つれづれプラモ製作記

自称飛行機モデラー・きららのプラモ製作とプラモの活動記録

出撃不可

 金曜日の午後、身内が亡くなり通夜と葬式のため昨日まで留守にしていました。
 初七日が2/7なので、それまでは刃物を持つのは控えておこうかと思います。

 天寿を全うした人の葬儀でしたから、いい雰囲気でした。いい雰囲気、というのは可笑しいと言われますでしょうか、でも静かに息をひきとり、大勢の親族や知人に見送られて埋葬される人は幸せですよね。

 さて、バルキリーが今のところ順調に進んでいるので、これならもう一機行けそうだぞと思い、F/A-18Cも作ることにしました。
 こちらは「本物のフィン空」です(汗

 たぶんハセガワがうっかりして忘れているのだと思いますが、F/A-18のフィン空仕様ってリリースされていないような気がします。ドラケンは出ているので、そのうち発売されるのでしょう。

 どうも日本では米軍が人気あるようですね(特に現用機)。
 確かに米軍は日本に駐留しているから目につきますが、ついこの間の戦争では米国に負けたわけですし、そういう国のアイテムがいちばん人気あるっていうのは私には不思議です。
 もちろん米軍機は性能がいいとか、格好いいとか、そういうのはわかりますし、私は戦後の生まれだし別にアメリカが憎いとか負けて悔しいとかは思いませんが、何となくヨーロッパのほうに親近感を持ってしまいます。

 歴史、文化芸術などの面でも、ヨーロッパには非常に興味をひかれます。
 小さい国がたくさん軒を接している状態で、多くの人種と言語が入り乱れ複雑な歴史を持っていますよね。国境だらけの緊張感高い国々での戦闘機運用ってどういうふうにしているのだろう、興味深いです。

 けど、もしかしてヨーロッパのモデラーにも米軍機がいちばん人気あるのだろうか。
 そのへん知りたいような気もしますね。中国や韓国の人はどうなんだろう。

 ところでF/A-18の箱はバルキリーの半分くらいの大きさしかありませんが、中身はたぶん同じくらいの大きさと思います。

 実はもうひとつ、ハセガワ製品買いました。やはりキャラクターものです。
 ふふふ、なんだと思う? 当てたら偉いよ~。

 作りたいものは山のようにあるのに、またもや「作りたいものリスト」を増やしてしまったね。
 

  
 

 
 
 
 

マスクを剥がすとき。

 マスキングを剥がし、デカールを少し貼ると・・・・じゃじゃ~ん!!

 しびれるくらいカッチョエエですね。

 すでにこの時点で一度、ビールを飲んでもいいなと思う。
 でも我慢してもう少し塗装しよう。

 薄めた上面色などを吹きました。

 本当は垂直尾翼外側にもドクロマークがあるんですが、それは塗りつぶした、という設定。

 「西暦20xx年、墜落した異星人の戦闘艦ASS-1より得られたオーバーテクノロジーを巡って、地球上ではかつてない争いが繰り広げられていた。
 統合軍と呼ばれる国々は、可変戦闘機試作型VF-0を開発、反統合軍との戦闘に備える。
 その頃、北欧の小国フィンランドは自国の中立を保つため、ひそかに統合軍からVF-0を導入することを企てる。
 しかしすでに、反統合軍の攻撃は容赦なくフィンランドに迫っていた・・・

 VF-0の隅々まで熟知したパイロット、ロイ・フォッカーの乗機は、彼の旧友の息子・M.ハセガワ大尉の操縦で速やかにそして大胆にフィンランドに運ばれ、急きょ塗装されたのだった・・・・」

 という設定なのです(汗。
 無理矢理マクロスの設定を曲げておりますので、ファンの方々ご容赦ください。

デコっちゃいました

 一昨年作った、MS08小隊のグフ(バンダイ1/144)。

 ガンプラは何個か作ったことがあるけど、これが一番お気に入り。
 ザクも好きなんだけど、これはザクより洗練された感じ?

 箱絵のカラーリングです。ガンプラも自分で色を考えるとほんと大変。センスが試されます。
 でも久々に見るとなかなかいけてるじゃん。たまには自分の作品を見てやらなきゃいけないよね・・・

 私はプラモデルそのものに対する思い入れがないので、逆になんでも特に垣根を感じない。
 もちろんガンプラだってたまたまどこでも売ってるから手にしただけど、もっとかっちょいいものがあれば、それを作りたい。
 とにかく格好よければ何でもよし!!

 このグフの目と武器の部分・・・赤い丸いものは、デコ電シールです。
 百均に売ってるやつ。
 経年変化がどうなのかわかんないけど、とりあえずはピカピカして綺麗でしょ。

 というわけでデコっちゃいました(汗

 正月に、妹と現役女子高生の姪に会ったとき、色々教わったのだ。
 いきなり「えーっまだガラケー? ありえなーい」「ラインやってみ」
 から始まって、普段使うものに色々デコるのがはやってるんだよ、たとえば芳香剤とかにね・・・と教わった。
 「芳香剤にデコってどうすんの」という質問を危うく飲み込みながら、話聞いてると自分がどんどんオッサン化してるのがわかって何だか心の底がしーんとしてくる。

 モデラーのオジサマ方は、スマホどころか、携帯メールもあんまりしない人が多いし赤外線でメアド交換とかしないしだから写メ送ってこないし。
 懐かしき昭和の生き残りですから。でもそこが私にとってはホッとするとこなんだけどね。

 とりあえず模型関係のモノの中からデコれそうなものを探すが、なかなか見つからない。まぁ、このピンセットならいいか。

 そう思って貼ってみました。嫌ならすぐに剥がせるからね。でもすぐに飽きてちょっぴりしか貼ってない。ケータイとかにぴっしり貼ってる人はすごいよね。あの労力。
 大事なものにはこんなの貼りたくないし←結局デコりたくない心理
 あ、でも現用機のコーションデータを貼るのも結構すごい労力かも・・・あれもデコ電みたいなものかも。

 私の工具。

 せめて、入れ物をピンク色にして女子らしくしてます。
 なんで私はピンク色が好きなんだろうなー。

 不思議だよね。今日はそんなことばかり考えていました。

塗装は続く

 毎日更新するほどの変わり映えもしてませんが、マスキングし忘れた部分を黒く塗装してマスキングして、上面色を吹きました。

 画像では裏側の色との違いがわからないけど、下面は少しグリーンがかってグレーで、上面は紫がかったグレーという感じ。

 可愛いでしょ。急にサボテンが欲しくなって、買ってきた。

 サボテンに限らず、植物は人間の言葉がわかるというけれど・・・
 このサボテンもわかるんでしょうか。

 思うに、言語を解するというよりも、脳波とかオーラとか言うものを感知するんじゃないかと思う。
 そういう科学って、まだまだこれまでは解明されていないけど、きっと今後の時代には解明されていくんだろうな。
 今の機器では測定できない波動とか雰囲気とかいうものが、この世にはあるんじゃないだろうか。

 人間同士でも、「気が合う」とか「心が通い合う」とか表現するけど、それは単なる「気のせい」だけじゃなくて、本当に人の間にやりとりされるものがあるんじゃないだろうか・・・
 でも今はまだ測定したり観測したりできないので、「まさかそんなことあるはずない」で片づけられているんだけれど。

 その昔、人々が「電気」と聞いて「そんなの魔法だろ?」と思っていたように。

長い道のり

 マスキングをした。

 マスキングは正直言ってあんまり好きな作業ではない。
 それでも剥がすときの快感には抗いがたくて毎度マスキングを施している・・・わけじゃなくて仕方なくやってるだけです(汗
 写真に写ってるけど、キットにはデカールがちゃんとついているので、黒い部分はデカール貼ったほうがずっと早いかもね。

 マスキングとかデカール貼りをしてると、呼吸が浅くなりませんか?
 いつも思うんだけど、モデラーって、一時間に一度くらい外に出て深呼吸したほうがいいかもしれない。
 軽くストレッチとか。

 そういう「モデラーのための健康法」みたいなの、模型雑誌に書いたらいいのにって、こないだJMC東京で横山宏さんと意気投合した。
 なんか変なとこで気が合うというか・・・そんな「変な話」でもどんどん乗って話していけるというか・・・そこがオモシロイのです。

 ←意地悪な飛行機モデラーに捕まったきららを救いに来てくれたヨコヤマン(横山宏氏。格好いいでしょ)去年の静岡ホビーショーにて。

 でも横山宏さんって本物のアーティストなんですよね。知ってた?
 少し前の話になるけど「ブルータス」1/1,15合併号にス・ドホという韓国のアーチストとコラボしたこともある、という記事を読んだ。ほかのアーティストの目を通して語られる横山氏は、本物のアーティストなんだなあと改めて感じてしまう。

 確かに「ブッとんだ」雰囲気もあるけど、モデラーとしての横山さんはとても気さくだから。

 写真を撮ってマスキングを忘れてた部分に気が付いた。やれやれ。

 だけど、こうやって全体を眺めてみると、なかなかかっちょいいねぇ~。
 バルキリーなのかヴァルキリーなのかわかりませんが、とにかくかっちょいい。

 下面色と上側の色は微妙に違う色を作った。
 フィンランドのF-18などを見るとそんなふうになってるみたいなので。
 全部同じ色で良さそうなもんだけど、微妙に変えてあるんだね。

 塗装は楽しいけど、さてこれから透明パーツ取りつけという難関も待っている。うまくできるかなあ。

 それでもどんどん行っちゃう。作りたいキットがたくさんあるもんね。特にローターもの・・・作りたくて作りたくてたまらないよ!!

 ともかくはこれを完成させて、それから・・・まだまだ長い道のり。


 “Love is a long(long) road”(Tom Petty & The Heartbreakers) 
最新コメント
人気ブログランキング
忍者admax
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
  • ライブドアブログ