つれづれプラモ製作記

自称飛行機モデラー・きららのプラモ製作とプラモの活動記録

災害復旧と模型と(プラモというもの)

被災現場

 昨日(7/16)の大分合同新聞に掲載されていた、今月7/6~8の豪雨による国道210号被災現場(日田市天ケ瀬町)で復旧が始まるという記事。
 山に囲まれたところに川が流れ、並行して久大線が通っている。この陥没の仕方が恐い。ぞっとする。復旧は24時間態勢だって。道路の復旧って24時間やるんだ、すごいね。まずは消波ブロックを140個投入して水の流れをかえるらしい(足りなければ足す)

 この記事見ていてふと気が付いた。昔は「怖いね、大変だね」で終わってたと思う。でも今は「どうやってこの壊れた道路の工事をするんだろう」とすぐそれが気になった。こんなふうに完全に道路の土台が流れてしまった部分をどうやって補修するのだろうと。そしてそういうことを考えるようになったのは、模型を作るからじゃないだろうか。全く次元は違うけれども、毎日模型部屋でやってるじゃないですか、壊れたり失われたりした部分のリカバリを。
 失敗の瞬間はショックで顔が引きつったりしてるけど、すぐに「じゃあこれをどうするか」と復旧対策委員会が動き出すじゃないですか。そして果敢にリカバリに挑む。

 もしかして、模型を作ることの素晴らしさってそのへんにもあるんじゃない?
 手が器用になるとかいうことよりも、「何かあったとき自分で対策を考えて切り抜ける喜び」を感じること・・・。今までの人生ではこういうのあまりなかった気がする。

 さて、この記事には国土交通省大分河川国道事務所副所長(53歳)「一日でも早く通行できるようにしたい」とコメントがあったけど、53歳って必要な情報かい!!(汗 いつも思うんだけど、悪いことした人などは年齢知りたいけど、副所長が何歳でも関係ないでしょ・・・っていうか53歳のイイ男なのかも、とか余計なこと考えたら眠れなくなるじゃないですか←おい!!

観葉植物

 二年前に買った観葉植物(ドラセナ)が育ってきたので大きな鉢に植え替えた。このまま無事に大きくなってくれよ。

部屋7

 2018年の初め頃鉢を買ったときは、こんなに小さかった(右側)。ちなみにこの古い椅子は、私の実家にあったもの。数少ない思い出の品。

ザクII(古つわもの)完成

12

 ザク「イスラエル陸軍」完成!! 途中バラバラで塗装してる間は我慢に我慢だけど、完成するとうれしい。さてビール。

14

 後ろに背負ってる部分に大きなアンテナを立ててみた。全体のデザインとのバランスを考えて、あえて太い金属線にした。これが細いと変なんだよね。

10

 足についてるロケット弾みたいなやつ、どっかいっちゃったのでランナーを削った。オリーブドラブ。ああー、脚の合わせ目が割れてきてる・・・涙

11

 箱絵がそうだけど、上半身だけの写真も案外カッコいい。モノアイは劇中みたいに左右に動くようになっている。あれ不気味で格好いいんだよね。肩のトゲ(スパイク)が普通のより一個多いけど、違和感ないでしょ。あ、車体番号書かないといけなかった(汗 ・・・面倒だなあ。

 基本的にツヤ消しだけど、黄色い鎧みたいなデザインの部分は塗装吹きっぱなし(ややツヤがある)。というふうにツヤを微妙に変えてみた。もう少し剥がれを強くすれば良かったかなあ・・・歴戦の戦士というほどになってないか。工作はあちこち合わせ目消えてない。

13

 マシンガンを構えてみた。なんか変? ポーズつけるの難しいよぅ!! 苦手っす!!

15

 この右肩についてるアーマー、さすがに分厚すぎませんかと思うんだけどなあ。細かい傷をもっとたくさんつけるべきか。 

 やはりアニメのキャラはデザインが完成されているから、本物の格好よさにはなかなか届かないね・・・とはいえ、スケールものと違ってどう作ろうが自分の勝手と思うと、気持ちいい。スケールもののほうが変な改造しても意外と「こういうのもあったかも」みたいな感じになる気がする。などというのも言い訳ですな。何はともあれ楽しませてもらったぜ!! 

飛燕の前にザク(ファインモールド1/72飛燕II型改製作記)

8

 五月の初めから片手間に作ってきた1/144ザクが、いよいよ大詰め。昨晩はもうノリノリで、二時間以上ぶっ通しで作業していたら、後でものすごく左目がいたくなってきた(作業中は気が付かないのが不思議。痛みも忘れてしまうんだね)。私は肩こりなどのせいで左目が痛くなる。

 モノアイは、いつものキラキラしたシールみたいなやつ(セリアで買ってきたやつだよ) やたらピンクでキラキラしてる。

 武器は、やっぱこういう色でなくちゃね!! 格好よかろ? あー久しぶりに武器作るとうれしくなるな、やっぱ。バイクに欠けているものはこれですよ。H2Rなんて機銃がついててもよさそうなもんだけど←おい!!

 マガジンは裏をふさげばよかったな。
 トゲのついたアーマーは、鋳造表現でザラザラにしてみたけど、なにかいまひとつモッタリしてる。トゲの部分しか剥がれないかなと思ってあまりこすっていない。

9

 ついに足を組み立てる。こうやって、最後にいよいよ組み立てるときの興奮が、ガンプラの醍醐味。人によってはもちろん途中で組み立ててみる人もいるんだろうけど、私なんか一度組み立てて外すと折れそうな気がするので最後の最後に組み立てる(実際途中で組み立てようとして、貼り合わせたところがバキッ・・・合わせ目が少しでてしまった汗

 飛燕は・・・一機は「あんときの飛燕」にするつもりだけど、もう一機は、そうだ!! 「なんちゃってBf109」はどうかな!? 以前からやりたかったんだよね。ドイツ機塗装格好いいもん。よし、それでいこう。
 久大線(久留米と大分を結ぶJR九州の路線)は145か所が崩れていたそうです。145か所!!(鉄橋はひとつ崩落) いやはや。それに比べれば模型作りなんか簡単なもんだ。

飛燕かザクか(ファインモールド飛燕Ii型改製作記)

2

 数日前、適当にリベット打ち始めた。雨も降るし、気分もよくない、せめてリベットだけ進めよう、という感じ。
 しかし、ひどいリベット(汗 むしゃくしゃしたままリベット打つのはやめたほうがいい。

 上が木綿針、下がヤナピーにもらったリベットルーラー。やっぱヤナピーのほうがいいな。この木綿針は太すぎた(木綿針にもいろいろな太さがある) しかもヨレヨレ。ま、いいでしょ大して目立たない・・・はずがねぇよ!! この飛行機銀色やんか!! 

 そう、こないだジュラルミンシルバーを購入したのはこれを塗装するためです。楽しみ~。

6

 HGザクIIはかなり進んだ。湿度が70%以上もあるけどザクならハンドピースから変な液体が飛び散っても、ま、なんとかなるやろ。こちらは下地黒です。

 えー私のコンセプトは「イスラエル軍の戦車みたいなザク」です。イスラエルの戦車だったら、やっぱあの玉がついたスダレみたいなやつがついてないとまずいかもしれんけど・・・。あれは作るの大変だよねー。

7

 こっちは装甲部分。しかしねー。ガンプラって最後まで組み立てないでバラバラに塗装しなくちゃならないから、最終的にどうなるかサッパリわからん。指定色以外の自分色にするとき、みんなどうやってるんだろう。スケッチブックに絵を描いたりして雰囲気を想像するのかな。私は適当にやってるから、とんでもない変な色の組み合わせになってる可能性あり。

 こちらの黄色の下地は、本物の戦車の下地色を真似した暗い赤色にしてみた。その後黄色っぽい色を二色くらい塗装して、それからこすって下地の赤が見えるようにした。塗装前にプラ自体も少し傷つけている。歴戦の機体、という雰囲気にするつもり。

 あと、お約束でミサイル六個失くしたので、ランナーから作った(涙 このキット1000円だから買ってもよかったけどね。あーあ。

箱

 これが箱絵。この絵のように三機で一小隊という設定なのかもしれない。でもさすがに三機は面倒なので、せめて二機を歴戦の機体と新品で作りたいと思ってるんだけど、二機作る気力があるかどうか・・・ま、先のことはわからない。

 今年になって、感染症問題(マスクをするのが苦痛でたまらない)、それに伴う展示会の中止・大分の本屋等に自由に行けないストレス、夫の定年による夫が家にいることによるストレス、そしてとどめに水害と、ろくなことがない。なんなんですかね、今年は。大切な50代の残りが消えていこうとしている。こんなのいやだ。絶対にいやだ。どうにかしたい。でもどうすれば・・・。

 やはり私は、なんJやつれづれコンペなどのお世話に活路を見出すしかない。そこが私の存在価値のような気がする。

ブログにコメントをくれる方へ(タミヤ1/12カワサキH2R製作記)

箱

 いつも拙ブログを読んでいただきありがとうございます。

 ブログのコメントのことですが、今後「通りすがり」系のハンドルネームの方はすべて削除します。このブログはIPアドレスがわかりますので、同じ人が別の名前を使ってもわかります。
 そもそもハンドルネーム自体が匿名ですが、その匿名の上にさらに匿名を重ねるという行為が私には理解できません。何か私に御用のある方はメールアドレスを公開してますので(kilala_1962@yahoo.co.jp)こちらにお願いします。

 これまでは飛行機を中心に製作記書いてきたのですが、H2Rを作り始めたら「おーこんなん作るんや!!頑張れー」みたいなコメントいただけるかと思いきや(汗、世の中そんなに甘くなかった。何度もくじけそうになりながらも、少数の方からは「製作記楽しみにしてますよ」とメールで励ましてもらったり、地元の展示会20周年を書いたりして気分転換を図り頑張ってきましたが、やっぱりもうダメです。精神的にきつくなりました。

1

 リベットを打っているところ。ファインモールド1/72。上の箱でもわかるように二機同時進行です(汗 
 しかし、久々に72見たら、小さいのなんのって。これにリベット打つって頭おかしいんじゃねぇの!! ほんとにもう。でも打つ。一応打つ。なんでって? 神戸で復元機見たときリベットが見えたから。資料は世界の傑作機。道具は今回初めて木綿針(今まではヤナピー製ローラーや、もっと太い針を使っていた) いつものように適当です。

 H2Rの製作記の中で飛燕II改も作るのは、2016年に神戸で両方同時に見たからです。バイクのこと書くのはもうコリゴリなので、飛燕の製作記を主に書いていきます。

ドヤ顔

 2016年、飛燕のドヤ顔。

 H2Rは翼の下に完全に入っている。飛燕のせいもあるけど、H2Rは意外と小さいんだなあ、というのが会場で見た印象。ただ、単に小さいのではなく、「ぎゅっ」と凝縮された感じ。くぅ~たまらんのう。スーパーチャージャーの鼓動が聞こえるようだった。飛燕の末裔。なんでもそうだけど、やたらと大きいモノよりコンパクトにまとまっているほうが格好いい。
最新コメント
人気ブログランキング
忍者admax
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
  • ライブドアブログ