つれづれプラモ製作記

自称飛行機モデラー・きららのプラモ製作とプラモの活動記録

排気管(タミヤ1/12カワサキH2R製作記)

29

 いよいよ排気管の焼けた感じの塗装をする。飛行機の排気管が焼けた表現というのは、茶色っぽくしとけばいいんだけど(むしろ機体についた排気の汚れのほうが難しい)、これは違います。きれいな色に焼けてるんだよね。

 まず、黒→銀で塗装してから、クリヤーオレンジを吹いてみた。ほんとに金色っぽくなるのかなあ・・・と思ったら、ちゃんと金色っぽくなるじゃありませんか。面白い。

 マフラー部分(一番太いラッパ型の部分)は、ふわっとわずかに色がついたくらいにして「ステンレス」っぽさを出す。マフラーの内側には色が違う部分があるのでそれもやってみるつもり。

30

 で、オレンジを一昼夜以上乾かしてから、マスキングしてブルーと紫っぽい色を吹いた。けっこういい感じではしょ。あ、でもまだ吹いてる途中です、完成ではありません。写真で一本足りないのは、ちょっとやり直してるからです・・・オレンジ吹いたあと、ポトっと落としてしまった・・・・嗚呼。
 四気筒だから四本なんだね。四本あるからどれがどこなのか頭がこんがらがってくる。そういえば、バイク作り始めてから何人かの男に「俺のは単気筒」って言われたよ・・・あーそうですか、はいはい。

 ちなみに、吹くこと自体はドイツ機のモットリングのほうがはるかに難しい気がするけど、こちらは小さい円筒状だから吹きにくい。焼け方は、神戸で撮影してきた写真をもとにしている。ネットで探すと、いろいろな焼け方をしたH2Rが出てくるけど。

 しかし想像以上に時間がかかってるね、もう六月も終わりに近づいた。
 昨晩はなぜかファインモールドの鈴木社長が夢枕に立ったんだよね。最近、夢の中に出てくる人がものすごくリアルで本当にお会いしてるような気分になる。やっぱファインモールドの飛燕作れってことかしらねぇ。

パーフェクト・ストレンジャーズ(タミヤ1/12カワサキH2R製作記)

28

 フロントフォークを組み立ててみた。はっきり言って銀色のところはもっとピカピカでもいいです。飛行機の脚だとオレオと言われる部分は黒っぽい。クロムメッキされているようです。指定ではガンメタルだけど、私はクレオスの磨くと光るやつのアイアン色。いっそ黒くしたほうがよかったかも。

実車

 こちら、実車(2016年神戸で撮影したもの) あーもぅやっぱ迫力あるわ。ディスクの穴、すごく大きくハッキリ見えるね。

 先日からの拙ブログへのコメント読んでいて気が付いたんだけど、もしかしてバイクなんかは「過去に乗ったか現在乗ってるか、もしくは今から買おうとしてるか」というような人しか語りたいと思わない(語ることがゆるされない?)ものかもしれない。バイクのこと何も知らず乗ったことも乗ろうとしたこともなく、単に「カッチョいいなあ~」なんて話をする人はいないのかも。飛行機なら「隼って格好いいね」「いやいや疾風もイイですよ」的な飛行機談義ができるけど、それはそうした飛行機って所有することがほぼできない(まあ復元して自分のものにしてる人もいないわけではないが)からで、そういうものは話題にすることができる。

 これって女にとっての宝石などと同じかもしれない。宝石について語り合うってのはあまりしないものね。宝石が好き、という人は、宝石を所有している人であって、持ってもいない買う気もない人がエメラルドやルビーについて語ることはほとんどない(見れば「綺麗ねぇ」とかは言うけど)。こういうものは所有する人だけが語ることができるのだ。

 だとすると、バイクモデラーなどというのはほぼ100%近くがバイク乗り(過去に乗っていた、という人も含めて)に違いない。乗りもしない、知識もない、単にそこらで見かけて「あっ格好いいな」と言って「これ作ろう」っていう子供じみた人間ってのは、もしかして私くらいのものかもしれない。というか、はっきり言うと「お前なんかが知りもせんで語るなよボケ」ってなもんだろう。

 というようなことに、作りながらハタと気づいた。「パーフェクト・ストレンジャーズ(by ディープパープル)」と呼んでもらえないだろうか。そういう奴も一人くらいいても・・・ダメですか。

つるんつるんへの道(タミヤ1/12カワサキH2R製作記)

27

 H2Rの前のフェンダー。さすがにこれは左右ふたつに分かれたパーツなので合わせ目消しをする必要がある。もっとも、私の接着の仕方が悪かったんでしょう。ほんとはもっとピッタリなんだろうけど・・・わずかな段差ができたので、「ああっ、懐かしの段差!!」と叫びながら神ヤスで平滑にする作業を楽しんだ。このキットってほとんど合わせ目消しがないんだもん。
 とはいえ、下手にサフとか使うと後で痩せたりするので、がりがり削って、その後丁寧にペーパーをかけていって、かなりつるつるになった!!

 まだまだ傷があったりしてそんなにきれいじゃないんだけど、私にしてはつるつるになった気がする。わーい。

 ウイノーブラックを吹いた上から、黒と黒鉄色(すべてクレオスのラッカー)を混ぜたやつを吹いてみた。まあこの色でいいかな。少し違う気もするけど。実車はメタリックブラックという金属色っぽい黒ですごく格好いい。またタミヤのプラの色もそれっぽい色にしてあり、はっきりいってこの色のほうがいいんじゃないかな・・・と一瞬思ったけど、モデラーとしてはプラの色なんかに負けるわけにいかん。

 1/12だからね、実車と同じ色を吹けばいいというわけではないのだよ。

26

 ホイールの内側にグリーンのラインのデカールを貼ったあとクリヤを吹いておくのを忘れていたので、再度タイヤを外してやり直したりしていた(やれやれ

 で、もう一度下側から写真撮った。スイングアームが片持ち式、というのがよくわかる。タイヤを交換しやすいからだそうです。レースでは迅速にタイヤ交換しなくちゃならないから。あと重量が軽いというのも利点だと本に書いてあった。

ひえん

 模型ってあれこれやってるようでも、写真に撮ってみると大したことないように見えるよなあ~。自分でもちっとも進んでない気がする。こんなことやって数時間も熱中してるって、たぶんモデラー以外の人に言っても信じないだろうね。
 
 実は、バイクの製作記って読者の方々には興味ないのかなと真剣に悩んで、こんなのも仕入れたんだけど(復元された飛燕と同じ型)、なぜかさほど飛行機を作りたいと思わないのでそのまま置いている。

アトオブザブルー

 1977年のELO“アウトオブザブルー” ヒット曲が何曲も入ってる。ポップなロックで、私の好きなハードロックではないけど、ま、懐メロってやつ。ファンではなかったけれどもラジオなどで繰り返し聞いた曲。

 二曲目の「It's Over」が好き。これ聴いてるといつも列車にゆられてるような気がする。一昨日、夕暮れの汽車の中で、この曲がくりかえし耳の中に聞こえていた。

文化財としての飛行機(ジュンク堂大分店に行く)

本屋

 四月の終わり頃から特急が運休になってしまい、大分方面へ行くことができなかった私、ようやく金曜から九州の特急が復活したので大分に行ってきた。復旧当日いきなり雨で線路に竹が倒れ掛かってきて遅れが出たりして、やれやれ・・・これから雨の季節になるから、いつどこの鉄橋が落ちるか崖が崩れるかわかったもんではない、ということはつまり行けるときに行き本屋に行って買えるだけの本を買ってこないと、次はいつ行けるかわからない。近頃の天変地異を見るに、そのような判断を下した私は、今日はもう欲しいだけ全部本を買うことにした(ジュンク堂大分店)

 張り切って行ったけどね、結局支払ってみたら15冊しか買ってなかった。大したことないね。自分では20冊くらいはカゴにいれた気になってたんだけど。思いっきり買って15冊。なんか涙出ますね。人間が小さい。

 そのあと久しぶりにデパートに行って夏用の服を買ったけど、「これもどうですか」と勧められた洒落たカーディガンの値札を見ると29000円。ひゃー今買った本15冊合わせたより高いわ!! 洋服の値段ってどうなってんでしょうね。しかも平気で三割引きとかするし。その三割、普段ボロ儲けしてるんですね。腹立たしいったらありゃしない。化粧品とか洋服とか、どうもいまひとつ好きになれないのはそのせいです。

空

 美しい夕暮れ。六月ごろは日が長いせいか、梅雨の晴れ間の美しい夕暮れがときどき見られる。こういうのを拾った喜びに浸れるのも年齢のせいか、若いもんにはわかるまい。 

本3

 「航空機を後世に遺す」(横山晋太郎/グランプリ出版)

 著者はかかみがはら航空博物館建設推進室主幹をつとめ、開館にあわせ多くの所蔵機を集めるために奔走したエピソード(これがけっこうドキドキハラハラの連続)を中心に、航空博物館を作ることになったいきさつから、航空博物館の役割、復元の考え方など、わかりやすく記している。決して文章の達人ではないけれど味わい深い内容で、毎晩少しずつ楽しみながら読むのに最高です。

 実は、2016年に修復をおえてお披露目された飛燕を神戸に見に行ったとき、飛燕の修復の考え方、というパネルがあり「日本航空協会」と書いてあった。「文化財としての修復」という言葉が新鮮だった。ただ、飛燕は川崎重工の財産でもあると思っていたので、川崎重工は復元だけをやって機体は航空協会のものである、というのは何か納得できない気がした。しかし、文化財となれば一企業の所有物というより、未来へ残すべき遺産として博物館が所有して管理し、ほかの航空機とともに歴史の中の位置づけを行って、きちんと残して人々に公開してゆく、というのが良い方法なのかなと、この本を読んで深く考えさせられた(※表紙は飛燕だけど、特に飛燕についての話が多いわけではない)

 なぜか私は幼い頃から、遺跡や考古学に興味を持っていたので、そういう興味がここで飛行機とつながるとは思ってもみなかった。
 あ、この本は今回買った本じゃなくて前回ジュンク堂で買った本です。

Don't Look Back(タミヤ1/12カワサキH2R製作記)

25

 排気管・マフラーは、色がやっぱり気に食わないので塗装しなおした。

 銀色の上にクリヤオレンジやクリヤブルーを塗装するという、よくあるやり方に落ち着くしかないか。
 ガイアの銀色塗料を買ってみた。なんとなくきれいで良さそうなので。スーパーファインシルバーより粒子が細かいような気がする。なんとなくね。

 前の車輪も組み立てた。インストを見て、ここはやっておいて良さそう、というところはしておくことにした。たぶん大丈夫と思うよ(汗
 今回もホイールの部分にグリーンのデカールを貼ったけど、間違って少し内側に貼ってしまって慌てた(デカールがものすごく余る) 落ち着いてやればどうってことないのにね。

 この後、フロントフォークという部分の塗装もしてみた。ここもクロムシルバーという指定にはなってるけど、ようするにピカピカな銀色でいい気がする。これもガイアの銀色で塗装(写真にはないけど)

 皆様方はオートバイに乗ったことがありますか? 私は操縦はできないけど、後ろに乗せてもらったことは何度かある。もちろん操縦する人に比べたら何十分の一かもしれないけど、あの気持ちよさ、まさに「風になる」感覚。前で運転してる男に命預けてます感がたまらない(本当はクルマだって乗せてもらってるときはそういうことなんだけど、一蓮托生感は全然違う)、いつもの景色が全然違うように見えますよ。一度は乗せてもらうといいです。できれば自分で乗るのがいいけど。私は、若い頃乗せてもらったときのこと・・・鮮明に覚えている。

 ひたすら前を見て走る。決して後ろは振り向かない・・・。バックミラーついてませんからH2R。
 “Don't Look back”  BOSTON なんか懐かしい。あのへんの、ELOとかスーパートランプとかエイジアとか、ネットラジオで聞いてて懐かしく思い出した。私らの時代の懐メロか。
最新コメント
人気ブログランキング
忍者admax
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
  • ライブドアブログ