つれづれプラモ製作記

自称飛行機モデラー・きららのプラモ製作とプラモの活動記録

スピーカーまでも叩かれる(ハセガワ1/72九七艦攻製作記)

10

 今回は、やはりいつもの透明プラで翼端灯作りをした。
 いつも書いてるけど、ガンプラのランナーです(息子が置いていったキットから拝借)

 かけらを接着して一晩置く。ここで焦るとポロリと取れるから、私は我慢します。
 色プラで作ると、塗装しなくていいのが楽。

11

 で、いよいよ次の日、金属ヤスリでガシガシ削る。気持ちいい~っ。
 周りを養生しておかないと一緒に削れるのてそれだけが要注意ですが。

 ま、少しくらいいいってことよ←よくねぇぞ

 ちなみに当然、うまくできたほうの写真を撮っています。というか、左右の大きさが違ってる。
 これ、切り欠きをするときに同じ大きさの切り欠きにしとかないと同じ大きさに仕上がらないんだね。やっと私のバカ頭でもわかったよ。つまり、切り欠くときがいちばん大事。いろいろ勉強になるなあ。
 
12

 滑り止め、機内色の部分などをマスキングして塗装始める。

 まだ少し色が薄い。この色も、本物の海軍色(中島色)をもとに、黄色や茶色などを混ぜて作った色。実機はもちろん深い緑色だったと思うけど、私は色褪せたような色をどうしてもイメージしてしまう。まだ重ねて吹いて深緑に近づけます。

部屋8

 じゃーん!! ついに買ったよ、スピーカー。
 お洒落な作業部屋にぴったりでしょ? いやー、これでいよいよ作業場カフェは完璧になったね。コーヒーが美味しい。

 けっこう低音がよく聞こえてジャズ聴いてもいい感じです。私はハードロックも好きだけど、とりあえず作業場ではボーカルなしのジャズをネットラジオで聴いている(気が散らないから)。実はまだ音楽のダウンロードってやったことがない。もしかしてそのほうが音がいいのかもしれないね。

スピーカー
 こういうカタチしてます(SRS-XB21というやつ) 税込みで12700円くらいだった。二万円以内ならいいなと思ってたからピッタリ。

 コードレスで充電して使う。アウトドアでの使用前提だから、防水機能もある。音楽に合わせて光る機能あり(暗いところなんかでは綺麗だろうね、私は消してるけど)。叩くとなんか音もするらしい(打楽器的な使い方)、しかしなんでもかんでも叩く世の中になったねえ。スピーカーまで叩かれるとは←おい!! まだ可哀そうで叩いてませんが、どんな音がするんだろう。
 ともかく、ハードな使用に耐えられそうなので粗忽者の私向きだと思った。絶対いつかコーヒーひっくり返して濡らしそうな気がするもん。間違いなく。

 〇マダ電機に行ったら、BOSEとSONYの二択だった(汗 ほかに黒と白の在庫があったけど、もちろんいちばん鮮やかなこの色にした。「どこに置いたっけ・・・」ってなったときにすぐに発見できるでしょ?

疲れたときには模型部屋(イタレリ1/72マングスタ製作記)

1
 遅くなりましたが、マングスタの箱。

 今年の爆買いツアーで発見したとき、すごくうれしかった。でも箱絵は・・・いまいち、というかはっきり言ってブタっぽくないですか? ハセガワの箱絵を描いている和田さんなんかが描いたら、どれだけカッチョよくなるだろうか。この箱絵じゃなあ。機関砲が機首についてたらこういう絵でもいいんだろうけど。

9

 塗装終了して(塗装といっても一度吹いたオリーブドラブの上から少し変えた色で一度吹いたぐらい)、クレオスのウェザリングマスターの茶色でウォッシングとスミ入れした。
 ちょい、やりすぎなのでもう少し拭き取ろう。

 ご覧の通り、凸リベットなんですよ!! 72でオーバースケールという人もいるかもしれないけど、私はいいと思う。ごついのが好きだもん。特に、単色だからこれくらいのアクセントは欲しいところ。このへんも、イタレリやるじゃん!!ポイント。

机

 今日はいつもの友人たちがうちに集まって、女同士のおしゃべり、えんえん四時間もしゃべっていた(汗 女ってすごい。
 私よりも年下の女性たちだから、彼女たちの情報をもらういい機会にはなっている。子育ての話も懐かしい。笑ったり盛り上がったり、そうねそうねウンウンわかるわかる~の共感しすぎに疲れ果て、彼女たちの帰ったあとはいつものように頭痛がした。
 反応の薄い男共が急激に恋しくなる。いちいち反応が多すぎるのも疲れるね。

 少し家の中を片付けたあと、作業場に戻った。
 逃避する場所があるのって幸せなことだよね。つくづく思った。反抗期の中坊でなくても、隠れ場所って必要ですよ。

 九七艦攻がいちばん左にチラっと見えるかな? もう塗装始まってますよ。

攻撃ヘリはいかが?(イタレリ1/72マングスタ製作記)

6

 やるたびに下手になるキャノピーのマスキング。
 とても大きくて簡単なのに、よれよれ。なんか激しくズレてるような気がするけどいいのかなあ。

 直接貼って、直接刃を当てて切り取る方法。

7

 塗分けはナシ。オリーブドラブ一色です。

 自分で作ったオリーブドラブだよ。試しに、クレオスのを買ってみたら、私のよりも少しグリーンがかっていた。オリーブドラブはよくわかんない謎の色。だから好き。

 ところで、マングスタではなくA129で検索したら、コクピットの写真が出てきたぞ(汗 検索が下手すぎる。

 いまだに、カネを払わず勝手に他人のアップしたものを検索できるということに、どうも納得がいかない。せめて一回10円でもいいからお金を取ってほしい。そのかわりプロバイダ料金がタダになるといいな。そのほうが納得いくお金の取り方だと思う。昔からずーっと思ってるんだけどね。

 なんでもかんでもタダというのはよくないよ。

8

 脚を接着した。二か所胴体に穴が開いていて、そこに一度に差し込むんだけど、これがピッタリで、パチッとはまる!! 気持ちいい~っ!! やるじゃんイタレリ。本気出してるね。

 脚やローターヘッドになんちゃってコードを這わせた。せめてものデテール追加。
 攻撃ヘリはキャビン部分がないから、ハッチを開けたりしない限りはわりと簡単なんだね。UH-60とかUH-1とかのほうがはるかに大変だよ。

ポスター
 告知がすっかり遅くなりましたが、大分県日田市にて今年も開催されます。

 「天領プラものづくり大会」
 日時:11月24,25日 
 場所:日田市産業振興センター(土産品を売っている所)

 場所が去年とは違うのでご注意。詳しくは開催要項を読んでください→我流会公式HP
 どなたでも無料で参加できますが、申し込みが必要です。ご理解お願いします。

 2001年に、「天領プラモデル大会」として開始、その後少しずつ地元に定着し、多彩な参加者を毎年迎え、名物フィールドキッチンなど、ほかの展示会では考えられない企画で毎年突き進んでいます。拙くても超絶でも、どれも自慢の作品に違いありません。あなたも、自分の恥ずかしいモノを堂々と人前に晒してみよう!! 病みつきになりますよ。

 会場では、私がお待ちしてます!! シモ話・・・もとい、模型話で盛り上がろうぜ!!
 

マングースと戦う(イタレリ1/72マングスタ製作記)

2

 イタレリのマングスタは、今年の夏、熊本で爆買いしてきたヘリキットのひとつ。正式にはアグスタ A129マングスタというイタリアのヘリ。マングスタはマングースのことらしい。ハブと戦う動物だよね。コブラとかバイパーとかいう米軍ヘリに対抗してるんだろうか。 

 まずはコクピットですが、このとおり、シートベルトがモールドされている。

 ちょっと、シートベルトにしては丸く盛り上がりすぎで、ヘビがへばりついてるみたいだから気になる人は少しペーパーかけて平らにするといいのかも。私はそのままです。
 あと、ヘリって操縦かんが二個ないといけないんじゃなかったっけ。そのへんは省略されてるのか・・・そのへんも気にしない。

 ネットで少し探したけど、コクピットの写真なんてないし、機体全体の写真もほとんどない。
 しかもCBTという、機首に20ミリ機関砲のついた型は写真があるけど(しかもそれのほうがカッチョいい)残念ながらこのキットの機体は写真すらほとんどない(私の検索が下手なのかもしれませんが)、まあいいや、これ幸いと何もせずに作る。ま、マングスタなんて誰も知らないだろうしな。へへへ。ここを見てる人の中で名前だけでも知ってる人が36人くらいだろうな←甘い見通し
 AH-1Sなどと同じく、前席がガナーで、後席が操縦という配置。

3

 珍しく、真面目にカリ組みをした。
 もう私も単なるトーシローじゃねぇんだよ!! フフフ。

 おおっ、なんか合いもなかなかよさそうだし、イタレリのわりにリキが入ってる? 自国のヘリコプターだから?

4

 だが、実際にコクピットを入れて接着するとなぜかそうはピッタリとは問屋が卸さない。
 不思議だねー。

 エンジンカバーの部分の分割が嫌ですねえ。このクランクみたいなの嫌いです。ウソでもいいからまっすぐにしといてほしい。

 画面中央の小さな突起物は恐らくライトなので、最後にUVレジンで作ろうかなと思う。よく見ると、胴体裏にも同じような突起物があった。もう少し大きかったら透明パーツで作るんだけど。この大きさは私には無理。

5

 武装。ロケット弾と対戦車ミサイルだと思う。機関砲はなくて、さまざまな武装を任務によって使い分けるという方式で、先日のタイガーUHTも同じような考え方だった。

 でも最近は機関砲つきの型になってるからやはりそっちのほうがいいんだろうね。

 確か今月に入ってから作り始めたから、いかにスイスイと進んでるかがわかると思います。もうすでに塗装まで行ってるんだよ。対戦車ヘリばかり作ってきたから、さすがに少しは容量がよくなってきたかなあ。
 ここのところ天気もよくて気候も暖かく、うれしい。昨日は、これ作ってたら頭の上でローターの音がする・・・UH-1でもないしロクマルでもないしなんだろう・・・と思ったら、AH-1Sの二機編隊だった。グッド・タイミング。最高のBGMだね。


どんどん進むよ(ハセガワ1/72九七艦攻製作記)

8

 雨の降る休日、といえば模型ですよ。
 湿度? それがですね、エアコンをつけていると・・・そんなに湿度が高くならない!! すごい!!

 裏側はご覧の通りのリベットなしのノッペラボー。でも美しい筋彫りがわかるでしょ、気持ちいい。主翼と胴体の継ぎ目が汚いのがわかりますね、恥ずかしい。尾翼が片方すごいスキマ開いてるのもバレバレ。ま、でも裏側だから良しとする←良くねぇよ

 私が作りたいと思ってる機体は、「米軍がとらえた日本陸海軍機」(KKベストセラーズ)という本に載っていた、鹵獲された機体KEB-306です。もちろんKEB-305とかにするよ。恐らく「それは有名な機体でしてね・・・云々」と意地悪な誰かにツッコミいれられるのは必定でありましょうから。
 ともかく写真では塗装剥がれまくりがカッチョいい。裏側は銀色じゃなくて灰色のように見えるんだけど、ハセガワのインストは銀だし、無塗装だったんじゃないかという気もしないでもないけど、自分的解釈で明灰白色にした。

 銀色の上に塗装したときは、マスキングテープに持っていかれやすいので、一晩置くことにしている。銀色じゃなくて黒で下地吹けばよかった。

9

 上側は、偏流測定線と滑り止めの部分を吹いてマスキングしないといけない。銀色の前にやっときゃよかった。こないた作ったばかりなのに、手順をもう忘れてる。

 写真でも、滑り止めは白っぽく写ってるので、灰色なのだろう。
 日の丸などはデカールを使う予定。だって白フチ付きなんだもん。
 偏流測定線は、昇降舵にはかかっていないタイプ。間隔や太さは適当です。

 しかし怖いくらいどんどん進んでるよね。ヒマだからせめて一機でも完成させて、模型の神様に奉納しなくちゃいけない。
 実は並行してマングスタも作ってるんだけど、これがまたいい感じなんだよ~作って良かった大当たりキットかも。とはいえ最後まで気は抜けないのが私のモデリング(笑 自分で自分が全然信頼できない(汗
最新コメント
人気ブログランキング
忍者admax
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ