つれづれプラモ製作記

見た目は女子、中身はオッサンのきららです。飛行機中心にプラモいろいろ作ってます♪

作ったもん勝ち(つれづれコンペ“小国の冬”その4)

ヒロ1

 ■エントリーno.7 ヒロさん

 キット イタレリ1/72 JAS-39グリペン “チェコ空軍”

 コメント グリペンってなんぞや?って思ってたんですが、調べたら英語でのグリフォンらしいですね。グリフォンなんてスピットファイアのエンジンくらいしか知らなかったんですが、更に調べたら、麒麟的な想像上の生き物みたいです。
 さすがにイタレリクオリティ、パネルラインは運河のごとく極太...しかも要所要所で省略されてるし...なので主翼上面のみ実機の図面見ながら彫ってみました。その後、パネルラインにブラックで濃い目にスミ入れをして上から調色したグレーを薄く吹き重ねていきました。(塗装は全て水性アクリルです)
 武装は山盛り入ってましたが、AIM-9L(サイドワインダー空対空ミサイル)とAGM-65D(マヴェリック対地ミサイル)のみを使ってます。機体はタイガーアソシエーションっていうNATOの非公式組織が主催してるタイガーミートっていう年に一度のお祭りに参加した特別塗装機です。他の部分はロービジ仕様で地味なのに尾翼だけ派手派手です(笑) キャノピーは閉状態しか出来ないようになってましたが、開状態で再現してみました。珍しい横開きなようです。
 説明書の色指定が海外塗料の番号だった上にチェコ空軍の色がなかなか分からなかったので実機写真を見ながらの調色が大変でした。ついこないだまで空自のF-15Jを作ってたので機体の小ささがすごくよく分かって面白かったです。運用方法としては旧軍の雷電みたいな感じなんですかね?逆にこのイタレリのキットを作っててハセガワの繊細なモールドの良さを再確認した次第です(笑) 余計にハセガワ製を作りたくなってしまいました...

ヒロ2

 以下青い文字はきららコメント
 また来ましたねーチェコ空軍。しかも格好いいマーキングがあるんですよね、私もいつかタイガーミートのハインド作ったけど、これも虎マーキングが格好いいですねぇ。先日の経国号と並べてみたい感じ。

 正直キットは分厚くてもったりした感じだけど、グリペン自体が珍しいのでやはり作ったもん勝ちですよ。


ヒロ3

 キャノピーの開き方、F-104と同じですね。昔っぽいです。そしてカナード付きって好きなんですよね。なんか余計なもんが付いてるってのが好き。

 計器盤はすごくシンプルだと思います。国の考え方ですよね。迎撃機? あちらはロシアと近いですし緊張感が違うんでしょうね。しかしグリペンをチェコが使ってるとは知りませんでした。日本も米国製だけじゃなくてほかの国のも買えばいいのになあ。
 
 海外のインストは、色がよくわかんないのが困りますよね。
shino1

 ■エントリーno.8 shinoさん

 使用キット 四式戦闘機 疾風 ハセガワ 1:72

 タイトル  『出藍の誉エンジン』

 コメント  維新後の我が日本は列強に早く追いつけと富国強兵の名のもとに、小国からの脱却が使命でありました。技術を盗み昇華する。日本は「ある文化」というよりは「なる文化」であると、司馬遼太郎さんが言っておりました。そして、数十年後アメリカさんも舌を巻くほどの戦闘機を作り上げたのです。戦い方は、鍋窯を供出してまで…といった小国そのものでしたが。
 小国だった日本がこれ程まで進歩を遂げたのは、戦闘機開発に携わったエンジニア達もその一翼を担ったとも言えるでしょう。

 さて、疾風。告白しますが、恥ずかしながら72は初めて作りました。繊細なスジ彫りは魅力的ですが、塗膜が厚いと埋まってしまいそうだなぁ。と思いきや、拡大鏡でよく見てみると、それは凸モールドでした。正直俺に作れるのだろうか?ピトー管も、アンテナ柱も一体成型だし、なんか小さいことがこれほど大きなハードルなのかと、開けた箱を閉じるには十分でした。が、…どこまで抗うことができるのだろうかと、俄然燃えてきたのです。進むうちに、72を普通に作っていて、48の何と大きいことか、テールギアなど拡大鏡なしでは摘まめないほどのローガンではありましたが、これが普通とも思えてきて、そうなればやれウェザリングだ、剥がれだ、張線だと72で可能な限りの事をやってやろうと、無謀にも機銃の開口などやり遂げた自分を、やれば出来ると頭撫で撫でしたのです。それもつかの間、ようやく形になってきたので、酒の肴に疾風で飲んでいるうちに眠ってしまい、目を覚ましたら、ああああ~っ!疾風は我が腕の下敷きに… これまでの苦労が水泡と化すのか。ぐるぐると脳内を駆け巡る後悔とアルコール。しかし模型の神様が手を差し伸べて下さっていました。アンテナ柱が折れただけでした。先輩方は真鍮パイプなどで作ったりするのでしょうが、ランナーを削り出して作りました。日の丸その他のマーキングはすべてデカール。退色の表現は、スモークやクリヤーブラウンなどで行っています。キャノピーは珍しく一発で仕上がりました。張線はややオーバースケールだったかとも思いますが、やれやれ、楽しい製作でした。

shino2

 以下青い文字はきららコメント
 銀色の疾風、一瞬鍾馗かと思いましたよ。でも銀色もいいですね。やはり高性能機らしい力強い姿。

 1982年発売のキットなのに未だ凸モールド・・・しかしそんなことは些末なことです。カウリングの金属感なんかいいですね。塗装かと思ったらすべてデカールだとのこと。きれいに決まってます。とても72初めてとは思えない、いつも72作ってる人みたいです。結局基本は同じってことでしょうか。


shino3

 キャラものやってる人に、スモークでグラデーションつけることを教わったんですが、なるほど使ってる人けっこういるんですね。微妙な色になりそうです。スミ入れは汚くなりやすいので困ってました。今度やってみよう。

 機銃口開口はやはりやっておくと違います。アンテナ線も頑張ってられます、細かいところも作ってられているのと写真も腕を上げられて、まるで48のようです。これはちょっと疾風作りたくなる作品ですね。


エンジンの組み立て(ハセガワ1/12マッハ3製作記)

3

 シリンダーはパーツ三個を接着してからクランクケースに接着。接着する前に塗装すりゃよかったのに忘れてた(汗
 このクランクケースの銀色は、クレオスの8番銀色にオリーブドラブを混ぜた色(インストの指定
 面白い色になるんだね!! 少し腐食した色? 緑色がかった銀色というか。こういう銀色って見たことがある気がする。シリンダーの銀色は少しグレーや黒など混ぜたけど、まだキラキラしすぎ。本当はもっとマットな銀色なのだ。ネットで画像見るとわかる。もう一度吹きなおそうかな。

2

 裏側のディテール。細かくてきれいです。

 そういえば、クランクケースって零戦(栄)にもあった気がする←おい!! ピストン運動を回転運動に変えるための装置が入ってるんだよね。すごく大事なところ。結局レシプロエンジンって基本的には同じだからバイクのエンジンで勉強すれば無敵なのだ。ほんと、飛行機作る前に空冷のバイク作ってたら良かったと思うよ(エンジンのしくみについてだけ言えば)。

4

 キャブレターのパーツ。小さいけど細かくきれいに再現されている。ふたつのパーツを合わせて接着。そこにグレー(白っぽく見える)のコードを瞬間接着剤で接着していく。ひとつだけちょっと違う形のがあるので要注意・・・

 バイク作る人は最初にパーツを切り離して整形して・・・というやり方が多いようだけど、私はアホみたいにインスト通りに作ってる。え? ハセガワのロゴもっときれいに塗ってやれよって? すみません。

 今ではフューエルインジェクションという装置で空気と燃料を混ぜているので、キャブレター自体が懐かしさを感じる部分なのかも。

 先々週だったか、自転車がパンクしてあわてて近所の上原モータースに持って行ったんだけど(自転車屋兼バイク屋)、小さな雑然とした店の中の椅子に座っておじさんがパンクを直しているのを待つ間、目の前に鎮座していたハーレーダビッドソン(お客さんのだろう)のマフラーやシリンダーなどを見物させてもらった。マフラーはまるでハセガワのメッキパーツみたいにピカピカ(もちろん実車のもメッキというのかな)で本物はやっぱりドキドキするくらい格好いい。そこにちょうどカワサキのバイクに乗ったおじさんがやってきて、自転車屋のおじさんとノンビリ話しながらパンク修理を眺めていた。
 田舎の昼下がり、実にいい感じだった。今年はあまり寒くなく、私はおばさんの出してくれたコーヒーをすすりながら、もう少しここにいたい気分だった。本当は目の前のバイクについて聞いてみたいこともあったけど、さすがに口に出す勇気はなかった。

早速つっこむ(ハセガワ1/12カワサキ マッハIII製作記)

箱絵

 またもやバイク作ります。先日作ったケッチのご先祖、マッハ3。2スト並列3気筒は当時の量産車初だったそうです。

 クラシカルな雰囲気がいいなー。先日のケッチもよかったけど、こちらは更にシブい。
 実は先日ケッチ作ってたとき動画見てたら、同じようなスズキGT380つてバイクがあることを知り、これもいいなあ・・・と思ってたらハセガワから出てるやん!! おおー。どうする私。

パーツ

 パーツ。もちろんメッキは剥がしたりしないよ。
 作り始めてすぐに気がつたんだけど、写真一番下側Aランナーはなんで黒い成型色じゃないんだろ。だって結局黒く塗るわけだからね(成型色はグレー)・・・黒いランナーなら塗装しなくても組めるという人もいると思うんだけど。まぁグレーのほうが老眼には見やすいし、黒といってもツヤありツヤなし、微妙な黒を使ったりもするから結局は自分で塗装するけどね。

インスト2

 インストちらっと見て驚いた。ケッチよりずいぶん進化してるやん。インストそのものはこちらのほうがわかりやすいし見やすいと思う。まだ作ってないから実際に作りやすいかどうかは言えませんが。

 たくさんあるコード類の長さの一覧表もあるし、どこがどこに繋がってるかのイラストもある。

1

 で、いきなりこのパーツ・・・・もちろんこの程度の小ささは、驚くようなことでもないが、このパーツの小さな突起物に片側7本、向こう2本のコードを接着する、恐ろしいタコ足配線ですよ。いやそれは実車がそうなってるから仕方ないんだろうけど、ちゃんと接着できるんやろか私・・・不安が募る。というか写真撮ったあと、早速このパーツ飛んでいって必死に探しましたが(発見できた、ほっ)。

 しかし相変わらずハセガワのプラモ製作は何かとツッコミどころ満載で楽しいなあ。ここをご覧の方々はあまりバイクには興味ないと思うけど笑って見てやってください。

 マッハ3「突っ込むより突っ込まれるほうが好きなんだろ、へへへ」

 まぁそうなんですけどね。って正直に書くのもなあ。
 

小国?(つれづれコンペ“小国の冬”3)

hiki1

 ■エントリーno.5 hikinonさん

 タイトル「きららさん好みの機名」
 キット AFVクラブ 1/48 台湾防空戦闘機F-CK-1C 「経国号」

 コメント 大好きなF-16似ている台湾の防空戦闘機 経国号なんと(CHING-KUO!!)であります。
 F-5の後継機にF-16を希望したものの中国との関係を気にした米国が輸出の許可を出さず、
代わりにゼネラルダイナミクス社の協力を得て自国生産した機体です。
 F-16とFA-18を足して小型化したようなシルエットにイスラエル機のようなマーキングの尾翼が
なんともカッコ良くて買い求めておいたキットです。
 AFVクラブは装甲車も作ったことがありますが、モールドやパーツとてもシャープで
翼のフチなんぞ向こう側が透けて見えるほどです。
 3色の迷彩は手持ちの塗料で間に合わせたので、もうちょっとコントラストを付ければと
反省しております。例によって使いまわしの台に整備員をでっちあげてみました。

hiki2

 以下青い文字はきららコメント

 何が出てくるかお楽しみの「小国編」ですが、なるほど台湾!! 私は全く知らない飛行機です。なんかF-16のパチモンみたいだけど、エンジン二基あるし~不思議~・・・でもよく見るとこれがなかなか格好いいじゃありませんか。F-16の従妹ってことかしら、じゃあF-2とも親戚? chingってチンて読むの? よくわかりませんが・・・読み方はともかくインスト見ると「説明」とか漢語だから同じなんですよね。やっぱ日本語ってチャイナから来たんだなあと改めて思う。デカールを水貼ってのもなるほど、そのものやん!! デカールより意味わかる。

 ご本人が書かれてるように三色の迷彩の色がちょっとわかりにくいかも。でも現用機ってそもそもわかりにくい色かもです。モールドは繊細でなかなかいい雰囲気ですね。確かに尾翼のマーク格好いいな。


hiki3

 なんか機首のライン、好きですね。

 こうしてみると、パイロットだけじゃなく合図を出してる整備員を作ることで、そこに空間が生まれてますよね。これってジオラマのマジックだと思います。パイロットが乗ってるだけだと「説明図」に過ぎなかったのが、一人増えると視線が生まれ、そこに空間ができあがる。たったそれだけなのに、急に空間が生き生きとしてくるんだから・・・面白いです。




KHX1

 ■エントリーno.6 KHXさん

 タイトル: 最後の複葉機(チェコスロバキア編)
 使用キット: KP 1/72 AVIA B.534

 コメント: またもやKPの古いキットです。 自国(チェコスロバキア)開発のB.534のキットは
気合が入っているかと思いきや、KPとしても初期のキットらしくなかなかの難物。
  コクピットはシートのみで空っぽ(存在しない計器盤パーツの塗装指示がある)、
パーツの合いは良くない、下翼の上反角が決め辛い(2°と指定があるが...)等々問題点が沢山。
  また複葉機につき物の張り線はやらない主義なので悪しからず。
 実機のB.534はチェコスロバキア以外にもヨーロッパの数ヶ国(ドイツでも!)で使用されて
ますので良い物だったのかもしれません。←知った風なことを書いたがこのキットを見るまで
存在を知らなかった。
ところでチェコ(チェコスロバキア)って面積、人口的には小国ですが、当時(1930年代)でも
自力で戦闘機を開発出来る国はそう多くはないです。 エンジンもイスパノスイザのライセンス品
ながら自国で作っているとなると工業国であることは確かですね。

KHX2

 さてジェットの次は複葉機と、全く違う世界です。

 チェコは38(t)の国ですもんね、けっこう工業国だったのでしょうね。確かに飛行機を自国で生産できるって今でもすごいことですよ。そういうのって私も模型作るようになって初めて知ったことです。日本だって大戦中飛行機作ってたんだって、もっと威張っていい。

 鮮やかなグリーンの機体が綺麗ですが、やはり作るのは大変なんですね・・・存在しない計器盤の塗装指示があるって、心霊写真ならぬ心霊インストか!? ある意味怖い・・・


KHX3

 やっぱり小国空軍って変わった飛行機がどんどん出てきて面白いですね~もちろん歴史なんかもちょっと調べてみれば更に楽しいこと間違いなしですし。

 複葉機といってもファストバックのキャノピーもあるし、調べてみるとこれは大戦間の飛行機なんですね。飛行機が本当に好きな人ってこういうの好きだよね。展示会に行くとよく会う気がする。ロマンを感じるのかなあ。

 複葉機の張線しない主義っていいですね。そう割り切ってしまえばあとは完成させるのみ。


------------------------------------------------------------
 ■つれづれコンペのお誘い

 拙ブログの読者様限定コンペ、一年を四つの季節に分けて飛行機モデルのコンペを開催しています。お題は自由に解釈してください。随時ブログに掲載していきます。
 冬 12~2月 小国の冬
 春 3~5月  民間機の春

 旧作ではなく、それぞれの期間に完成したものでお願いします。写真は三枚、わかりやすいものをお願いします。タイトルとキット名、コメント(面白いものを期待してます)を添えて、kilala_1962@yahoo.co.jp までお願いします。気軽にどうぞ。季節の終わりに私が勝手に一等賞決めさせてもらいます。

完成(1/72ドリームモデルAH-1Zバイパー)

31

 できましたよー。写真撮るとたいてい何かしらアラが見えてくるけど、もう直さないからね。いいっちゃこれで。

 このキットはローターブレードを折りたたんだ状態にできるのが「ウリ」。だからこうしないと元が取れない気がしたけど、このブレード固定具をどこにつければいいかわかりにくい。でもたぶん実機も適当につけてるだけなんじゃないか。だって駐機するときにちょっと固定するだけでしょ。

 機首の部分は取れないようなモールドがあったのでそこに挟んでわりとちゃんと固定できる。胴体のほうがつるつるするので、接着した。
 ヘルファイヤは二個発射した状態(なくなった、とも言います) 逆にリアルでいいでしょ。というか、こういうふうに空母上などで固定してるときは武装してると変かも。

 機首の丸いセンサーにはフィニッシュを貼ってみた。偏光フィニッシュといって、下地によって色が変わるやつ。限定発売だったから今は売ってないんですよ。でもこういうヘリとかには雰囲気抜群でしょ。再販お願いしたら出してくれると思うよ。

32

 この折り畳み、やりたかったんですよね。自分でやりゃいいけど、この固定具を自分で作るのは難しいもん。戦闘ヘリは昆虫系に見えるから、余計羽根を折りたたんだところが似合うね。あ、もしかして固定翼好きで回転翼嫌いな人は虫が嫌いなのかな。戦車の好きな人は甲殻類とか好きそう。じゃあ固定翼好きは・・・熱帯魚かな。あーいやだねえ。メダカや金魚まではいいんだけど、熱帯魚になると異常な愛情を注いでそうで恐い(汗

 話がそれましたが、牽引具も赤い部分はエッチングだったりしてけっこう組み立てが面倒くさい。スキッド先端にはエッチングではなく自分で作ったヒートンを埋め込んだ。そのほうがやりやすかったので。ローターブレードの折れ曲がっている部分の接続は芋付け。私もたまには補強するけど、なかなかすべて固定まではいかない。でも固定してないと展示会等に持って行くとき必ず取れるんだよね。トホホ。

25

 色がちょっと明るい水色になってしまったけど、72なので明るいくらいでいいかな。

 実機はものすごくカッコいい汚れで、ウェザリングの腕が思う存分発揮できる機体だけど、私はやっぱりそこまでできなかった。小さな機体に根気よく汚しを描き込むのは大変だと思う。
 また、ツヤは完全つや消しにするのが本当かもしれないけど、完全つや消しだとこの小さなスケールでは面白くない気がして、半ツヤにしたあと汚して、半ツヤとツヤ消しの中間くらいを狙ったつもり。オモチャっぽいと感じられるかな? まあそうかも。オモチャでいいさ。

 サイドワインダーのフィンが厚すぎてお恥ずかしい。

20

 ドリームモデルはチャイナのメーカー。モールドはクッキリ、スケール度外視。だからオモチャっぽいけど、オモチャと割り切れば格好よく見える気もする。空母甲板っぽい土台作るといいな←はよ作れや

 あーこうしてみるとヘリは格好いいね~キットさえ入手できればもっともっと作りたい。とりあえずは持ってるやつを、コンスタントに作ろう。
最新コメント
人気ブログランキング
忍者admax
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
  • ライブドアブログ