つれづれプラモ製作記

自称飛行機モデラー・きららのプラモ製作とプラモの活動記録

くどい(ハセガワ1/72Su-33フランカー製作記)

前

 今回は忘れずに、まずはスミ入れ前の写真を撮った。

後

 そして、スミ入れ後。

 してる最中は気が付かなかったけど、一夜明けてよく見たら、スミ入れが黒くてくどい気がする。真っ黒ではなくて少し白を混ぜたつもりだったんだけど。
 
 でもこうやって写真に撮ると、まあこれくらいで丁度いいんじゃない? って気もするし、なんだかよくわからん。もういいや。ジェット機って72でもけっこう表面積が広いね(疲れた)。やり直すと汚くなりそうだし。

 すごく作りやすいキットだったけど、インテーク入口は薄く削るべきだったかな?
 なんといっても大事なとこだもんね。
 「きららさんのインテークを俺の道具でこすらせてくれよ」などとシブい飛行機モデラー(59歳)に言われたことは一度もありませんが、そういう人も模型部屋で大事な飛行機モデルのインテークを削ったりしてるんでしょうか。 

 さあ、あと少し。なんとか六月中には完成させよう。そしてヘリに戻るのだ!! よ~し!!

スミ入れ突入(ハセガワ1/72Su-33フランカー製作記)

39

 裏側をエナメル塗料でスミ入れしたところ。

 おおーっ、かっちょええぞ~!! もしかして、フランカーってカッチョ良かった? こりゃどうも失礼いたしました。

 というか、現用機もそれはそれでいいもんだなあ。特にフランカーはマクロスぽいというか、悪役ぽいという感じがいいね。ほんと昔から正義の味方がきらいだった。人間もそうだけど、清く正しく美しすぎると面白くない。かといって、セコい奴は問題外だけどね。 

 スミ入れ前の写真も撮っておきゃよかった。
 ところどころ塗料で繊細な筋彫りが埋まってしまっていて、慌ててドキドキしながらちょい彫りする場面もあったけど・・・
 排気管はつや消しクリヤを吹いたけど、半ツヤくらいがよかったのか。

 あと、ミサイル類をパイロンに接着したりしている。それと、キャノピーのパーティングラインも消しました。いろいろやることがいっぱいあるね。ストレートで作るだけなら、やはり大戦機のほうが楽かなあ(弱気
 少し飽きてきたけど、スミ入れしてようやく目が覚めた感じ(笑
 あとはもう完成させるだけ・・・・(大丈夫かな

模型屋に乾杯

乾杯

 今日は少しうれしいことがあったので、乾杯(いや毎日乾杯してるだろ?というツッコミは無しね)

 久々に模型屋へ行ったら、模型屋さんが店番をしていたのだ。
 実は模型屋さん、今年に入ってすぐ体調を崩し、滅多に店番をしていなかったので、私は一月以来会っていなかった。模型屋さんのプライベートなことなので書いてなかったけど、ここ数か月ものすごく寂しくて私のほうも凹みそうだった。

 店に行くといつもお父様が店番しているので容態を聞くと「それが・・・検査しとるけど原因がわからんで・・・すんません」と顔を曇らせるし、私も静岡ホビーショーに行ったりあれやこれやで、ここ二か月くらいはなんとなく行くのを避けていた。

 でも、そろそろ祇園も近づく季節だし、もしや・・・と思って行ってみたのだ。
 「少しはよくなりましたか」と聞くと
 「体調のいい日は店に出てるけど、まだ週に二日くらいかな・・・もう店閉めるかもしれん、ハハハ」

 と、いつもの自虐ジョーク。聞き飽きてはいるけれど、ほんとに閉められたら私の模型生活が破綻するので「お店続けてください」と本気でお願いする。

 見ると今話題のPayPayのパンフとQRコードが置いてある。たまたま来ていた見知らぬお客さんと一緒に模型屋さんからPayPayについて教えてもらった。

 シンナーと接着剤を買って店を出て歩きながら(うちから徒歩8分)、良かったなあと安堵の思いが胸にこみ上げてきた。もう模型屋なしでは生きていけない。単に買い物する場所だけではなく、心のオアシスになっているから。立ち寄って遠慮なく話をできるほぼ唯一の場所だから。

 この五か月間、長かった。 

土曜の夜なのに(ハセガワ1/72 su-33フランカー製作記)

36

 実は一昨日くらいから少し気温が下がりだして、今日はすごく涼しかった。

 雨の降る土曜日、こんな日に作らんでいつ作る!? 今こそ一気にフランカーを完成に・・・と思ったけど、そう簡単にはイカせてくれないのが飛行機。意地悪ッ。でもそこが好き、うふん。
 とはいえ、土曜日に模型部屋に籠って一日中模型作って、話した相手はフランカーだけって、人生終わってるでしょうか。三途の川上空三千メートルですか。

 デカールは少ないので、あっというまに貼り終わった。ちょっと物足りない(余裕) 点線で四角く囲まれている部分のがいちばん難しいといえば難しいけど、こんなの72の零戦のフラップに貼るやつに比べれば、簡単簡単。
 ノズル近辺にはスミ入れをしたけど、つや消しクリヤを吹くには天気が悪いので明日にすることにして、それ以外の小物などを作った。

 銀翼会の方からいただいた作業台は、こんなふうに色んな方向に置けて楽です。それでもあちこちぶつけて←おい タッチアップしないといけない。

 そういえば、そろそろキャノピーもマスキングしとかないと。と思ってキャノピーを出してみたら、やっぱりΩ型をしてるので、真ん中にパーティングラインが入っていた。初めてこれを見たときはびっくりしたよ。「そこ、触ってみな」とか言われて赤面したものです。

 しかしもうそんなことでは驚かない。思えば遠くに来たもんだ。

37

 主脚、前輪ともにブレーキパイプっぽいものを這わせる。もちろん黒いランナーを伸ばしたもの。 流し込み系接着剤などで柔らかくしてやりながら曲げていくと案外できるよ。

 あと、オレオというのか、伸び縮みする部分は金属むき出しだよね、ここは先日勧められて購入したタミヤのペイントマーカーにて、ちょいちょいと塗ってみた。
 すごくきれいな金属色で満足(クロムシルバー) たぶんもっと広い面積を塗装するためだろう、筆先が太いけど、それは仕方ない。金属色はモデラーそれぞれコダワリのある部分だろうけど、私はこれで十分だなあと思った。早くこれを使えばよかったよ。

貼ってます(ハセガワ1/72 su-33フランカー製作記)

35

 デカール貼り中。新しいデカールなので、すいすい貼れる。
 あ、吹きこぼれが綺麗になってない部分があるな・・・汗

 主翼の上などに×印がある。いつかKA-50作ったときにもあったっけ。ロシア特有だろうか。
 当然今回も虎のマーキングを選んだ(寅年なので)。アドミラル・クズネツォフ艦載機。

 火曜日、日田駅で汽車を下りて駅前のタクシーに乗り込んで「大分別府は涼しかったですが、日田はどうでしたか」と聞くと「こちらも今日は29度だからまあ涼しいほうですわ」・・・・いやもう大変なところに帰ってきちまったよ!! 灼熱地獄の戦場。

本8

 フランカーの製作記なのにヘリの本ですみません。紹介しそびれていたので。

 左のがイカロス出版の「軍用ヘリコプター事典」で、わりと最近本屋で見つけたんだけど、すごく良かった。
 ヘリコプターの仕組みから軍用ヘリの歴史まで、うまくまとめられています。同じような本を何冊も持ってるけど、これは最新の情報が満載なのと、ブラックホークなどの各型系統図なども資料として掲載されていて、面白い。単なる写真はネット上にあふれているけど、専門のライターが書いた最新の情報に基づいたわかりやすい解説は、やはり書籍ならでは。

 右のはアルゴノート社の「世界の空中機動部隊」、こちらは、雑誌「PANZER」の連載をまとめたもの。ヘリの説明ではなくて、各国のヘリ部隊の状況について解説されてて、私には正直言って難しい部分も多く、実はまだ全部読んでいない(基本的に全部読んだうえで面白いと思った本だけ紹介するようにしてるけど今回は申し訳ない)。ネットでは「攻撃ヘリは終わってる」みたいな書き方もあり、さまざまな断片的な情報はあるけど、どれが正しいのかよくわからない。その点においては私は書籍を頼りにしている。ちなみに、この二冊の本によると攻撃ヘリは終わってません。
 表紙もカッチョいい写真だけど、中身にもジオラマのヒントになるような写真があるよ。
最新コメント
人気ブログランキング
忍者admax
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
  • ライブドアブログ