どこかで私に会ったら、気軽に声をかけてください。 

人生の中の一日

空3

 秋の夕暮れ。
 ああ~うれしいね。今年もまたこの季節が巡ってきた。
 日本人がひとつのことに拘らず「まぁいいさ」と諦めることができるのは、季節が巡ってくるからに違いない。夏がダメでも秋があるさ。

 ワインを飲みながら空を見ていたら、刻一刻と空の色が変わっていく。
 ずっと見ていても見飽きない。今日も人生のなかの大切な一日。

デゴイチ えぇ~と、なんで急にM-ATVが出てくるのか不審に思われたでしょうが、説明不足ですみません。M-ATVはようするに作りかけ。
 どうも説明するのが苦手で・・・。変なこと書くのは得意なんだけど。

 まず、最近72のミラージュを作ってた。これが優先だったんだけど、先日四十九日に行ったときに別府の実家に忘れてきてしまって作れない(汗 
 で、じゃあ作ろうかと思ったD51なんだけど、鉄道雑誌なんか買ってきたらこんな写真が!! 操作盤とでもいうのかな、コクピットだよね。格好いいね~しびれますね~こういうの見てしまったらもう、おろそかに作れない。徹底的工作・・・・とまではいかなくても、出来る限りのことはしたくなった。それにもっとD51のことを知りたい。

 というわけで、週末ミラージュ取りに行くついでに大分でD51の本を買ってこよう。


三笠 実はもうひとつ作りかけがあって、それがハセガワ1/700 三笠。

 久々に引っ張りだしたら、うひゃーマストが曲がってる!!
 ほんと曲がってるのが好きなんだよね、私って(汗

 伸ばしランナーでアンテナ線を張ってたので、接着したときテンションがかかったんだろうね。
 アンテナ線を二、三本張ったところで面倒くさくなって再び放置~
 あと何年かかるやら・・・・いや、11月の地元展示会までには・・・・できるかなあ(不安


p39


 で、ノーズアートの秋だしね、これなんかノーズアート描いたらぴったりだと思いませんか? ハセガワ1/48 P-39N/Q

 あまり活躍した機体じゃないらしいけれど、P-39って好きなんだよね、前輪式ってカッチョいいもん。
 新しいキットだし紫電改なんかもそうだったけど、いい感じ~!! 久保山さんか風早さんの設計だったらもっといいなあ。

 でもやはり48はコクピットを多少なりとも作りたいし、機体のことも少し知りたいし・・・・というわけでネットで資料を買うことにした。これが届くまでは何もできない。ううーむ。

待機中 もう一個作りかけ、トランぺッター1/48のドーファン。一応白くなってるけど、ここからマスキング地獄に直行の予定。難しいよ、マスキングって。頭使うからね。もう少し涼しくならないと無理無理。

 というわけで、ようするにあれこれ停滞・・・というか八方ふさがりですな。
 一歩ずつ進むしかない。こういうときは焦らずに・・・まあ、今がダメでも明日があるさ。
 

今はもう秋だから?(MRAPに手を出した)

箱 連休に招かれざる客・台風がやってきて、今日はうちの近所もみんな家でじっとしているのだろう、まるで正月の朝みたいな静けさでうれしかった。たまにこういう日があっていい。日本人は少し働きすぎですよ。しかし佐伯のモデラー共の安否が気になる。みんな無事でいてくれ。

 本読んだり模型作ったりするので、缶詰状態でも全然退屈しない。
 以前から少しずつ作ってるM-ATV MRAP(パンダモデル1/35)

1


 M-ATVってなんじゃ? って私に聞かないでください。まあネットで検索すりゃすぐわかるんだけど、目の毒な超絶作品とかがすぐに出てきて「うぁぁぁすげぇ~っ、・・・・私にゃとても無理、もうモデラーやめたい」と、へなへなになってしまうので、検索はしない(基本的に作り始めたら他人の作品はなるべく見ないようにしている)

 エッチングパーツをたくさん使わないといけない。昔作ったドラゴンのキットは金属パーツを使うかプラパーツでやるか選べたんだけど、これは強制的にエッチングを使うことを強いられる。ひゃー。
 飛行機モデルのほうが難しいと思ってたけど、これはこれでヘビーだな。

 もう何かの冗談みたいに完全に歪んでますね。こんな四角いものを作れっていわれても・・・できるわけないよ。

2


 シャーシの部分。これ写真にすると一枚だけど、ここまでたどりつくのにものすごい数のパーツをイヤになるくらいくっつけたんだよ。
 ほんとアホみたいな部品分割で、だんだん腹立ってくるので、あまりに小さいゴマつぶみたいのは接着しない。
 最終的にタイヤつけてちゃんと接地するのかどうか、かなり怪しい。神のみぞ知る。

トンプソン 本も一冊読み終わった。「極夜」(ジェイムズ・トンプソン著/集英社文庫)

 フィンランドを舞台にしたミステリ。面白くて一気読み。
 主人公の一人称なのでハードボイルドに近いかもしれない。強いんだけど、とんでもない心の傷を持ってるという設定がいいね。改めて、人間って弱いところがないと魅力的に感じないんだなあと思う。

 この本一冊だけで、フィンランド人はこうだなんて言うのは間違ってるとは思うけど、確か梅本さんの本に書いてあったフィンランド人を揶揄したジョーク・・・「フィンランドの酒場の床は斜めになってるんだ、なぜかっていうと血が流れやすいようになってるのさ(酒場でしょっちゅう流血沙汰になるので)」という話を思い出した。
 美しい自然や素敵なデザインの家具など、北欧のお洒落なイメージとは裏腹に、アルコールやセックスに明け暮れる血の気の多い男共の住んでいる国。
 フィンランド空軍が第二次大戦中にあれだけ活躍したのも、そういうことだったのかも。

 ところで、トワ・エ・モアの「誰もいない海」いい曲ですね。

  ・・・いまはもう秋 誰もいない海
  (中略) 私はわすれない 海に約束したから
  つらくても 死にはしないと・・・

 えっ、死にはしない、なんていう歌詞だっけ。ドキっとした。

 死にたくなるくらい辛いこと。一体何があったんだろうね。
 でも誰でも一生のうち、一度や二度は死にたいっていうか、もう何もかもイヤというか、ご破算にしてしまいたいくらい辛いことがあるよね。素直にそれを歌詞にしたっていいんだね、なんだか不思議と心が軽くなった。
最新コメント
人気ブログランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ