つれづれプラモ製作記

自称飛行機モデラー・きららのプラモ製作とプラモの活動記録

てんこ盛り

 今回、ローター軸を可動にしてみたんだけど、二重反転ローターなので、上下で同じ方向に回ったら困るわけね(トホホ
 (二重反転ローターなので、テールローターがない)

 せっかく工作したのになあ。
 でもまあ、これで「この工作だいたいできるじゃん」ってことがわかったからヨシとしよう。

 ローターブレードは端に白じゃなくてバフ(レドームタンって書いてある)を塗ってある。

 排気管。

 模型で排気管っていうと、何かと「見せ場」ですが、うっかりしていた。

 左右合わせると、中に入ってる仕切り板?のようなものはこんなふうにみっともない。
 たぶん「板状」のものが入ってるんだろうなと思う。

 左右接着する前に削ればどうってことないものを・・・
 アホだよねえ。・・・黙ってナイフで削る。

 適当な厚さのブラバンで仕切り板を作る(せっかく作ったのに、ちと厚かったか)。

 もちろん現物合わせで適当に切っていく。
 排気管の内側の合わせ目? はいはい・・・忘れてたよ、それも後ほど誤魔化します。

 男と女だって、現物合わせだよね、考えてみれば・・・
 世の中、計画通り、図面を引いて作るようなものはあんまりない。
 その場その場で合わせていくしかない・・・

 いやーそう思うと深いよね。
 なんて、いつも考え事をしながら工作するので余計失敗する。

 嗚呼、タミヤのキットが懐かしい。パテなんか使わなかった。

 こりゃまたパテのてんこ盛り。
 ひとつには、私の接着方法が下手なんでしょう。

 もうちょい左右を接着するときにうまくしとけば、ここまでひどくはないはずだ。
 けど、合いそうで合わない。

 人生うまくいかないよね。タメイキ。

 こんなに盛っても大丈夫なのか!?

 わからん・・・・

 うまくいかなかったら、捨てるかもしれない。もう崖っぷちだよね。
 そもそも私は、裏側は合わせ目残っててもいいっていうタイプなので(そういうタイプの人はあまりいないだろうなあ)、まっいいよ、適当で。

 あ、ちなみに凸モールドです。

 実は凸モールド初体験なんだ。
 やすりをかけると、凸モールドはどんどん消えていくけど、そもそも私は消えたスジ彫のことは忘れてしまうタイプなので(そういうタイプの人はあまりいないだろうなあ)。

 もしかして、彫り直すかもしれない。
 そうなると、凹凸スジ彫りが混在することになるけど、ええい構うもんか。

 幸い、KA-50のことを詳しい人はあまりいないだろうしね。フフフ。

The Weapon

 世間に向かって大っぴらには言えないことだけれど、私も軍用ものが好きな人のご多分にもれず、武器は大好き。
 でなきゃ民間型を作るよね。
 ミサイルとか機関銃とか・・・モノモノしい武器がいっぱいついてるとうれしい。


 これはたぶんミサイルだと思うんですが、片側に六個ずつぶら下げるようになっています。
 すげー。
 これと、束になったロケット弾?というんですか? そういうのもぶら下げています。

 武器は好きだけど、整形するのはあんまり楽しくない。
 面倒くさい。

 特に、この部分がコノヤロ的分割になってまして・・・・あら、私ったらつい汚い言葉を使ってしまって・・・失礼。

 だって、こんな小さな部分(ミサイルの燃料がここから噴出されて飛んでいくのだろうけど)が分割されていて、今回はどうにか失くさずにすんだけど、危ない危ない。

 分割されてる意味もよくわからない。設計の人の意地悪としか思えない。

 あ、写真に写ってる「押し出しピンの跡」も結局埋めましたよ。

 などと、ぶつくさ言いながら、ようやく整形が終わりつつある。

 ローターブレードも二重反転なので3枚×2で、六枚もある。
 ものすごく大きな30ミリ機関砲がついている。まるで戦車みたい。38(t)の大砲より大きいんじゃない?
 すごいですねーこんな物騒なもので、誰と戦争しようというんでしょう。

 しかしキャノピーの合いなんかまだ全然確認してないんですが・・・汗
 ドキドキするなぁ、もう。

DC-3の記事

 航空ファン2012年6月号。

 模型と模型に関する活字のことも、どんどん書いていこうと思う。
 以前は、自分が書かせてもらってるのでSA(スケールアヴィエーション)のことはあまり書かないようにしていたけれど、これからはそういうことは関係なく、気になるものはどんどん書くつもり。

 さて、山本さんの「佐渡にDC-3がやってきた」の第二回目。
 ここのところの騒動で、「航空ファン」を買いに行くのをすっかり忘れ果て、慌てて買いに走ったのは先月末。
 
 岩国(銀翼会の毛利さんが行った・・というか行ったけど行けなかったらしい)、鹿屋(私が行ったんだけどここのところの騒動でレポートを書けず悶々としている)、などの航空祭の記事をまずチェックし、それからDC-3スプーキーの佐渡での組み立て記事を読む。

 よく1/1のプラモ・・・という言い方をするけれど、まさにそれですが、さまざまな困難を乗り越える様子が面白くスリリングに書かれている。
 山本さんの文章を読んでいると、日本人離れした、というか、内容も考え方も「これ外国人が書いたものを翻訳したんでないの」と思うような感じ。

 映画撮影のためのDC-3なんだけど、山本さんのコダワリで、まるでプラモのディテールアップを行っていくような過程が面白い。

 昨日の空(Nikon クールピクスP90にて撮影)。

 いつかも撮ったような「宇宙船雲」がまたぽっかり浮かんでいる。

 こうやって書いていると、今まで書いていた頃のように見えるかもしれないけれど、実際は違う。
 実は、まだ活字がほとんど頭に入って来ない。
 模型雑誌や飛行機の雑誌ならいいけど、普通の書籍はダメ。
 大好きな「徒然草」を読んでも全く内容が入ってこない。

 文章から逸れて考え込んでしまって、さっぱり身が入らない。
 しばらくは、プラモを作ろう。

 まっいいさ、プラモデルはこんなときのためにあるのだから。

 とか思ってたら、「もうブログ閉じたから、この写真は掲載できないでしょうけどぉ」とか
 未練たらしいコメントとともに、色んな写真を送ってくる男共が・・・

 ああぁ~~、一体どうしたらいいのよ私?

KA-50の問題

 ちょっと工作してみたのですが、「えっ、そんなことしたの、もっとこうしたら」とか言われそうなので、モザイクをかけてみました。

 ひ・み・つ!!

 うまくいったら公開するね。
 工作には全然自信がないもので。
 失敗するかもしれないし。

 部品の整形などしてたら、二時間くらいあっという間にたっていた。
 正直言って、ボンヤリしてるとついマイナス方向に考えがシフトしてしまい、ものすごく落ち込んでくるんだけど、作業しているときだけは多少忘れられる。痛みを忘れる麻酔薬のように・・・。

 空気取り入れ口の形状がちょっとイヤらしい。
 (そういうことを考えてると必ずナイフで怪我するので注意)

 「問題発生」って何かというと、このキットにはインストとデカールが入ってなかったのである。
 ひゃ~!! どうしよう。

 今ごろ気が付くかよ!?と思うだろうけど、なんせ箱絵見て「かっちょええ~!!これ作るぜ」という小学生的モチベーションでスタートしてるから、そんなことに気が付く余裕がない。

 まっ、デカールは塗装で何とかするとして・・・
 インストがなくても組み立てられる・・・かどうか、少々不安だ。
 こないだ、「きららさんがもらったヘリ詰め合わせのプラモならほとんど持ってます」と豪語してた男がいたな、と、ふと思い出す。
 連絡をとると、どこからともなく調達して、次の日には添付ファイルで送ってくれた。
 対応が早い!! 更にタミヤ/イタレリ版なので日本語で書いてあるっ!!

 ありがたや。
 持つべきはモデラーの友。
 大事にしなくちゃね。
 

今度こそ、完成

 機首のアンテナが怪しいけど、まあとにかく、完成したってことにする。
 合いがよくて作りやすい・・・70年代のキットとは思えません。やっぱりタミヤらしいってこと?

 ローター基部がちょっと寂しいので、工作の上手な人はそのへんに手をいれるとよいかも・・・

 これで、35、72、100、と三種類のヒューイを作ってきた。
 あとはいよいよ48だな。

 でも、72のヒューイはやり残したことが多いので、もっと作りたい・・・。
 大好きだよ、ヒューイ♪
 今日も私の頭の上を飛んでいた。「ぼたぼたぼた・・・」という垢抜けない大きな音がすると、それがヒューイだ。

 ちょっと大きすぎるかな、というARMYの文字はホビーボスのデカール。

 先日カーモデラーから助言してもらったように、スジ彫に沿ってナイフを入れてフィットさせ、スミ入れはエナメル(グレー)で。

 国籍マークはSWEETのP-51のもの。赤線は、フリーハンドで入れた(汗 こっち側はどうにかうまく描けたけど、向こう側はへろへろ。
 これも若干大きいのかなぁ・・・微妙なとこですよね。

 全体に半ツヤを吹いた。
 小さいスケールなので、ツヤ消しだと色が沈んでしまうかなと思って。
 ちょうど私の手のひらサイズだよ。ちっちゃいね~

 こうやって上から覗くと、コクピットはよく見えるぅ!!

 だからね、こういうヘリはシートベルト作るとすごく映える。

 さて、このまま調子にのって、カモフKA-50に行ってみよう~!!
 と、箱を開けて、大変なことに気が付いた(真っ青

 というわけで明日に続く。


 
最新コメント
人気ブログランキング
忍者admax
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ