つれづれプラモ製作記

自称飛行機モデラー・きららのプラモ製作とプラモの活動記録

人の世の(期間限定)

東別府

 一昨年撮った写真ですみません。大分県別府市の東別府駅。

 ここのところ、週に一度の割合で別府通いしている。父が肺炎のため。薬のおかげでだいぶん持ち直しているけど、高齢なのでいつどうなるかはわからない。そう思うと、週に一度くらいは顔見ないと・・・ってことになる。あとはもう、自分が後悔するかどうかということだよね、後悔したくないから行くことになる。父は、まあ、私をみると笑顔になるので喜んでいるのかな(でも私が誰なのかはわかっていないと思う)

 父は四人部屋で、他の入院患者はといえば、片麻痺の爺様(恐らく脳梗塞か何かの後遺症なのだろう、車椅子で移動できるし知的には正常だと思うけど言葉が出ない)、もう一人は半月前までは自分で車いすで動いたりしていて大きな声で騒いでいた爺様だが、先週から拘束されて点滴を受けている。たぶんもう、口から栄養を取れなくなっているのだろう。手に手袋のようなものをはめられている(自分で点滴を外そうとする)ので、いよいよ機嫌悪く騒いでいる。「外してくれんかー」「おねぇさんどこの店の人かい」等、私に話しかけてくるけれど(売れっ子ホステスと思ってるのかも・笑)、答えるとずっと話しかけてきて大変なのでニコっと会釈だけしておく。
 すると、右側が麻痺している人が車椅子でよいしょよいしょと近づいていって、なんとか拘束しているバンドを片手で取り外そうとするのだ(恐らく鍵がかかっているので絶対に取れない)。
 それを見ていると、笑ってはいけないんだけど、なんともコミカルな図に見えてしまう。男ってやつは、と思ってしまう。なんとか外せるのではないか、という可能性を試してみるのがある意味すごい。不屈の魂。それに他人の拘束を外してあげようとする気持ちが優しいな。

 父はしゃべることができず、恐らく話もあまりわからず、二人の様子を黙って眺めている(認知症のため)、もう一人の窓際の爺様はひたすら眠っている。もとはどこで何をしていた人かわからないけれど、病院はこういう雑多な人間のるつぼである。さらに、看護婦、看護助手、リハビリ療法士、掃除の業者、医者など、人間観察には事欠かない。しかし患者の家族には一度も出会ったことがない。

東別府2

 帰ろうと思って、東別府駅の駅舎に入ると(一枚目の写真)、駅長(または駅員)が出てきて「待合室はヤブ蚊が多いからホームのほうがいいですよ」と勧めるので、ホームに出て待った。ホームで待っているのは私一人。

 梅雨の合間の不思議な好天で、あまり暑くなく、風が心地よい。
 しばらくすると、再びその駅長(または駅員)がひょっこり顔を出して、「電車は6分ほど遅れて参ります、申し訳ありません」と言われた。普通の駅ならマイクでの放送だけど、直接話してくれるのが新鮮である。なんか得したような気がする。
 ところで、駅では「電車が参ります」っていうよね、これって謙譲語ですよね。「電車が来ます」でいいような気がするけど、へりくだった言い方をするんだ。古めかしくて、なんとなく好き。

 あとどれくらい父は生きているのだろう、などとふっと考える。少しずつ少しずつ衰えていってそのうち・・・。今はまだ、少し元気があって、「また来るからね」と手を握ると少し握り返してくれたりもする。
 でもそんなとき、なんともいえない寂しそうな表情も見せる。わかってるのかな。寂しいのかな。なんともいえず、別れ際が悲しい。認知症の人が何を感じているのかは誰にもわからないのだ。最新の科学をもってしても。

 今月は母の一周忌もあり、その段取りとか、結構この一か月いろいろとありました。

武装てんこもり(ハセガワ1/72AV-8B海自仕様製作記)

72

 面倒くさいなあと思って、後回しにしていた尾翼の部隊マーク・・・ようやく描きました。

 なーんか、イマイチかなあ。文字が赤ってのは日の丸に合わせたつもりなんですが・・・問答無用の「ゆき部隊」です。桜のマークのつもりなんだけど、桜に見えるかなあ。意外とスペースが狭くて描きにくかった。
 エナメル塗料を使いました。

68

 ちなみに、T-4を描いたときの画像。改めて今見てみたけど、こっちのほうが数段上手やん・・・涙

 っていうか、こんなふうに数字は下のほうにまとめて、部隊マークは56-012の部分に描いたほうがよかった・・・なんかいかにもウソっぽくなってしまったかな。

73

 サイドワインダーAIM-9L

 超絶な人はフィンを薄くするんだろうけど、私はそのままなので、なんだか寸足らずに見えるのが悲しい。

 サイドワインダーとマーベリックとAAQ-28ポッドは、こんなふうに真鍮線を入れて接着した(マーベリックは二か所)。時間はかかったけど、これでバッチリ。ちなみに爆弾GBU-12だけはわざとイモ付けしてみた。

75

 ひとつひとつ、慎重に取り付けていった。疲れるし泣きたくなるような作業だけど、それが飛行機ってものなのだ。最後にキツ~イ坂が残っている。

 うーん、ちょっと角度が・・という部分もあるけど、まあ、自分としてはわりとうまくいったほうだと思う。もう変にいじって壊すことになるので、このままにする。気を付けて見なければ大丈夫だろう←甘い考え

74

 いちばん恐ろしい、キャノピーのマスキング剥がし。
 悪い予想は当たって風防が少し曇っている。後ろ側はまあまあ。だけど後ろ側にはキャノピー破壊するためのあれ・・・なんていうんだっけ・・・変な模様が入ってるんだけど、あの恐怖のデカール貼らなくちゃならない。あーん、もう泣いちゃう。天山の機番も全然うまく書けないし・・・

 しかしそこは冷静に、取り外して磨くことにした。
 磨く? 本気か?自分 さらに悪い予感。透明パーツを磨くのってこの世でいちばん苦手なんだよね。ほんと一瞬部品請求しようかと思ったけど、今年はもうしないって心に決めたので(部品請求は一年に一度にしたいと思う)、なんとか頑張ることにした。クリアを塗装するだけでもいいかもしれないけど、それより前に一度は磨いてみたい。

 というわけで、取り外した。あーあ、余計見苦しくなるだけかもしれない。すごく悪い予感が頭の中にじわりと広がってくる。なんでわざわざ自分を追い詰めるようなことをするのだろう。
 なーんて、大げさだけどね。やっぱ大雑把だから模型つくりに向いてねぇ~や。

抱いてください(フジミ1/72天山製作記)

32

 話があっち行ったりこっち行ったりですみません。
 ハリアーは、半ツヤクリアを吹いて乾かしているところ。

 こちらは、フジミ1/72天山12型。機番を描いている途中で、ヘロヘロになったやつね。

 ついに魚雷を抱いてみました。
 魚雷側に、三本の突起(プラのは折れたので、真鍮線で作った)があり、それを穴に入れるんだけど、当然ながら苦労した。棒を穴に入れるなんて普段やったことないからね(意味不明

 なんちゃって抱締索(だきしめさく)も一応装着してるけど(伸ばしランナーをぐるぐる巻いた)、テキトーだから信じないでくださいね(信じる人いねぇか) なんかこう、ワイヤーみたいので固定してるんだろうね。

33

 排気で焼けた感じを塗装。演出です。
 カウリングは、わりとツヤツヤした感じの写真があるので、ツヤツヤしたままにする。
 それ以外の機体には半ツヤを少し吹いてみた。

 あとは機番を描いて脚を接着すればいいね。あ、アンテナ線・・・なくていいね←おい!!
 なんとか完成できそうな気がしてきた。

本3
 「96歳元海軍兵の遺言」(瀧本邦慶 語り/下地毅 聞き手 朝日新聞出版) 
 海軍の整備兵だった瀧本さんは、飛龍乗組員として真珠湾、ミッドウェイを辛くも生き延びる。その後トラック島に10機の天山を運んで行くが、到着後すぐに米軍の猛攻撃であっというまに天山はすべて破壊され・・・という話が出てくる。今も語り部として活動しているそうです。すごいパワーだね。

 朝日新聞嫌いの人でも、この本は面白いよ(笑
 飛行機好きだと、どうしても搭乗員の戦記ばかりを読んでしまうけど、やはりこういう人の話も読んでみると同じ歴史を全く違う方向から見る面白さを感じる。
 でもなあ、整備兵の話だから期待して読んだんだけど、なんとなくこれ読んだら整備風景作りたくなくなってしまった。本物の戦争ってこんなものなのか。

 数日前、また別府の父の見舞いに行った帰りに汽車の中で読んでいて、飛龍の沈没するシーンで涙が・・・何度読んでもあのシーンは涙出るね。本当にミッドウェイで戦争やめてほしかった。

 ※ところで私、間違ってこの本二冊買ってしまいましたので、読んでみたい方、送ります。ご連絡ください。kilala_1962@yahoo.co.jpまでどうぞ

つれづれコンペ告知(眺めてないで作れ!!

71

 いやー、カッチョええねハリアー。ひたすら自画自賛で悦に入って眺めてばかりいるから、全然完成しない。眺めてる時間が長すぎる。

 でも頑張ってスミ入れをした。クレオスのウェザリングカラーのグレーです。黒のほうがよかったかな。明日半ツヤかツヤ消しかどちらかを吹きます←まだ迷ってる

--------------------------------------------------------------------------------------------------------
 今年もつれづれコンペ(飛行機モデルのコンペ)を開催します!! お気軽に参加ください。手元のキットを完成させて見せてください!!
 レギュレーションは、拙ブログの読者様であること。それぞれの期間内に完成したものであること、おひとり様一作品、です。

 いろいろ考えたんですが結局去年までと同じ方法で、写真を三枚送っていただこうと思います。テーマは、

 1.成仏の夏(2018/6~8月までに完成した作品)
 2,迷彩の秋(9~11月)
 3.凸モールドの冬(12~2月)
 4.挑戦の春(3~5月)

 というわけで、この夏は作りかけで放置してる可哀そうなキットを成仏させてあげてください。

 写真は三枚ですが、今回だけは作りかけ状態の一枚も撮っておいてください。そしてなぜ放置したかの言い訳も添えて、kilala_1962@yahoo.co.jp までお願いします。
 お名前と好きな飛行機のタイプと、作品に関するコメントも忘れずに。作品が集まり次第、二作品ずつ随時公開させてもらいます。
 私が勝手なコメントつけて最後に一等賞を選びます。ものすごく勝手なことを書きますので覚悟しといてください。

ハリーアップ、ハリアー(1/72ハセガワAV-8B“海上自衛隊” 製作記)

69

 うわ!! 写真撮ると思わずあとずさりしたくなるくらい、汚いですね。
 いやー我ながらひどい。
 特に、水平尾翼の前縁はなんかズレてるのか・・・と思ってよく見たらパーティングラインでした。たはは。なぜか塗装するとすごく目立ってくるのよね。

 いい加減な機番を貼ったらなんとなくそれらしくなったかな(2がずっこけてるのは無視)、48のハセモノAH-1Sについてた数字。貼りやすいんだけど、水に漬けてすぐに貼らないと、砕けやすかった。何枚か失敗したけど多めについてたので助かった。たまにはハセガワも気の利いたデカールつけてくれてるね。

70

 今日は出かけもせず、家で模型つくり。久々にすごく模型が作りたくなった。お昼のニュースで「大分県日田市は35度の予想」とかいらんこと言わんでほしいわ。余計暑くなる。結局35度にはならなかった気がする。まだ湿度が低いから割と楽です。

 静岡でふっと「あの作りかけのハリアーをなんとかしよう」と思ったんだよね。どこかに出かけると、何かそれなりに答えが見つかるってことがあるでしょう? そうだ、今自分がやるべきは、これだ!! みたいな。

 脚が一個なくなってるのに気が付いた。必死に探しながら思い出した。あ、これ飛行状態だった(汗
 放置してるといろんなことを忘れているね。まさに時間の浪費。

 機首にも機番を貼った。自衛隊ならやっぱこのへんに日の丸と機番だよね?

全体像

 全体像。おおー、遠目にはカッチョいいねぇ。やっぱハリアーって格好いいなぁ、もう一個作りたくなっちゃう。

 なんで白いかというと、海自だから。あっでも、白いのは救難機ってことなのかな? たはは。ま、いいや。救難機っていう名目で予算を計上したんですよ。国会議員もハリアーって何なのか知らないから、それでまんまと救難機として護衛艦に搭載されるようになった・・・という筋書き(無茶苦茶やな) 日本では川崎重工が生産することになりました(えっまた川崎?) 日本も自国で戦闘機を生産したほうがいいと思うよ。いざっていうときのために。織田信長ならそうするだろうね。

本2
 「乱世をゆけ 織田の徒花、滝川一益」(佐々木功著/角川)

 題名に惹かれて読んだ。滝川一益って名前は誰でも知ってると思うけど、じゃ何をしたかというと・・・大河ドラマとか、織田信長の出てくるドラマには必ず重臣の一人として出てくるけど、具体的にはどこの領主だったとかは覚えていなかった。
 元忍者だったと言われてるそうですね。謎の人。こんなに魅力的な冷静沈着な人だったのか!? やはり戦国時代って魅力的な人がいっぱいいるよね。もっとたくさん読みたくなった。

 それにしても、つきつめていくと、男の魅力って私にはわからないんだよね。もちろん書いてあることは理解できるし、想像もするけれど、つきつめていくと、男にしかわかんないんだと思う。男が男に惚れる、みたいなのってやはり私にはわからないんだよ。くっそー!! めちゃくちゃ悔しいぞ。でもそれはどうしようもない、そのうえで、やはり歴史ものを読むのは面白いかもしれない。わからないから、また読みたくなる。模型と同じか・・・。
最新コメント
人気ブログランキング
忍者admax
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ