つれづれプラモ製作記

見た目は女子、中身はオッサンのきららです。飛行機中心にプラモいろいろ作ってます♪

やはり飛行機は難しい(フジミ1/72スカイホーク製作記)

15

 うひゃーキャノピーのマスキングが最近どんどん下手になってきてるな私。マスキング剥がすときがもう、恐怖の瞬間。

16

 タッチアップしたけど、あんまり変わってねーや。もうちょい、きれいにしよう。

17

 裏側に脚や増槽などを接着しているところ。脚カバーもたくさんあるし、現用機は大変だ。でもたくさん接着すると、密度感が出てカッコいい。頑張ろう。ほんの少し、主脚にも黒の伸ばしランナーでブレーキパイプ。

18

 前脚にも、黒い伸ばしランナーを追加(伸ばしランナーだと接着が楽っす)。こういうところは、案外楽しんで工作してる。それにこの脚の雰囲気、精密でいい感じ。多分本物のスカイホークの脚が格好いいんですよ。なんかディテールが複雑でコードがいっぱいついてる。あ、もしかして艦載機だから? 特に前脚、キャラが立ってるって感じで好きやわー(※これらは個人の感想であり、事実とは異なる場合があります

 さてもう少し頑張って、細かいところを接着しておしまいにしよう。とか言ってたら、あーっピトー管折れた←モデラーあるある

 ヤマハSR400はお約束の「やっちまった爆弾」が炸裂、次回お楽しみに!! 

完成(タミヤ1/72IL-2シュトルモビク)

21

 完成。タミヤ1/72イリューシンIL-2シュトルモビク。完全ストレート組みです。

 コクヨの「ひっつき虫」(文具店に売ってる)で迷彩の微妙なボケ足を表現、なかなかいい感じになって大満足(一部失敗もあるけど)  久しぶりに軍用機の三色迷彩塗装したら、汚い色だなぁ~嫌やなぁ~と思ったけど、いざ出来上がってみると、マッチョでこれもまたいいやん。なんか強そう~。

 主翼と胴体の合わせと、主翼前縁の脚庫出っ張り部分は、丁寧にすり合わせてください。私がタミヤと相性が悪いだけかもしれないけどね。たはは。

22

 軍用機史上最多36,000機以上が生産されたシュトルモビク。6トンにもなる機体を飛ばすため、大きな主翼を備えている。エンジンからコクピットまでは防弾鋼板で覆われ、キャノピー前面には防弾ガラス、胴体後部はアルミ不足のため1942年中盤以降すべて木製であった(キット付属の解説より)

 当初後部機銃を持たない機体は大損害を受けたことで、12.7ミリ後部旋回機銃を設置したらしい。これでマッチョ感が増したね。エンジンの名前が、ミクリンっていうのが何かアイドルっぽい(笑
 防弾板のせいか?コクピットがほとんど見えないキャノピーなので、中身はいくらでも手が抜ける。コクピット好きな私だけど、今回はシートベルトすら作ってない。

23

 機銃を先に接着したのがアホだった。やっぱりいつのまにか折れていた(泣 真鍮線でそれらしく作ったつもりだけど、あんまりそれらしくない。

 アンテナ線は張らない流儀(そんな流儀あるかい 
 主翼上に国籍マークがないのが寂しいけど、胴体に派手なスローガンがついてるのがアクセントになる。

25

 細部、いろいろアレな部分が多いけど、こーなってるんだなあ~というところを見てください。

 機首上側がラジエーター空気取り入れ口、下側のがオイルクーラーだと思います。なんだかんだ言って液冷飛行機いっぱい作れたってすごいよなぁ。悔しいなあ。

 いかつい主脚の構造は、機体が重いからかな。あ。ブレーキパイプとか全く考えてなかった。

24

 調子に乗って250kg爆弾とロケット弾を搭載したけど、実際はこんなに搭載できません。
 スミ入れはウェザリングカラーで。空薬莢排出口?の穴のあたりとか汚すべきか? こういうのよくわからないのでやったことがない。全体の色に関しては、常に自分で作っているので、あまり当てにしないでね。ほんと何の参考にもならん製作記やね。

 対地攻撃機ってわりと好き。戦車の敵だから。まぁ爆弾落とすにいいも悪いもないけどね・・・爆撃機の任務よりは好き。

20

 というわけで、片目つぶって見ると、なかなか良いでしょ。大きさとしては、翼の横幅は97艦攻と同じくらいだけど、胴体はちょっとこちらが長い、という感じ。

 しかし軍用機史上最多生産機とは恐れ入りました。ソ連がどんだけドイツに脅威を感じていたかということじゃないだろうか。戦争とは徹底的にやるほうが勝つものなのだろう多分。

 こういう機体はつや消しが似合うのかもしれないけど、私は72は常に半ツヤ。艶消しにする勇気がない。48でバリバリのツヤ消しウェザリング・グラデーションそりゃちょっとやりすぎでしょう的表現、っていうのもやってみたいけど・・・。

 もう少しで放置→廃棄となりそうだったシュトルモビクだけど、完成できて良かったぁ!!(そもそもD-9との空戦ジオラマ作ろうかと無謀なこと考えてた)

完成間近(1/72シュトルモビク1/72スカイホーク)

18

 連休はとりあえず行きましょう、模型部屋へ。まずは作りかけを完成させよう。皆様も作ってますか??

 タミヤ1/72イリューシンIL-2 シュトルモビクはあと少しで完成というところで後部機銃が折れたので、0.5ミリの真鍮線で復元。あと少しのところでこういう事故発生というのは、精神的にきつい。でもそれが模型の宿命かもしれない←お前だけやろ

 アレな出来だけど、遠目にはわからないよ。私もこの写真見て、あー、こうだったのねと初めてわかったもん。
 もうすでに、自分が作っているものが見えていないというギャグ的状況。笑いながら作ろう。

19

 排気の焼けは実機はどうなっているのか。

 あまり見たくなかったんだけど、ネットで少したけ画像を見たら、焼けているように見えたのでラッカー塗料を少し吹いた(焼けた色を自分で作っている) エナメルを吹けば失敗しても拭き取れますよといつも言われるが、ま、失敗も味のうち。あと、他人の作品もネットで少し見たけど、色については私の作った色もそんなに見当違いではなかったと判明。よかったよかった。

13

 フジミのスカイホークも山場を迎えている。え? Wが欠けてるって? 気のせいでしょう。

 機番はなぜかいちばん右の6が薄くなっていたので、ほかの機番から持ってきて貼った。デカールは数時間太陽光に当てた。けどよく考えたら白いところはあんまりなかった。意味ねぇな。でもとにかく、何の問題もなく貼れた(Wが欠けてるのにこう言っても説得力ないなあ)

 それにしても、マークセッターってどうしてあんな大きな瓶に入ってるんだろう。一生なくならないぞ。

14

 横から見ると・・・おー格好いい。あとはクリア吹いて少し汚しをして、脚や小物を付けたら完成。今回は最後の最後に脚をつける作戦。このほうが壊す可能性は低いかも。

 でもロービジだから地味だね。サムライマークだから楽しみにしてたけど、こんなのわけわからん。やっぱ派手な記念塗装をみんな作りたがるわけだよね、当然だよね。わざわざ苦労して、見えにくいロービジを作るって、考えたらちょっとヘンですよ。すでに歪んだ喜びですよ。ほんとにね・・・他人から理解されにくい・・・でもそこがイイかも・・・

優先順位(アオシマ1/12ヤマハSR400製作記)

3

 ヤマハSR400、製作中。実車がシンプルなせいか、プラモもシンプルで作りやすそう。

 スイングアームを組み立てました。ホイールは、メッキなんだけど、つや消しみたいなメッキ。少し質感を変えてある。変化を持たせるためか。私はキラキラしてるほうでいいと思うんだけど。あとメッキがハセガワのより剥がしやすい。ということは、はがれやすい、ということでもある。ウッカリ傷つけないように気をつけよう。

4

 どうもバイクってフレームでエンジンを挟んで取り付けるときが、第一関門らしい。今回も、あちゃちゃ・・・とA7パーツがポロリと取れて焦った。飛行機の胴体合わせてコクピット挟むときと同じで、この手の組み立てに弱い。焦らず確実にパーツを接着すればよいものを・・・妙に焦ってしまう。

 合いはまあ良いほうではないでしょうか。私でもスムーズに作れてるからね←このへんを目安にしてね。コイツがスムーズに作れてるってことは楽なキットだな、とか。

 バイク乗りの人に聞いた話では、SR400は女性に人気があるらしい。その優美なプロポーションのせいかなとも思うけど、もうひとつ・・・振動がけっこうあるらしい。振動ですよ、旦那。ふふふ。いやー、跨ってみたいもんですねぇ。これで女性がなぜ好きなのか、理由がわかりましたね。何? 俺も単気筒なんだけどって? 跨れって? それ皆さんおっしゃいますね。

スマホ脳

 「スマホ脳」(アンデシュ・ハンセン著/新潮選書)

 面白かったよ。題名からして、どうせあの手のことが書いてあるんだろ? と早合点する人もいるかと思う。確かにそれはそうだけど、面白いよ。一読の価値はあると思う。著者はスウェーデンの精神科医。

 私は脳のことについて書いてあるエッセイ的な読み物が大好きだから(脳って知れば知るほど面白い)、この人はそういう部分から書いているので楽しい。私たちの脳は何を欲しがるのか、どういう特徴があるのか・・・そこを知ると、スマホがいかに私たちの気持ちいいところを巧妙に突いてくるのがわかる。タバコみたいなものかな。違法ではないけど、ヤリすぎるとヤバい。

 まぁ私はスマホではあまり多くのことをしていないので、目を疲れさせないために、これからも見る時間は減らそうと思っている。ほかに作りたいプラモ、読みたい本がいっぱいあるから時間が惜しい。人生最後の瞬間まで、自分の脳を目いっぱい走らせていきたい。

 いつの時代も自分が好きなこと、したいことがないまま、漠然とスマホ的なるものを眺めて(それが昔はテレビであったりほかの娯楽であったりした)人生を過ごしてしまう人もいるってことなんだろうね。ああ~もったいないな、それは。

単気筒(アオシマ1/12ヤマハSR400製作記)

1

 さて、早速箱を開けてSR400を作ろう。まずはシリンダーっと・・・・

 あれっ、一個しかない!! 慌てて探すけど、どこにもない!! もしかして、単気筒なの!?←知らんやった SR400を単気筒とは知らずに買った奴、って世界的に言っても私ぐらいのもんだろうな。ははは。すごいね、ある意味。

 メカってシンプルなほうがコストが安く整備が楽、というのは私でも容易に想像できる。たぶんこれもそういうことなんだろう。そのせいか、プラモとしてもパーツが少なく、作るのが楽そうな感じ。
 なんで急にこっち作ってるかというと、最近、飛行機だけ作ってると楽しくなくなっちゃうので。ときどき趣味でバイクのプラモを作ることにしたんだよ。じゃあ飛行機模型はなんなんだっていうと、なんだろうね。ちなみにシュトルモビクはあと機銃を修復してキャノピー接着したら完成、スカイホークはスミ入れしてデカール貼って小物取り付けたら完成なんですけどね。ま、いいじゃねぇの、そんな几帳面に完成させなくても。

2

 あっというまに、組み立てができた。シリンダーについてるやつは、もしかしてキャプレーター? ハセガワのケッチとマッハ3を立て続けに作ったあとでは、こんなの簡単簡単。

 黒いのはエアクリーナーボックス。
 インストには実車については何も書いてないんだけど、私の持ってる本によると「空冷4サイクルOHC2バルブ単気筒エンジン」ということです。OHCというのは、カムシャフトが一個しかないエンジンで、当然部品が少なくシンブルに設計できる、と同じ本に書いてあった。
 独特の音、そして乗ったときの感じ・・・単気筒ならではの個性があるようで、ユーチューブで音聞いたら、懐かしいバイクの音という感じがした。昔こういう音を聴いたことがあるような気がする。SR400の形は、「ヤマハ」というメーカーのイメージと相まって、ギターみたいな感じがする。私にはヤマハは楽器メーカーなんだよね。あぁーでも綺麗な塗装ができるかなあ。不安だ。

古代ローマ帝国軍マニュアル

 「古代ローマ帝国軍非公式マニュアル」(ちくま学芸文庫/フィリップマティザック著)

 題名はトンデモ本っぽいけど、出版社が筑摩書房だから大丈夫だろう、と思って買った本。そしたら大当たり、これからローマ帝国軍に入ってみようと思う人は必見の書。

 ローズマリ・サトクリフという、イギリスの児童文学者の作品でローマ時代のイギリスを舞台にした物語を子供の頃読んで、実は今それらの本を読み返しているところなんだけど(大人が読んでも十分楽しめる内容)、そういうこともあってローマ軍に興味を持っていた。ちなみにローマ軍は年金もちゃんとあります。すごいよねえ、さすが世界最強だ。図版なども豊富、それぞれの軍団の説明、武器の選び方から戦い方、退役後の生活まで。実際にコスプレ?してローマ軍を再現してる人たちの写真があるんだけど、海外にもこういうこと好きな人がいるんだなあ。日本にも火縄銃愛好会みたいのあるじゃないですか。男共って根っからこういうの好きだよね。やはり徴兵制は必要な気がする←そこが結論か?


最新コメント
人気ブログランキング
忍者admax
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
  • ライブドアブログ