つれづれプラモ製作記

自称飛行機モデラー・きららのプラモ製作とプラモの活動記録

完成(マッチボックス1/72Fw190A-4製作記)

34

 今年一機目、なんとか完成したよ。
 なんのヒネリもないけど、人生初マッチボックス、凸モールドをそのまま作る会活動の一環として、よろよろと今年のスタート切りました。と思ってるうちにもう二月。

 唯一、機銃を金属パイプに置き換えただけは、全くなにも手を入れていない。

35

 ダイソーの三個百円の皿を裏返して、同じくダイソーの紙粘土の茶と白を混ぜただけをボンドでくっつけた土台においてみた。

 どう!? 土台効果ってあるよね。少しはマシに見える。あ、でも地面ひび割れすぎか(笑

 ちなみに、Fw190の機首にはカウリングがありません。普通カウリングである部分は胴体と一体になってるんだよね。そこが何となく中世の騎士の鎧っぽい雰囲気に見える(と私は思うんだけど)そこが好き。精悍な感じに見える。

33

 ピトー管がついてない(キットになかったので、作ってない)、もちろんアンテナ線も張ってない。胴体のデカールはキットのやつなんだけど、透けてるし黒い部分の色も汚い。ウォークウェイのデカールはなかったので無視。モットリングも大して上手くなってない。胴体上の塗装は本来機首のあたりはRLM75のはずなんだけど、全部RLM74で塗装している(インストがそうなってたから)。プロペラがなんか後ろに反ってる気がする(気づくのが遅かった)、プロペラ根元の銀色部分を塗装するのを忘れてた(もちろんキットでは塗装するような指示はない)。主脚のステー(というのか?枝別れしている部分)の太さと角度がなんか違ってる。コクピットはそのままだし、ブレーキパイプすら作ってない。スピナーが丸すぎる気がする。

 などと、ダメダメポイントを書くていくとキリがない。
  
36

 右側は去年作った、タミヤの・・・A-3だったっけ? 機首が短いのはA-4までだよね。確か。

 このマッチボックスやハセガワの旧版はダメダメな部分がいろいろあるけど、だからこそ、タミヤやハセガワの新しい奴が発売されたんだろうし。そのおかげでプラモも進化したんですよ。

 ほかにもキットが入手できたらまた作りたい。フォッケウルフは全然飽きませんね。次回は、もう少し綺麗に作ろう(と毎度思うが全然進歩しない)。一度くらいはアンテナ線も張らないとね。

酒1
 久々にかんぱーい。半月以上お酒を飲まなかったのは私にしては珍しい。

 まだ歯の治療は終わってないので、少しだけ。大好きな甲州です。シャルドネみたいな華やかさはないし、なんか少し渋みもあるけど、「甲州」っていう名前からしてシブいでしょ。

陰と陽(つれづれコンペ“凸モールドの冬”編その1)

ふろが1

 ■エントリーNo.1:ふろが
 ■キット名:エレール リパブリック F-84G サンダージェット 1/72
 ■作品名:凸線、銀、筆塗り︎

 ■コメント
 「凸モールドの冬」という素敵なテーマを拝見したとき、絶対参加したいと思い夏から密かに作ろうと思い続けていたキットが今回のエレールのF-84Gです。
 昔のエレールの1/72の製品群は、パーツ数も少なくて簡単に組めるわりに、すごく雰囲気良く仕上がる、組んでいて楽しいキットだと思います。今回のF-84Gもむちゃくちゃ楽しめました。
 凸線もパキッとしていて、銀塗装なので、筆塗りで仕上げました。凸線にはクレオスのリアルタッチマーカーを塗って綿棒などでぼかして、スミ入れっぽくしてみました。
 凸線キットと銀塗装は筆塗りが似合うと思ってます。凸モールド最高です。

ふろが2

 (以下青い文字はきららのコメント)
 つれづれコンペの作品がふたつ揃いましたので、ようやく公開します。早く公開したくてたまらなかったんですよ。だって、すっごく魅力的な作品でしょ!? 思わず作りたくなります。

 エレールって箱絵がお洒落で大好き。ヘアラインを筆で・・・という人は多いですが、えっ、これ全部筆塗り!? 変に頭の中で考えると大変そうだけど、実際やってみたらできるのかなあ。

 この後ろ姿なんて、セクシーでドキドキしますね。もうっ、ダメよっ、こんなの見せられたら・・・色んなところが硬くなりそう(意味不明。


ふろが3

 凸モールドをスミ入れ的になぞってられますが、クレオスのマーカーですか・・・便利そうですね。
 凸モールドをそのまま作る会としては、ぜひ取り入れたいアイテムです。

 翼端の燃料タンクがいいアクセントですよね。フランスのマーキングがまたお洒落。


はつたか1

 ■エントリーno.2:はつたか
 ■タイトル・平凡にして傑作
 ■使用キット・ハセガワ1/72グラマンF6Fヘルキャット

 ■コメント・2000馬力のエンジンで時速600Kmですから戦闘機としては平凡ですが、使い易くて頑丈、たくさん作れたという点では傑作ですね。
 負けずにキットも傑作で、各部の合いも良く、凸モールドのパネルラインも上品で実感的と思いました。デカール換えでイギリス海軍やフランス海軍バージョンも出して欲しいですね。。

はつたか2

 対するこちらは、黒光りしてます(汗 しかもパンパンに膨らんで・・・もうっ、バカっ、何言わせるのっ!!←自分で言ってるだけやん

 コメント読んでも、サラッと作られてる感じですが、張線などはきちっと張られていて、ちゃんと抑えるべき点は抑えてられますよね。

 もしかして、翼端がすごく薄い? そう、まさに「ヒコーキのハセガワ」ってこういうキットのことではないですか?(それとも自分で薄く削られたのかな)
 ハセガワの名器・・・もとい名機100、とかやってみたいですね。


はつたか3

 うーん、シブい。凸モールドには手をいれず、そのまま作ってますね。

 ところでいらん世話なんですが、背景を黒くされてるので、飛行機の色がわかりにくい気がします。もし白とかなら・・・この濃紺はもっと鮮やかに見えて良いのでは。でも作者はあえて、モノクロっぽい感じに撮りたかったのかもしれません。自分のイメージに沿った撮影なのかも。
 ただ、この飛行機を知らない人が見たらどういう色がわかんないと思うんですよね。

 えっ? ヘルキャットの色知らん奴はここ見てねぇだろ、って?
 確かになあ・・・そりゃそうかもしれんね。

 今回も、不思議な組み合わせ、まるで陰陽を表現するような対決となりました。皆様はどうお感じになりましたか?

------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 ●つれづれコンペ作品募集中

 12月~2月のお題は「凸モールドの冬」です。この期間に完成した飛行機模型の作品なら何でもオッケー。名前、作品名、使用キット名、コメントを添えて、kilala_1962@yahoo.co.jp までお願いします。
 写真は三枚(前から、後ろから、あとは一枚自由なアングルで) ただし、このブログの読者様限定です。個性的な作品をお待ちしてます。最後に勝手に一等賞を選びますのでお楽しみに。

 なお、3~5月のテーマは「挑戦の春」です。

Let It Go(マッチボックス1/72Fw190A-4製作記)

30

 いよいよ最後の難関・スミ入れ。毎回私にとっては試練ですよ。うまくいけば、めちゃうれしいけどね。下手すりゃすべてブチこわしだもん。

 エナメル塗料の黒に白少々混ぜて、濃いグレーでやってます。
 左側(右主翼)がスミ入れしたところ。やはりアクセントになっていいかなと思う。
 凸モールドをそのまま作る会会員が言うのもなんだけど、やはり凸モールドって古めかしい感じがするよね。

31

 
 全体にスミ入れしたところ。
 私みたいな下手くそは、いろいろとあの手この手で少しでもよく見せようとお化粧を施さないといけない。しかもそのお化粧があまり上手くないから余計苦しむ。

 それにしても、出たとこ勝負で作ったドイツ機色はなかなかいい感じになったと思う、あんまり紫(赤味)が強くないのが好き。もうちょい明るい色でグラデーションするとよかったかなあ。それはまた次の課題だ。

32

 脚の角度を再度調整したけど・・・あんまり変わってないや、がっかり。

 ま、肉眼でサッと見たらそんなにわかんないですよ。
 疲れたからこれ以上考えないことにした。過去は振り返らない(えっ、もう過去なの!? 

 まるで私の心を見透かしたように、ネットラジオから「Let It Go」が流れてきた(ジャズバンドの演奏なのでボーカル無し)。いい曲ですね。日本語の歌では「ありのままに」という歌詞になってたけど、「そのままでいいんじゃない?」という感じかなあと私は思っている。凸モールドをそのまま作るときの主題歌にしよう。

すべての道は(スペシャルホビー1/72AH-1S製作記)

14

 スペシャルホビーのAH -1S(トルコ軍仕様)にデカールを貼ってるところ。

 新しいので、貼ること自体は貼りやすい・・・というか、水に漬けて30秒くらいで貼れる状態になるので忙しい。
 しかし、ご覧の通り印刷技術が低いのか、ボワーンとした滲んだような印刷で、がっかり。
 一挙に気分が下がるね。なーんて、いっちょまえに萎えてみたりする。フニャ。

カレンダー

 某モデラーから、ヘリカレンダーを送っていただいた。わーい!! 

表紙

 数日前、NHKの朝のニュースで、「ガンダム40周年」を取り上げていた。
 その中で、ファーストガンダムなどのキャラクターデザインをされた安彦良和さんがこんなことを話していた。

 「(主人公のアムロ少年と母親は、お互いのことをわかってあげたいんだけれど、わかることができないんですよ」
 親子なのに、そしてもちろんお互いのことが大好きなのに、わかりあえない。どうしてなんだろう。自分の親と、そういうすれ違い、あるいは対立したり悲しい思いをしたことのある人も多いのでは? 私もそうでした。

 さすがガンダムの原作者、いいこと言うなあ・・・と、朝から胸がじーんとしてしまった。

 で、急に話が大きくなりますが、歴史の中で人間は民族同士の対立、宗教の対立、いろいろとありますよね。なんでだろう、先日ジュンク堂でちょっと面白そうな本を見つけて読んでみた。
 「教養としての世界史の読み方」(本村浚二著/PHP研究所)

 これ、ほんと、すっごくわかりやすく面白く一気に読めてめちゃくちゃオススメです。とにかく難しいことをとてもわかりやすく書いてくれてる有難い本。私、高校時代世界史の授業が苦手で、チンギスハーンとマルコポーロと西ローマ帝国に産業革命・・・って、言葉がいろいろ出てくるけど、それらがどうつながるかがまるでわからなかった。

 でも、道はすべてローマに通じていたのですね。人類の歴史5000年の4000年は古代史って・・・ほんと、そうやん!! 
 想像してみてください。人間は文字を発明する以前はどうやってものを考えていたと思いますか?
 戦争はなぜなくならないと思いますか?
 なぜ人間は違う宗教や違う考え方の持つ人間を許すことができないのか?・・・etc

 太平洋戦争の戦記など最近少し読んでるけど、ピンポイントの歴史だけ読んでも見えてこないものってありますよね。あるいは現在、日本が中国や韓国と付き合っていくのがなぜ難しいのかという問題とか、そういうのも世界史を知ると「ああもしかしてこういうことなのかな」とか、少しわかる気がします。いろいろ違う視点がみえてくる。
 

壺中天(マッチボックス1/72Fw190A-4製作記)

28

 脚の角度チェック!!

 なんか変ですかね? ま、大体いいや←よくねぇだろ!!
 目の錯覚ですよ。たぶん。

29

 今回は、タイヤを少し削って、自重で変形してる感じにしてみた。ここだけはちょっと自慢。いやこんなこと自慢するようなことじゃないかもしれませんが、最近すごく気になるようになって・・・丸いタイヤのままじゃオモチャっぽいでしょ。
 他人に言われたからじゃなく、自分でそう思うようになった、ということが私にとっては大事なんです。

 あ、ブレーキパイプ作るの忘れてたってのは秘密ね。

遠目

 半艶クリアをプロペラ以外に吹いてみた。一晩乾かして、明日の晩スミ入れして完成させよう。

 キャノピーを置いてみると・・・。
 おお~っ!! カッチョええ~!! Fw190ってばイイ男~!! やっぱ米軍機みたいなおデブはだめだね、戦闘機は筋肉質じゃないと。

 自画自賛のひととき。自分の部屋にある間は、他人の超絶作品と比較する必要もないし、怖いドイツ機ファンがそばで目を光らせてるわけでもない。自分一人で悦に入れる素晴らしい時間です(実際はこの画像を見てる人がいるわけなんだけど、それはまあ、そばにいるわけじゃないから)。

 昔、中国の人はこういう部屋を壺中天と呼んだそうな。小さな壺の中に、その中で完結する広大な天空が入っているとでもいったところか。まあ基本的には酒飲みの極楽みたいなことらしいけど、モデラーにとっては模型部屋のことだよね。
 こんな古いキットで一か月も遊ばせてもらって、マッチボックスに感謝だね。
最新コメント
人気ブログランキング
忍者admax
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
  • ライブドアブログ