つれづれプラモ製作記

自称飛行機モデラー・きららのプラモ製作とプラモの活動記録

前途が多難(1/72ミラージュF/1C製作記)

10


 ミラージュの合わせ目がどうしても消えない。ペーパーのかけ方に問題があるんだろうね・・・はやく塗装したくてたまらないのに。さらに問題点がいくつか浮上してきた。

 まず一つ目は排気口ですが、ハセガワのはちょっとなぁ・・・内側つるつるだよ。いくらなんでも、これはないよね。どうにかしないといかん。
 さすがエレールは排気口らしい雰囲気になってる。古いキットなのにすごい!! 感動した。

 あともうひとつの問題点はエレールの透明パーツのランナーがどっかいっちゃったという、あまりにも大きすぎる問題。別府の実家に忘れてきただけならいいんだけど。不安だ。

13

 こちらはハセガワのコクピット付近。

12

 で、こっちはエレールですが、ずいぶん違う形にみえる。
 目の錯覚じゃないよね? 成形色が違うからかなとも思ったけど。

 どっちがミラージュF.1Cらしいのか知らないけど。たはは。相変わらず何の参考にもならない製作記だね。

11

 ミラージュF.1Cってこんな感じの飛行機です。 なかなかいい感じじゃない?
 デルタ翼のミラージュとはずいぶん雰囲気違うでしょ?

 前途が多難となっておりますが、そのほうが製作記に盛り上がりがあっていいかなと逆にうれしくなってくる。さらさらと簡単に作ってしまったらツマンナイでしょ? 
 というわけで、先の読めない展開が続く。

手のかかる子ほど(1/72ミラージュF.1C製作記)

7

 これは何のパーツだと思う?

 サイドワインダーの翼端取り付け部分のレール?っていうの? アノ部分です。
 ハセガワのはさすがにそれらしい形だけど、エレールは棒状なので、ハセガワのを見て削った(上側がキットのパーツ、下側が削ったやつ)

 ハセガワの金属ヤスリ(通販でしか売ってないハイパートライツールね)はものすごくよく削れるので、作業がはかどる。私みたいな下手な人ほど、こういういい道具が必要なんだよね。
 道具が千円や二千円高いのは全然問題ない。作業のやりやすさには代えられない。

8

 同じくエレールのキットは水平尾翼の形もちょっと違うようなので、ここも削った。
 胴体との間に隙間があるでしょ? 実機は隙間があるんだけど、キットのパーツはここが隙間が空かないので、削ったの。

 なんかねー、自分でちょっと「手を入れてる」気分。なかなかいい気分ですよ。
 たったこれだけのことなのに。

9

 左がハセガワで右がエレール。

 実はハセガワのほうも胴体の合わせ方が相変わらず下手くそなので、パテ使ったりしてけっこう整形に時間がかかってる。
 接着するときに綺麗に接着すればもっと簡単なんだろうけど。何べんやっても下手なんだよなあ。何かコツがあるのかなあ。まだエレールのほうはもう少し整形しないと塗装できない。あと少し。

湿地 「湿地」(アーナルデュル・インドリダソン著/創元推理文庫)

 先日から作りかけのドーファンとのアイスランドつながりで、ネットでアイスランドのミステリ探したらこれが出てきたのでとりあえず手に取ってみると・・・。
 フィンランドのジェイムス・トンプソンも面白いけど、こちらはまた別の意味ですごい。推理小説の部分だけでなく物語の世界にあっというまに引き込まれ、面白くて一気読み。
 推理小説というよりはもうちよっと広いカテゴリで文学と言ってもいいかも。

 文章が(あくまで翻訳で読んでいるから、原文の味はわからないけど)、よく推敲されてる感じがして、余計なものがない。単に「謎解きもの」として言えば、シンプルかもしれない。暗く陰惨な話といえるかもしれない。でも単に怖いホラーものではない。もっと何か人間の根源にあるものを考えさせられるというか・・・つまりそういうものをブンガクというのではないか!?

 アイスランドの文化、風土、すべてが興味深いんだけど、ひとつ面白いこと教えましょうか。アイスランドでは基本的に名前はファーストネームしかないそうです。

 でもよく考えたら、苗字ってなぜいるの? いらんよね? 関係ないよね。あれは飾りみたいなもんでしょ。よく考えたらいらないことに気が付いた。つまり苗字っていうのはどこの家の人かっていう関係を説明してるけど、そんなことが普段必要かな? 日本人は「どこの家の人か」ということを常に意識して生きているんですね。

 米国人なんかは初対面の人でも親しくなるためにすぐに「ジョンと呼んでくれ」などと言う場面が小説によく出てくるよね。でも日本人はいつまでたっても「長谷川さん」とか言ってる。
 私、ファーストネームってすごく大事だと思ってる。それは親から自分への最初の大事なプレゼントだと思うから。いつか日本人も名前で呼び合える時代が来るといいなぁ。

ここ数日の状況(1/72ミラージュF1C製作記)

4


 エレールとハセガワの1/72のミラージュF.1C同時製作。このオリーブドラブみたいな色の成形色はエレール。
 もちろん主翼はこの通りイモ付けなので、真鍮線で補強することにしたけど、結局うまくいかずイモ付けした。さらに隙間もあくので、木工用ボンドやパテなどいろいろ詰め込んだ。 ま、72だし大丈夫でしょう。

 機首にはオモリをいれてみた。いらないかもしれないけど。
 飛行機のカタチを見ただけで「これはオモリがいるな」とわかる人もいるんだろうけど、私はどうもよくわからない。だから、とりあえずオモリいれとく。ちなみにハセガワのほうは忘れてたのでオモリ無し(汗

5


 今回も限りなく怪しい主翼の角度。決してこれを信じないでください。

 これはエレールの個性なんですよ。ということにしよう。

6


 例の隙間は埋めました。後で辻褄が合わなくなったら・・・ま、そんときゃそんときで考える。
 ここを見てる方々のお知恵を拝借するという手もあるしね。なんとかなるやろ。

 あちこちパテを盛ってます。結局タミヤパテに戻った私。おじさん達はみんなタミヤパテだよね? だから私も・・・・。

7


 こんなとこ、隙間空きすぎ・・・かなあ、ま、いいかこれくらい、塗装しちゃえば目立たなくなることを祈ろう。

凍氷 「凍氷/ジェイムズ・トンプソン」(集英社文庫)

 ジェイムズ・トンプソンが面白すぎる。
 前回ご紹介した「極夜」の次の作品なんだけど、さらに発展させた話というか、さらに面白くなってる。

 こういうミステリとかハードボイルドって主人公が共感できるキャラクターじゃないと私は話に入っていけない。
謎解きよりむしろ、そういうディテールが私には大事。まずはアルコールと煙草、そして少し暴力。これがないとね・・・。

 フィンランドの歴史も大事なプロットとして絡んでくるので余計面白かった。本当のことなのかどうかわかんないけど。やはり北欧って独特の歴史と文化で興味深いな。
 最近、息の詰まるような戦史の本ばかり読んでたから、エンタテイメントの楽しいことったらない。どんなに凄惨な事件でも「所詮これは作り話だもんね」と思うとホッとするから。

 それにしても、心の傷とか暗い過去とか、登場人物はそれぞれ色んなものを背中に担いでいるんだけど、じっさい人間ってそんなものかもしれないね。誰もみな、とんでもない失敗した過去とか人に言えない苦労とか、悲しい話とか、ろくでもない家族とか、いろんなことを抱えて生きているんだよね。
 そういう「ダメ人間の話」みたいな部分を読んだとき、若いときにはわからなかったことが、しみじみ共感できたりする。年を取るってのはそういうことか。

黒いのが好き(つれづれコンペ「ノーズアートの秋」その1)

こっそり1

 つれづれコンペ2017「ノーズアートの秋」参加作品をご紹介します。

 ■エントリーno.1 こっそり工房さん(50代)

 
 作品:ポールトンポール デファイアント エアフィックス1/72

 ジャンル:プロペラ機

 得意技:M愛

 コメント:大英帝国が誇る360度旋回四連装動力銃座搭載の駄作戦闘機。
 ご存知の方も多いと思いますが、後方(前方にはナイ)銃座が重くて鈍重なため役にたたなかったのに、勝手な思い込みとご都合主義のため1000機以上も生産された戦闘機です。
 でも、我々の周りにも似たようなコトはありそうなので、あまり笑えません。

 「ノーズアート」があってサックり作れ、すこしMな機体を物色し、1/48もありますが、エアフィックス新金型1/72の本機を選定しました。
 資料など一切見ず、メーカーの指示通り作りましたが、排気管と機銃口を開口し、英軍機の翼端灯は電球に色の付いたタイプが多いようなので、手を入れました。
 黒一色なので、思ったより早く完成、結構味わい深い機体で、48も作りたい気分にさせます。

 この飛行機らしく、シャークマウスが間抜けで、全然怖くないでしょ?

こっそり2

 以下青い文字はきららのコメント

 本当に本当に不思議なんですが、わざわざそろえたように好敵手が並びます。オジサンたちの脳の回路が似ているというだけのことなのか・・・!?
 黒い戦闘機その一は、デファイアントです。

 確か「駄っ作機」として有名なのでは。
 こっそり工房さんは後ろ向いて座る銃座って本当にお好きなようですね・・・。

 私の住んでいる九州もようやく昨日くらいから「(ノーズ)アートの秋だなあ」と思えるような気候になってきました、トップバッターは怖くないというか 目がイっちゃってる感じのシャークマウスという、脱力感あふれる感じがまた、いいですね。


こっそり3

 やはりこの機体も「やられ役」だったんでしょうか・・・しかしなんだかんだ言って連合国側は飛行機を次から次に生産する工業力とか技術力とか資源とか、いろいろあったんだろうなあと思ってしまいます。

 エアフィックスは、今もどんどん飛行機作ってるしね。なんか悔しいなあ。
 でもここはひとつ作ってみたくなるなあ・・・・

 完全つや消しだと思いますが、こういう黒い機体もいいもんですね。
 また、格好よく見える角度をわかってらっしゃるというか、そういうところにも愛を感じました。


はつたか1

 ■エントリーno.2 はつたか(五十代後半)
 制作ジャンル・飛行機、鉄道
 得意技・キットは素組(リベット打ちの時間でもう1機)
 作品名・未亡人は夜に跳ぶ・ノースロップP-61Bブラックウィドウ夜間戦闘機
 使用キット、ドラゴンⅠ/72

 コメント・お題と在庫が巧く合ったので、さっそく組みはじめたらこのキット、胴体と翼の接合部全てに隙間と段差が出来るという難物でした。
 切って拡げて埋めて削って、道路工事みたいなキットでした。塗装は黒一色で問題無し。
 デカールは貼り易い良品でした。ノーズアートを貼ると、一気に華やかになりました。
 一説には右舷側のお姉さんのコスチュームは青色という事ですので(デカールは両方とも赤色)、筆で青を差してみました。

はつたか2

 さあ迎え撃つ黒い戦闘機は、米軍機ですよ。

 P-38にカタチが似てるなあと以前から思ってましたが、こちらはノースロップなんですね、P-38とは何の関係もなさそうですな。物資の豊富な米軍らしい贅沢な機体って感じがします。

 半ツヤなのかな? 黒い機体も仕上げをどうするかでずいぶん雰囲気違ってきそうです。
 排気で焼けた部分がカッチョいいです。


はつたか3

 このノーズアートは超有名ですよねえ。
 しかも左右に描いてあるんですね、リキ入ってるなあ。さらに左右で色が違うとは!! 

 以前から思うんだけど、このポーズ、こんなふうに胸をそらしたりするのって、イイんですかね?
 私は女性なので、どうもこのポーズは謎なんです。これのどこがイイのかわからない。
 横たわってるのは、女から見てもわかりやすいんですが。

 あと、最近気が付いたんですが、男共は女の足がすごく好きみたいですね。女はつい「胸」とか思っちゃうんだけど、胸と足は(あと、お尻もね)同じくらいの比重ありますでしょ?

 赤いスピナもセクシーでいいですね。
 作るのは大変だったみたいで、お疲れ様でした。
 少し残念なのは土台が黒いので、若干地味に見えるんですが、これは違う色の土台だとまた全然違ってきそう。写真で損してるかも。とはいえ、こういうのが好きという人もいるかもしれませんが。

 リベット打つ時間でもう一本あける、じゃなかったもう一機作る、っていう心意気がいいですね。またひとつ完成して眺めながら・・・ちと気が早いが熱燗ですか。


-----------------------------------------------------------------------------------------------
 ■拙ブログ読者様限定コンペ「つれづれコンペ」

 ここをいつも見てくださってる方々の作品を見たいと思ってこんなコンペをやってます。
 日本の美しい四季にあわせ
 空冷の夏6~8月(すでに終了)、ノーズアートの秋(9~11月)、老兵の秋(12~2月)、ジェットの春(3~5月)というお題で飛行機プラモ作品を募集します。
 レギュレーションは1.それぞれの期間に完成した作品であること 2.拙ブログの読者であること

 写真は三枚(前から、後ろから、あとは自由に)、名前、年代、製作ジャンル、得意技、作品コメントなどを添えて、kilala397@hotmail.com または kilala_1962@yahoo.co.jp までお願いします。

 ぜひ気軽に参加してみてください。私の勝手なコメントつけるのでそこはお許しを。そして最後に一等賞を選びます。




 


わざとじゃないよ(1/72 ミラージュF.1C製作記)

1

 実は前回の更新をした直後、なんとなく胃がムカムカするなあと思ったら、夜中から本格的に気持ち悪くなりましてなんどか戻したりしてたんですが、朝起きると微熱が出てて、風邪だったみたい。

 今夜の晩御飯でやっと普通のものを食べたけど、それまでお粥ばっかりでへろへろになってた。でもお粥に梅干しって美味しいね!! ほんとは具合の悪くないときも食べてもいいんだけどね。
 まだお酒もコーヒーも飲めないし、楽しみが何もありゃしない。仕方ないから、模型作るか。

 これはもう先々週くらいの様子(すでに胴体貼り合わせている)、コクピットはネットで調べて、最小の手間で最大の効果を得られるか、頭をひねる(ってほどじゃないけど。結局自分のできる範囲内)

 いつものように、柔らかい鉛板のようなもので、シートベルトを作る。写真の上側がエレールで、シートベルトは彫刻してある。計器盤やパネル類も簡単だけど彫刻してある。こうしてみるとエレールもいいな。我らがハセガワのほうはデカールで表現。

2

 このシートは、マーチンベーカーMK.4という射出座席らしい。
 実機の写真とメーカーの写真と微妙に違うような気がする。やはり実機写真のほうを見て作るべきか。

 とはいえ、私のできることは・・・頭の後ろについてる黒と黄色のシマシマの取っ手みたいなやつ・・・いよいよ脱出するときに引っ張るヤツ(多分)。とにかく常に、赤や黄色のモノだけは作るようにしてる。そうすると老眼の人が遠くから見ると「おっなんか作り込んでますね」っていう感じになるから。

 なんかシートベルトがワカメみたいにふにゃふにゃになってますが・・・ま、気にしない←気にしろよ
 エレールのほうは操縦桿の位置が違ってますね、これは後で付け替えてます。

35

 そして今日もまた作業部屋で悲劇は繰り返されるのだった。やっちまった伝説に新しいページが書き加えられる・・・・汗

 先日の零戦三二型の主翼上のシンナーで汚れた部分、ほんの小さな部分だったんだけど、そこにリカバリの塗料を吹き付けようと、マスキングしたわけよ。
 いやー、ご丁寧に裏側までマスキングなんかしなきゃよかった。

 デカールだということを忘れてました。剥がした瞬間一体何が起きたのか、自分の目を疑ったね←それまで気が付かなかったってのが更に間抜け
 触るたびに汚くなっていくのが悲しい。リカバリのほうもあんまり大してきれいにはなってないし。

 あと、胴体のスミ入れを忘れてたことにも気が付いた。今からやるつもりですが、今度はアンテナ線が切れそうな気がして怖い。ふー。
 触らんほうがいいような気もするけど、零戦が「もっと触ってくれよ」と言うから・・・ハセガワだからMなんです、多分。

 というか疲れた。お酒飲めないのが辛い。 

 
最新コメント
人気ブログランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ