つれづれプラモ製作記

自称飛行機モデラー・きららのプラモ製作とプラモの活動記録

ぼろぼろになるまで(つれづれコンペ“老兵の冬”編 2)

oni1

 拙ブログ読者様限定・つれづれコンペ

 ■エントリーno.3 oni(限りなく50に近い40代)

 中島 B5N2九七式艦上攻撃機一二型(3号艦攻)「沖縄航空戦」(ハセガワ1/48)
 製作ジャンル 基本ヨンパチ日の丸一本・・・時々英国失敗マイナー旅客機(・∀・)
 得意技    特にありません
 コメント   今回「老兵の冬」がテーマということにて、昭和20年の九七艦攻を選びました。その頃の生き残りの3号艦攻と言えば、相当なベテラン機なはずなので、それをイメージして作りました。とうに第一線機としては、完全に価値が無くなった「老兵」ですが、練習航空隊や、対潜哨戒の海上護衛部隊としては、安定した性能で結構重宝がられたみたいです。今回作った機体は、その海上護衛部隊「931航空隊」の物にて、本来は魚雷は積みません。それが4月に始まる沖縄戦では最後の総力戦ということもあり、新鋭の天山を始め残存の九七艦攻も引っ張り出されたみたいです。もっとも、この頃になりますと、天山でも昼間の作戦行動は完全に「自殺行為」であり、もっぱら夜間雷撃に従事していたという事です。
さて、今回のモデリングですが、昭和20年、冬の老兵をどう表現したもんか・・・・?と私なりに考えまして、安直に派手なハゲチョロで(汗)表しました。改めて見てみると、何ともわざとらしい、チグハグ感満載なハゲチョロですが、基本エナメル塗るしか能のない私ですので、ここらが限界点でした。もう少し控え目にした方が良いかとは思いましたが、手本にした実機写真のいずれもが相当に塗装が剥離しておりまして、結局こんな感じとなりました。何ともみっともない仕上がりですが、「つれコン最終回」という事もあり、大恥覚悟でエントリーさせていただきます。
 キット自体はハセのお利口さんキットで、羽布表現と主翼のインテグラルタンクの表現がイマイチなものの、特に合わせが悪いところも無く、スラスラと組めます。ほっそりした胴体に、安定が良さそうな大きな主翼がマッチした日本美人にて、ホントはハゲチョロなんか無い、綺麗な機体色が似合いますが、そこは昭和20年・・・・。敗戦前の何もかも限界に来ていた時期なので、こんな哀れな姿となってしまいました。如何にも低性能そうなレーダーアンテナもポイントです。これはプラパーツがキットに入ってますが、すぐ折れそうなので真鍮パイプと真鍮線で作り直しております。あとはリベット打ちと、雷撃機の「キンタマ」である、九一式航空魚雷の「抱締索」を自作いたしました。 私なりの「老兵の冬」如何でしょ?史実では実戦に入ったのは4月なんですが、そこはお許し下さいませ。つれづれコンペ、これまで何度かエントリーさせていただきましたが、楽しい企画ではありました。ありがとうございました。

oni2

 以下青い文字はきららコメント
 九七艦攻といえばハワイ攻撃隊で活躍していた姿が思い浮かぶのですが、こんな老兵になるまで仕事してたんですね。お疲れ様です。

 いつもながら細かいことは何もわかりませんが、oniさんの思いのこもったコメントがすべてを表していると思います。
 ハセガワ愛、日本機愛、ハゲチョロ愛。
 ハゲチョロも、もちろん実機もこういうのがあったとのことで、決して演出過剰ではないと思います。レーダーアンテナともども大戦末期の日本機の風情が力強く、美しく、そして哀しい。いい味を出しています。
 抱締索などの大事なポイントをおさえつつ、作例見本のような作品でしょうか。


oni3

 改めてこうやってみて、九七艦攻も美しいなあと思います。作りたくなります。

 ご本人はハゲチョロやりすぎ・・・と謙遜してるけど塗装はツヤツヤして、しかにも整備員が磨き倒したって感じですよね。ツヤツヤにヨレヨレの剥がれ・・・ちょうどバランスよいんじゃないですか。

frog1

 ■エントリーno.4 ふろが(40代前半)

 作品 雷電 ハセガワ1/72
 得意技 素組みと色塗り。工作は苦手ですが色塗りが好きです。
 普段作ってるジャンル 飛行機
 作品コメント
 きらら様のコンペに参加させて頂くのは初めてになります。つれづれコンペが今回で終わりとのことで、せっかくなので参加させて頂こうと思いたちました。
 作品はハセガワ、1/72の雷電21型になります。退色、ハゲチョロ塗装を頑張ったもので、「老兵の冬」というお題にマッチしてるかと自分では思っています。キットもだいぶ古いものですし。
 プロペラは軸をシンチュウの棒とパイプに置き換えて、簡単に気持ち良く回るように加工しました。プロペラ機はペラが回るとやっぱり嬉しいです。

frog2

 毎度毎度、このコンペやってて、絶妙な順番で作品が送られてくるので、メール開くたびに「おおお!!」と叫んでしまいます。
 今回は「剥がれ対決」ですな。お題が「老兵」ですから、大戦末期の日本機・・・って当然といえば当然かもしれませんが。

 艶消しにする勇気がなくて、艶消しになかなかできないんですが、いつも思うのは艶消しもいいなあということです。
 同じ濃緑色なのに、この二作品のグリーンは全く違う色になっていて、面白いです。
 どちらも捨てがたい魅力がある。みなさんはどう感じますか。


frog3

 なんともいえない寸詰まり的な太い胴体で、飛行機好きな人から見たら決して美しいとは思えないでしょうが、迫力あって私は好きな機体です。
 右側のカウルフラップだけ金属むき出し? そういうのあったんですね、面白いなと思います。

 こちらは、ずいぶん控え目な剥がれ表現です。性格が出るのかもしれません。72というスケールを考慮されたのかも。
 しかし、ほんとに72なの!?って目を疑う、きれいな仕上がりですよね。
 今回のつれづれコンペで初めて作品を見せてもらった方ですが、世の中にはきれいに作る人がまだまだたくさんいるんだなあ・・・飛行機モデルの世界、狭いようで広い。こういう企画をしたおかげで拝見したわけで、良かったなと思います。

 写真撮影も趣味にされているそうで、なるほど、さすがという感じですね。っていうか、ふろがさんに全部の作品の写真を撮ってもらいたいくらいですよ(汗


--------------------------------------------------------------------------------------------------------

 つれづれコンペ最終回、今回2017年12月から2018年2月末までのお題は「老兵の冬」 「老兵」の解釈はお好きなようにどうぞ。
 写真は三枚、年代、いつも作ってるジャンル、得意技、作品のコメントなどを添えて、kilala_1962@yahoo.co.jpまで送ってください。レギュレーションとしては、この期間に完成した作品で、拙ブログの読者様限定です。
 二月はあとわずかですが、ぜひあなたの作品を見せてください。 

フワフワはダメよ(Fw190四機作り比べ)

27

 相変わらずわけのわからん画像だけど、四機同時製作なので許してください。

 黄色い帯や黄色い機首や黄色い方向舵などをどうにか塗装し、下面色を吹いた。
 こうしている間にも、スピナ一個と風防一個が紛失、スピナは作業机下のブラックホールから、風防はフワフワのセーターの袖口に付着した状態で発見された。

 フワフワの毛足の長いセーターとか着て作業したらいかんねー。普段は作業着(裏側フリースの薄汚れた普段着)を着てるんだけど、昨日はつい着替えるのが面倒で・・・。

 ごらんのとおり、下地黒の三機と、下地白(ハセガワの旧版)のものとは、同じ色を吹いているのに全く違う色のように見える。すごいなあ。
 ドイツ機の下面色は「ライトブルー」とか「ライトグレー」とか書かれている。ブルーとグレーじゃぜんぜん違うやん!! どっちなのよ!?
 私の解釈は、零戦の明灰白色にほんの少しブルーが混ざったような色。自分で適当に作った。

 頭がこんがらがるので、ダイソーの小さなホワイトボードを買ってきた。で、それにメモすることにした。わお!! 便利だ。

29

 天山も、脚だけでも接着しようかと思う。

 先日モデラー連中に見せたら、「思ったよりひどくないですね」と言われて意を強くした私、このまま突き進んでいくことにした。機番はデカールにするかフリーハンドにするか。なんとなく手書きでもできそうな気がする。エナメルで少しずつ描くかも。もちろん特攻機である。

小さい画像
 夕刊を読んでいたら、「俳人・金子兜太さん死去」という記事があり、略歴を読むと「太平洋戦争中、トラック島に海軍主計中尉として配属・・・」というくだりがあり、あれっ、どこかで読んだなと思って本棚からこの本を取り出すと、やはりそうだった。金子兜太さんとのインタビュー部分を読み直す。
 いつかもご紹介したけど、本当に興味深い本なのでおすすめ。梯さんのインタビューがとても上手です。出すぎず引っ込みすぎず、うまく相手の話を引き出している。
 トラック島での飢餓に瀕したまさに極限状態。ここをお読みの方は戦史に詳しい人が多いから知ってると思うけど、大戦末期、トラック島に要塞を作るため送り込まれた工員と将校たちは米軍の攻撃目標からははずれ、日本軍からも置き去りにされ、見捨てられる。そんなときに金子さんは島で句会をしていたというんだから、驚かされる。人は、そんな極限状態でどんな句をよむのか。いや逆にせめてそういうことをして心をなぐさめるのか。

 私が金子さんをすごいなあと思うのは、そういう体験をへて、戦後は平和活動をしているということです。口で平和を語るのは誰でもできる、でも行動するのはものすごく大変なことだと思う。「戦争は二度とやってはいけない」とか言う言葉を聞いても私には空虚な気がする。そのために何かしないと意味がない。
 まあそんなこと偉そうに書いてる私も平和活動なんかやってませんが、平和に感謝しながら大戦機を作っている。今夜は西に向かって手を合わせて、ひとりお酒を飲みました。

老兵って何歳ですか(つれづれコンペ“老兵の冬”編 1)

はつたか1

 拙ブログ読者様限定「つれづれコンペ」すっかりご無沙汰となりましたが、ようやく二作品そろいましたので公開します!! 2017年12月~2月のお題は「老兵の冬」、この老兵という言葉は作る人のお好きなように解釈していただきます。

 ■エントリーno.1 はつたかさん(50代)

 「老兵は死なず」
 使用キット・ハセガワ1/72・富士T-1A

 コメント・このキットの発売開始が1971年。さすがにカタログ落ちしてるでしょうが、いまだにコンボキットを店頭で見かけますね。実機も永く飛んでましたが、模型も息の長い飛行機です。今年はT-1生誕60周年です。
 凸線のパネルラインは削り落として彫り直し・・はせずにそのまま塗装しました。実機も艶あり塗装で手入れが行き届いてたので、パネルラインなんか目立ちませんでしたし。塗り分けはキットのデカールを貼りました。ところが硬くて割れたり欠けたりで苦労しました。塗装したほうが良かったかもしれないです。やっぱりスジ彫りしたほうが見栄えはよかったかな・・

はつたか2

 (以下青い文字はきららのコメント)

 老兵だけに、ご無沙汰でしたが(意味不明)、「老兵」の解釈は実機の古さ、キットの古さの両方でとらえているようです。キットは1971年発売、実機は1958年生まれかあ。実機は私より四つ年上のお兄ちゃんなんだね~・・・って四つしか離れてないってどんだけ老兵かよ!!私。
 ネットで調べてみたら、T-1って「初鷹(はつたか)」と呼ばれていたんですね。あ、もしかしてハンドルネームはここから来てるんじゃないの!?(初めて気が付いた←おい!!
 あと、「富士」って名前のメーカーが昔あったのかなあ・・・と思ってたら「富士重工」のことなのね←おい!! 昔は飛行機作ってたんですね。てっきり三菱だけかと思ってました。ハハハ。

 そんな程度の知識ですから、実機T-1のこともよく知らず申し訳ない。
 作品はそつなく綺麗にまとめられてるなあ・・・というくらいしかわかりません。


はつたか3

 昔の飛行機だろうが今の飛行機だろうが、格好いいものは格好いい、それはその時点での技術力を結集させたものだからだと思います。

 オレンジの塗分けはデカール? こういうのは貼るのも難しそう。かといってマスキングでするのも超面倒くさそうだし。そう思って、結局作らずに積んでる人も多いかも。
 そもそも実機を72に縮小したらパネルラインなんかさらに見えないでしょうし、彫りなおしなんかしなくていいと思うんですが、模型的には物足りないのかなあ~と思ってしまうところが悩ましい。

 複座の飛行機ってキャノピーが大きく膨らんでいるので、この部分のボリュームがあるのが好きという人も多いかも。先日スケビの編集長がツイッターでそういうことを書いていて、なるほどなと思いました。


さるおう1

 ■エントリーNo.2 さるおうさん

 ハセガワ1/72Bf-109フィンランド空軍

 コメント:製品としては最近の「フィンランド空軍エーセスコンボ」を使いましたが、Bf-109はもう25年前のキットなんですね。
 古いキットですが、1/72としては丁度良いディテールで、パーツの合いも良く、なによりも翼後縁が薄くて良いキットですね~。
 排気管まわり、ラジエターの縁を薄く削った以外は素組です。
 フィンランド空軍機は初めて作成しましたが、模型映えするカッチョエエ塗装で気に入りました~。

さるおう2

 おおー、来ましたねフィンランド空軍機。

 私は数年前まで「フィン空くらぶ」という名前で静岡ホビーショーに出展していたこともあり、とっても好きなマーキングです。
 この機体はイルマリ・ユーティライネン乗機と言われているもので、まぁ日本で言えば坂井三郎の乗った零戦みたいな感じでしょうか。私も昔48で作りましたです。Bf109G-6です。(実際は本人はあまり乗っていないみたいです)。
 フィンランドは飛行機好きとしてみてみると、国産飛行機をほとんど持たなかったかわりに様々な国から購入・供与・捕獲!!した雑多な機体を整備して乗りこなしたという、架空戦記的な面白さがありまして、ありとあらゆる機体をフィン空マーキングで作る楽しさがあります。一度やりはじめたら、ハマりますよ。


さるおう3

 主翼後端が薄いとうれしくなりますよね。やはり飛行機はシャープでなくっちゃ。少し画面が暗いのが残念。
 でもフィンランドの寒そうな雰囲気でいいかな。冬は凍ってしまう湖から出撃したりする話もあるし。おおー想像しただけで寒そう!!

 デカールがすごくよく馴染んでいるように見えます。今ちょうどFw190作ってて「こりゃ最高!!」とか思ってたけど、やはりBf109もスマートでステキですわ~♪
 スピナーは黒のように見えるけど、ダークグリーンじゃないのかな? キットの指定でしょうか。私の思い込みかもしれませんが。モットリングはエアブラシですか? 加減は難しいでしょう。

 ところで25年前が老兵かどうか、という点においては・・・25年前というとウチの息子が生まれたころだな。ほんの昨日のことなんだけどなあ。でも40くらいの人には25年前はまだ中学生だったなぁとか。年代によってとらえ方が違いますよね。
 これを「新版」なんて言ってるのは老兵モデラーだけかも(汗。

 72はストレートで簡単に作ったり、ときには少し手を入れて精密さに自己満足に浸ったり、いろいろ楽しみがあります。72って場所とらないし安いし、とかそんな部分を強調する人もいるけど、小さいからってバカにすんなよ!! と思います。安物みたいに言われるのが我慢ならない。クオリティは作る人次第だと思うんだよね。たとえばこの作品は、アンテナ線を張っていて、精密感が増してますよね。


----------------------------------------------------------------------------------------------------

 「つれづれコンペ(飛行機コンペ)」今回の「老兵の冬」にておしまいにします、2月末まで作品を募集しているのでぜひ写真撮って送ってください。

 写真は三枚(前から後ろからあとは自由に一枚)、名前、年齢、得意技、普段作ってるジャンル、作品コメントなどを書いて kilala_1962@yahoo.co.jp までどうぞ。ただし、このブログの読者様に限ります。
 「老兵」の解釈はお任せします。

 冬をじっと耐えた老兵は、果たして春まで生き延びられるのか!?・・・・・
 

失くしたら作ればいい(1/72Fw190作り比べ)

24

 なくしそうだなーと思ったパーツをなくす、というのはモデラーあるある・・・だよね? 私だけか。

 このパーツがまさにそれで、ハセガワ新版とエアフィックスに付属のものをどちらも一個ずつ失くした←失くしすぎやろ!!

 エアフィックスはこのパーツのいらない型を選んだので、これはハセガワ新版として使い、あとハセガワ旧版用のはスクラッチ(左側の二個)。ははは。スクラッチといえば聞こえはいいが、下手くそな工作です。
 でもちょっと見にはそれらしく見えるだろう。
 たぶん機銃のためのバルジだと思う。

25

 男は黙って装着。

 いちおうついてりゃいいんだよ、ついてりゃ。ついてるかどうかが大事なところ。しかも自作ってとこがいいの。金出せばなんでも買える世の中だけど、下手な工作で四苦八苦したあげく「痩せても枯れても他人の手は借りねぇ、正真正銘、自作だぞぉ~コラ!!」と胸を張るのがいいんです。

21

 エアフィックスの機首。

22

 ハセガワ旧版の機首。ずいぶんカタチが違う。
 たぶん木型作る人がこういうカタチにしたんだろうな。これはこれで男らしくて私は好き。正確ではないにしてもね。

資料
 フォッケウルフを作ってる私のために、えい出版がこんな本を作ってくれました。ありがとう。

 「フォッケウルフFw190&BMW801」これ見ていたら、めっちゃエンジンを作りたくなってきたよ!! スゲー格好いいエンジンがなんだよ~!!

 機首先端部分って、合いの悪いプラモみたいに少しズレたみたいになってるんですねぇ!! ハセガワ旧版以外はどれもその部分で分割されてるんだけど、その理由がわかった。
 で、その機首の先端に強制冷却ファンがついてるでしょう?

 去年地元の展示会でスカイラインのエンジンを見たとき、同じようなものがついていて「ああーこれなんかに似てるなあ」と思ったんだけど、Fw190に似ていたんだね。で、その先端の少し後方にはオイルクーラーがついているらしい、なんかよくわからんけどドイツ機の設計ってすごいよ~。

ペイントリムーバー

 ペイントリムーバーを初めて入手。

 こんないいものがあったなんて!! 知らんやった!!
 全然臭くないし、きれいにラッカー塗料(写真に写ってるのは黒いサフだけど)がふき取れた。ああー、はやく買えばよかったよ。

加速(1/72Fw190作り比べ)

迷彩練習

 大変申し訳ありません、やはりエアフィックスはこの迷彩で行きます。
 プラバンの上にラッカーで塗装して、その上から熊野筆を使ってエナメル塗料で描いてみたら、なんか気持ちよく行けそうな感じがするので、このまま行かせてもらいます。

 一見難しそうな迷彩(通常の迷彩の上に冬季迷彩?されている)だけど、72だから塗装面積も少ないし、リベット打ったりするような工作に比べたら簡単なものである(たぶん)。

 今日はほかにRLM74とRLM75を作った。

 ・・・・ええ~っ!! と驚愕してくださいよ。色を作るってお前どんだけ偉いんだよ、と思ったでしょうが私はオリーブドラブだって調合するんだよー。フフフ。
 瓶ナマをそのまま飲ませられるなんて、嫌ですね。自分で考えないと。

 ドイツ機のグレーってイメージするのが難しいけど、もしかすると今でいう制空迷彩的なね・・・すごく考え抜かれた現代的な色じゃないかと思うんだよね。迷彩なんだから、見つからないようにするのが第一で、意外とツマンナイ地味なグレーなんじゃないかと思う。でもそれじゃあ模型映えしないのが困る。さらに迷彩色って実際塗装してみるとまた雰囲気違うしね。すごく難しい。でもそれだけに面白い。早速、作ってみた色をプラバン吹いて実験してみて悦に入る。

23
 ちなみに、前回、ベンツとフォッケウルフがエンジンつながりなんて書いたけど、こちらはBMWでした。ダイムラーベンツはメッサーのほうか。恥ずかしいなあ。でも私だとあまり恥ずかしくない。これがオッサンだと恥ずかしいだろうけど、女っていくつになっても失敗してもあまり格好悪くないよね←自分で思ってるだけ

 今回は黒いサフを吹いてみることにした。
 上がハセガワの新しいキットの増槽で、下が古いやつ。

 こんなに大きさとカタチが違う!! いいのか!? 大きいほうが迫力ある気もするけど。
 それとも、もしかしてこういう大きい増槽があったりして。たはは。

全員集合

 えーと、とりあえず全員集合。

 ハセガワの古いヤツだけは白いサフを吹いてみることにした。白いサフにすると塗装したとき感じ違うのだろうか。

 えー左上がハセガワの新しいやつ。A-8。1944年フランス。ピトー管が最初からくっついていて折りそうで怖いんだけどそこがハセガワの試練だと思ってそのまま作っている。
 その右隣がエアフィックス。F-8。F-8は戦闘爆撃機型。1945年ハンガリー。筋彫りがハッキリしてるのがすでに明確。
 下左がタミヤ、A-3、1942年フランス。
 で白いのがハセガワの古いヤツ、なんちゃってA-8。1944年フランス。逞しい機首のカタチが熟女好み。

 今気が付いたんだけど、タミヤだけは1942年だから、本当はグレーの色もちょっと違うのかもしれない。違いが判明したら少し色を変えてみようかな。

 A-8には主翼上にバルジを接着するようになってるんだけど、お約束で一個なくしたので作らないといけない。ハセガワの旧版にはもちろんそういうパーツはないので、自作を余儀なくされる。ちなみらにこの旧版はA-5かA-7を選べるようになっている。70年代、恐らく資料とかあまりない時代のキットだろうから、今からみると違っていて当たり前、そこを楽しむために作ってるからあんまり「修正」はしないつもり、という言い訳。

 しかし、どんどん前に進んで加速してるよ、これだからプラモは楽しい。やめられない。
最新コメント
人気ブログランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ