つれづれプラモ製作記

自称飛行機モデラー・きららのプラモ製作とプラモの活動記録

花よりプラモ(パンダモデル1/35MRAP製作記)

22

 1/35 オシュコシュM-ATV MRAP の裏側。

 普通のクルマは裏側のディテールが見えているけれど、これは地雷から守るための装甲(だと思う)がついている。白い部分のパーツは失くしたのでプラバンにて適当に作った。正確なカタチじゃないけど、まあ裏側だからこれで良し。その右側の部分の装甲なんだけど、これがまた合わないっていうか、シャフトが干渉して(これせっかく再現されてるのに少し削るしかなかった)、削り取るか何らかの措置が必要。ほんとにもう。

 その装甲に柵のようなものがついてるけど、これは(乗り降りするための)ステップだと思う。

21

 排気管のパーツを紛失したので、作ってみた。
 ちょうど、太く逞しいランナーを一本取っておいてたので(モノグラムのヘリのやつかなあ)、ちょぅど良かった。やや太すぎる気もするけど、まあいいや。

 これをローソクで炙ってそれらしく曲げてみたところ。あと長さを調節して穴を開ければ出来上がり。排気管ね、面白いところについてるんよー。

 スペアタイヤは縛ってる雰囲気にしてみた。こういう、デッチアップはとても楽しい。むしろ息抜き。それ以外のエッチングパーツとか、わけのわからないインストとの格闘はものすごく疲れるから。

花見

 本日は、地元クラブの花見だった。桜は七分咲きというところ、絶好の花見日和かと思いきや・・・風が冷たいったらない!! ご覧の通り三隈川沿いの美しい公園なんだけど、完全吹きさらし。色んなところが縮みあがりましたよ。

 それでも、造形村の屠龍のキットなんかこれ見よがしに持ってきた人がいて(しかも20代)、「オオー!!」と一同熱くなる。「しかし花見でパーツ見とるワシらって・・・(一同爆笑)」
 久々に芙蓉部隊の話とか大戦機の話もして、大いに元気もらいました。

 あと、昨晩フト気が付いたんだけど、クルマのキットって、シャーシ作った時点でタイヤ接着するんじゃない?? カーモデラーに聞いてみたら「乗用車はそんな風にするけど、ジープとかは最後にタイヤつけたりしますよ」と言われ、ほっとした。やっぱじかに会って話すと、ありがたいね。ガンプラモデラーからは「一言アドバイス」もらえたし、早速今度ガンプラ作るときにやってみよう。

 でもなー、いつも思うんだけど、連中と一緒にいるだけで、なんか心がほっとするというか、落ち着くんだよね。これって何なんだろう。模型について教えてもらえるとか、模型の話ができるというのももちろんなんだけど、ものすごく安らぐの。もうほんと、連中と一緒にいるときの私は、恐ろしいくらい全く気を使わない。究極の癒し空間ってことでしょうか。

 うちに帰って模型部屋でコーヒー飲んで、再び作業の続きを始めた。勇気百倍ってとこかな。

再び戦場へ(パンダモデル1/35MRAP製作記)

17

 そんなわけで、三日ぶりに戦場へ。火曜水曜は完全に休んで、昨日の晩から再開した。きれいな桜を見てバカな文章を書きまくって、ずいぶん気持ちがすうっとした。そのせいか、今日は半日部屋に籠ってネットラジオのハードロックをガンガン流して作っていた。すごいね私。

 やっぱり撤退はできなかった。撤退する決断をするのって難しい。泥沼に飛び込むほうが簡単である。あ、こういうのは泥沼というより、単なる失敗と言ったほうが正しいか。

 それと、MRAPと表記してきたけど、MRAPというのは車種であって、これはM-ATV(Mrap All Terrain Vehicle)という名前のほうが正しいかも。略語って英語をちゃんと把握してない私には難しい。

18

 もうとにかく、瞬間接着剤と硬化剤で無理やり接着していく。指も瞬間だらけになる。

 どこに接着すればいいか、インストを見てもパーツを見てもほとんどわからない。
 ほとんどのパーツが謎のズレを生じる。
 そして、一つでも接着場所を間違うと、どんどんズレていって、全体が歪んでいく。悲劇の連鎖である。

 でも、ようやく少し全体像が見えてきた感じだね。
 全長6.27m、車幅2.49m、車高2.7mだそうです。飛行機に比べたら小さいけど、クルマとしては巨大かな。

19

 画面真ん中あたり、派手にズレてるのがわかるでしょ?
 ま、どうせズレるならこれくらい派手にやりたいもんだ、というくらいズレている。

 こういう、四角いものをきちんと組み立てるのって難しいんだね。改めてわかった。少しでもずれるとすべてがずれて、ヘンテコなカタチになる。まあ飛行機だってそうですが・・・ずれたらダメだよね。もうアカン。

 接着位置が間違ってるパーツはできるだけ外してやり直したけど、もうどうしようもない場所もある(剥がそうとすると、全体が崩壊する恐れもある)

 なぜパンダモデルなんか作るんかい!? というメールを何通かいただきましたが、私も好きで作ってるわけじゃないんです!! これしかないんだってば!!(多分
 調べたかぎりでは、1/35はこれしかなかった。そりゃ、あれば他のを買いますよ。

 でも、もし他メーカーからもうちょいマシなのが出たら、もう一度作りたい←懲りてない


歌舞伎町の桜(サクラサクその5)

美徳1

 学生時代の恩師の葬儀のため、都心に出てきた長谷川由美(59歳)は数十年ぶりに同級生の美徳と再会する。昔話をしているうちに、そのまま歌舞伎町の写真展へ誘われて。

 長谷川「素敵な写真展よね・・・あっこれ本物の桜よ!! すごいわねぇ」
 美徳「最初蕾だったけど、あっというまに満開になったみたいですよ」
 長谷川「あらっ、この写真の作者・・・美徳って書いてある。もしかして、美徳君の作品? えっ、また写真やってるの?」
 美徳「いやあ、恥ずかしながら。三十年ぶりにね」
 長谷川「あの頃は結構頑張ってたじゃない? プロになるとか言って」
 美徳「その話はナシ(汗 いやもう若気の至り」
 長谷川「ええーっ、でも桜の写真なんかも撮るのねぇ。あの頃は美女のポートレートばかりじゃなかった?フフフ」
 美徳「もうその話勘弁して(笑」
 長谷川「ごめんごめん。でも今もやっぱり素人とは思えないよ、上手いよね!!」
 美徳「そう? ありがとう。でもね。。近は、なぜか何でもないようなものが面白いんだよね。身の回りにあるもの。名もない花とか、なんていうか当たり前のものが新鮮というか。うまく言えないんだけど」
 長谷川「ああ、それわかる気がする。年齢のせいかな」

 東京 歌舞伎町にて 美徳さん撮影

美徳2

 美徳「何かちょっと飲んでいきませんか」
 長谷川「ごめんなさい、私、母の介護してて、あまり長いこと留守にできないの、そろそろ帰らないと」
 美徳「それは大変ですね、すみません」
 長谷川「またいつか誘ってください」
 美徳「じゃ、良かったらライン交換しませんか」

 ラインのアカウントを教えあって、そそくさと去っていく由美。この後会う機会があるのだろうか、たぶんもう会うことはないんだろうな。美徳はぼんやりとそんなことを考えながら自分も逆方向に歩き出した。
 新宿の人混みにあっというまに消えていった彼女は、春の夜の幻影だったのかもしれない。

 ・・・というような、大人の男女の邂逅が頭に浮かびますね。都会のビルの中に飾られた、桜の木。さすが東京らしい大胆な趣向だと思います。まわりすべて人工的なものの中に、桜だけは生き生きと艶めかしく。一瞬の大人の恋の舞台にピッタリだなと思いました。

 ※ちなみにこの写真展は実際は美徳さんの写真展ではありません。本物の作者には申し訳ありません。物語は私の勝手な創作です。

 今回、三人続けて写真を送っていただきましたが、どれも見てるうちに話が頭に浮かんできて、つい書いてしまいました。読んでいただきありがとうございました。

お代官様と桜(サクラサク~その4)

ななにや1

七弐屋「本日はこのようなモノをお持ちいたしました、お気に召しますかどうか」
お代官「おお、これはなかなか、よい構図じゃ、桃色の花弁の真ん中に、これこのように嘴を差し込んで」
七弐屋「さすがお代官様、お目のつけどころが違いますなぁ」
お代官「奥まったところの蜜を吸うてみたいものよ、ふぉっふぉっふぉっ」
七弐屋「なんと、うらやましい鳥でありますことか」
お代官「七弐屋、おぬしも好きよのう・・・」
七弐屋「いえいえ、お代官様ほどでは・・・ふふふふふ」

 埼玉県富士見市 nananiya72さん撮影

ななにや3

 この写真、バックにあるのは壁?なのか何か別の植物なのかわかりませんが、ちょうど良い色で、絶妙な背景色になってますよね。

 最初の写真も、ヒヨドリが上下逆になってる姿が面白いです。このへん、やはり狙って撮ってるのでしょうか、お代官でなくても「おぬしも好きよのう・・・」と言いたくなりますよね。

 撮る人の性格とかいろんなものを想像してしまう。

ななにや2

 こちらは「カワセミ」

 トリの写真って難しいと思います。桜の写真ではないけど、オマケに頂きました。
 こういった鳥を専門で撮ってる方も多いですが、たぶん動きが激しくて撮るのが大変なぶん面白いんでしょう。いやはや。大変なモノを見ると「ヤリたくなる」ってどこかのモデラーと同じだなあ。人間てのはほんと厄介ですな。


デートスポット(サクラサクその3)

oni3

 今年の桜、熊本「一房ダム湖」oniさん撮影。

 桜の名所だそうです、ダムっていうと、鉄板デートスポットですよね!! 最近の若い人はどうだか知りませんが、私らの時代はそうでした。

 富士美(25歳、OL)「わーっすごいね、満開やん、桜のトンネル~」
 oni(21歳、職場の後輩)「(ハンドルを握りながら)綺麗ですよね(桜より富士美の唇が気になってしょうがない)」

oni2

 クルマを下りて、ダムの上を歩く二人。

 富士美「見て見て~噴水だよ~すっごーい」
 oni「(富士美の潮吹きを連想している)・・・・・」
 富士美「あっ、でも~下見ると怖いよぅ~あたし高いとこ苦手ぇ~」
 oni「・・・・・クルマに戻る?」
 富士美「そうだね」

oni1

 富士美「すっごーい綺麗よねぇ~」
 oni「・・・・・」
 富士美「でもちょっと寒くない? なんか今日・・・さっきからoni君なんで黙ってるの?・・・(あっ)」
 oni「(シートを倒す)・・・・」

 やるじゃんoni君、けっこう手際いいですな。先輩とこの後どうなっていくのか・・・・つづく。

 ・・・って、続かねぇよ!! すみませんoniさん、くだらない話作っちゃって。 
 つい若い頃のこと思い出してしまいましたよ。今は昔、昭和の頃の話です。

 写真ありがとうございました。こちらはまだようやく開花したばかりですが、熊本は満開ですね!!
最新コメント
人気ブログランキング
忍者admax
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
  • ライブドアブログ