つれづれプラモ製作記

自称飛行機モデラー・きららのプラモ製作とプラモの活動記録

DB601兄弟(つれづれコンペ“初体験の夏”その3)

hikinon1

 ■エントリーNo.5 hikinonさん

 タイトル 「夏空の下愛機と共に」
 使用キット メッサーシュミットBf109 G-6 タミヤ 1/48

コメント 美徳さんの素晴らしい作品の後で誠に恥ずかしいのですが、無謀にも第二次大戦機、それもハードルの高いドイツ機であります。
 普段はAFVと現用機ばかり作っていますが、前回「名機の春」に多くの大戦機が出品され刺激をうけました。もちろんプラモ全盛の頃に育った身ですので子供の頃にゼロ戦くらいは作りましたが・・・ということで、初心者に優しいタミヤのキットの素組みです。が、それだけでは能がないのでビネット仕立てにしてみました。
私は模型を作ることが好きなのであり、実機のことは何も知らないのでツッコミどころ満載でしょうが、そこは初体験なので笑ってスルーしてやって下さい。

hikinon2

 青い文字はきららのコメント

 夏の似合う男、hikinonさんの作品が来ましたねぇ~!! 待ってました。
 初体験のドイツ機? それでいきなりジオラマ? すごいなあ。土台の芝のグリーンがグレー系に沈みがちな色のドイツ迷彩を引き立ててますよね。
 書いてないけど、人形も腕の角度を変えたりして動きを出してるんじゃないでしょうか。このキット確か新しいやつですよね、それなりにパーツも多くインスト通りに組み立てないとタミヤ様の鉄槌が下って組み立てられなくなるという・・・汗 でも多分AFVの方は普段パーツの多いの作りなれてるからこんなの簡単でしょう。


hikinon3

 全体はウォッシング? こういう雰囲気好きです。

 モットリングは、ちょっと水玉模様ぽくてカワイイ感じになっちゃってる気もしますが、実機もこんな感じかもしれんし(汗、私もウッカリ下手なこと言うと怖いドイツ機モデラーに叱られそうなので、やめときます(汗

 モットリングってドイツ機つくるときまずは悩むところですよね。あと排気の焼けてる感じもぜひ次回はやってほしいなあ~。でもちゃんとアンテナ線と張って碍子なんか付けてるのが「初体験」らしくなくて・・・「お前、ほんとにバージンか?」とか聞かれるタイプですね。初めてのときって血が出たりする人いるらしいですが、私は出ませんでしたよ←おい!! 

ランラン2

 ■エントリーno.6 ランランパパさん

 仕用キット:ハセガワ 1/48 マッキC.202フォルゴーレ
 タイトル  :イタリアブランド マッキ社C.202

 シュナイダー・トロフィー・レースの水上機で有名なマッキ社が初体験で陸上戦闘機を作ったのが、空冷エンジン使用 C.200 で液冷エンジン使用がこの C.202 フォルゴーレです、さすがに イタリアブランド スマートでかっこ良いデザインの機体です。
 この液冷エンジンはダイムラーベンツDB601で Bf109 や 飛燕 にも使用されていました、飛燕の空冷エンジン使用はご存知の五式戦闘機です。

・1941年 夏の北アフリカ戦線・
 イッヒ・リュウベ参謀 : 「将軍イタリア空軍の1個飛行大隊が援軍に来てくれました」
 ロン・メロロン将軍   : 「なに~! ヘタレア軍が、本国で女のケツでも追いかけていれば良いものを、これでは2個飛行大隊を使って守ってやらんといかんじゃないか!」

ランラン1

 この作品来た時、わーい、やったー、と思いましたね。いつも絶妙なタイミングで送られてくるんだもん。DB601対決です。

 こちらはご自分の初体験ではなく「マッキ」が初体験という・・・なるほどねえ。そして、夏の北アフリカ戦線!! 
 Bf109よりも少しコクピットが後部よりのように思えます。そこが妙に格好いい。あと、スピナ、帯、尾翼と、要所に白を配したデザイン・・・いやーさすがイタリアン。


ランラン3

 ご本人はまだまだ納得いかれてないようですけど、斑点迷彩も力強くてカッコいいです。このマッキのはあんまりふわっとボケ足あるより、これくらいのほうがいい気がします。でも、微妙に濃淡があるともっともっとリアルになっていくんでしょうね。しかしとにかく、スミ入れなどを含めて作風にあった雰囲気の斑点だと思います。技術は誰かのを真似できるけど、作風は本人しか持ってないですからね。そちらが大事ではないでしょうか。

 あと、ヘタレア軍が来て余計大変なことになっちゃってるメロロン将軍のシュトルヒとかあると、話が面白くなりそうですね。

 リュウべ参謀「しかし将軍、イタリア産赤ワインを100ガロンほど、土産だそうです」
 メロロン将軍「何っ!? そうか・・・まぁそれなら・・・よしこちらに運べ、味見じゃ」



生き残り(ファイン1/72飛燕II型改製作記)

17

 前回「黒い飛燕」なんていって悦に入ってたけど、やることあるだろ!? ほんとにもう、いつもこれ忘れるんだよ、どんだけ忘れれば気がすむのか・・・

 敵味方識別帯と日の丸を先に塗装しないといけなかった・・・・汗
 実は日の丸はデカールにしようかと思ってたんだけど、やっぱ塗装することにした。神戸で見た飛燕も、こうしたマーキングの部分はシールだったからデカールでやるほうが雰囲気出るかなと思ったんだけど、銀色の上に貼ってうまくいくかなあという不安が出てきて、やっぱり塗装することにした。

 ああもう、黒く塗装するのはこういうのをした後でよかったよ。
 今日は、ハセガワ新製品のあるバイクのプラモが入荷したお知らせメールが近所の模型屋から来ていた。まだバイクはいくつか作りたいのがあって、作る順番も決まっている。

エイジア

 この一曲目を聞くと「夏ぅ~」って感じがする。昔の夏。80年代の夏。もうこういう夏はなくなった。毎日ウンザリするような猛暑日の夏。あの夏は音楽の中だけに生きている。

 やっぱ私は「そぅ~サバイバー」でしょうか。“Sole survivor” たったひとりの生き残り。この曲がいちばん格好いい。80年代はハードロックもプログレもポップになった時代でしたね。ちなみにボーカルのジョンウェットンは、先日「手を洗ってるジャケットのCD」でも歌ってた人でした。わりと好きやね。

 飛行機モデラーが飛行機作ってるとき、孤独感がひしひしと押し寄せてくる。たぶんこの1キロ四方に飛行機モデラーは一人もいないだろう、そう思うと・・・1キロ四方って狭い? たはは。

黒い飛燕(ファイン1/72飛燕二型改製作記)

16

 あんまり綺麗になってないけど、塗装始めた。いつもこうなんだよね。ペーパーかけにすぐ飽きちゃう。
 片方は銀色に塗装するので、まず黒くする。悪役っぽくていいね~。悪の飛燕。

 あ、脚カバーにリベット打つの忘れてた・・・超面倒くさい。でもやんないと目立つしね。

so

 交差点で、青になるのを待っていると、どちらの方向も一瞬赤になるときがあるよね。それで次の瞬間どちらかが青になる。そしてクルマの動き出す瞬間、いつもこの曲のイントロ(尺八のフレーズの後ね)が脳内で聴こえてくる「スレッジハンマー/ピーターガブリエル」(ヒマな人はユーチューブで聴いてみてください) 自分の周りが、このミュージックビデオみたいに動き出したら面白いのになあ。いきなり誰かが踊りだしたりね。フラッシュモブというパフォーマンスを聞いたことがあるけど、ああいうやつ。

 I wanna be your sledgehammer
Why don't you call my name
oh let me be your sledgehammer
this will be my testimony


 おまえのハンマーになりたい
 (ほかのヤツじゃなくて)俺の名前を呼んでくれ
 おまえ専用のハンマーにしてくれよ
 それだけが俺の存在価値だから

 スレッジハンマーって、大きなハンマーらしいですが・・・まあ、たぶん、そういう意味なんだろうね。若いころはなんでハンマーになりたいんだろうと思ってたけど。

消すよりも復活するほうが難しい(ファイン1/72飛燕II型製作記)

14

 おかげ様で機首はかなりつるつるになってきた。つるつるに・・・イマイチやな(汗。
 しかしスジ彫り復活するのが気が重い。合わせ目消すより、失われたスジ彫りを復活するほうがはるかに難しい。特に最近は神ヤスを使っているので合わせ目はわりと平気で消せるようになった。ちなみに復縁というのは一度もしたことがありません。愛もモールドも消えてしまったらハイそれまでよ。

 もちろん、さすがの私もマスキングテープで養生は(なるべく)している。それでもつい面倒なとこについてる空気取り入れ口?ですかね、小さな胡麻つぶみたいのがあるんだけど、「こんなのもういいや」ってのがあるんですよ、それは消えていただきました←おい!! 人生で大切なものはゴマ粒かそれとも完成か。そのへんの優先順位をつけるのも模型製作には必要なのだ。
 あ、機首はプラペーパーなども挟んだりした。けっこう隙間開いたから。ま、最近は古いキットなども作ったのでこれくらいでは驚かない。

 15

 フィレットは隙間というより段差がついてたんですが、胴体のフィレット側を削ってなんとか辻褄を合わせた。機首にしろこの部分にしろ、本当の形とは違う形になった可能性あるけど、許してね。完成することの前では、そんな小さな違いなど無いに等しい。というくらいの強い気持ちで前に進みます。

 なんせ、まだまだ作りたいものがいっぱいあるもんでね・・・。

おじさんは眠くなる(ファイン1/72飛燕II型改製作記)

11

 機首の上側はまだちゃんと隙間消しが終わってないんだけど、もういいや・・・と、主翼を接着した。フィレットも適当に削ったからきれいになってるかわからない。隙間には瞬間接着剤を流し込んだ。これで埋まってなかったらパテかな。

13

 パテ大盛りが続く。胴体下のラジエーター空気取り入れ口は別パーツになっているので、ここも合わせ目を消す必要がある。

 早く固まるパテは光を当てるやつとか、いろいろあるけど「おじさんはたいていタミヤパテを使うんだよね」といつか地元の展示会で誰かが言い出して「そうだそうだ」って話になったことがあった。そのとき肯いていた私もやっぱりおじさんだね。ほかのも使ってみたけど、どうもいまひとつ自分には合わないみたい。ただしタミヤパテを盛ると一晩おかないといけないのが、まどろっこしいんだよね。でもまあ、おじさんは風呂から出ると眠くなってすぐにぐぅぐぅ言い出すから、まあそれでいいんです。ビールを飲んで眠くなり、風呂から上がって眠くなり、暑いところから涼しい部屋に入ると眠くなり、ご飯食べると眠くなり、とにかく何かと眠くなる。で、いつかそのまま目が覚めなくなって・・・・うぎゃー、それはまだ勘弁してくれ。

12

 後ろ側の空気の出ていく部分は、右側みたいに分厚かったので、あわてて削って薄くしているところ。先にやっときましょうポイントですね。

■展示会告知訂正

 昨日も書きましたが、先日告知した下関巌流会、広島乱流会の展示会は中止となりました。また、北九州銀翼会は10/17,18→10/24,25 に変更となりました。
 今後も変更が多くなると思いますので、今年の展示会はあらかじめ出発前にお問合せのうえ行いってくださいね。
最新コメント
人気ブログランキング
忍者admax
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
  • ライブドアブログ